結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2021年11月13日(土曜日)

藤井聡太将棋新四冠の「集中して考えられること」

藤井聡太・19歳。
hujiisouta1 - コピー
第34期竜王戦第4局。
豊島将之竜王(31歳)を、
4連勝で破って、
竜王位を獲得した。

これで将棋四冠。

昨年度に獲得した棋聖、王位は、
防衛を果たして2期連続の王者。

それに叡王と竜王を、
棋界最高峰の豊島から奪取して、
4つのタイトルを手中にした。

豊島は無冠となった。

竜王位は名人位と並んで、
最も価値と名誉のあるタイトルだ。

残るは渡辺明(37歳)がもつ名人と棋王、王将。
51zQ5-wM0uL._SX353_BO1,204,203,200_
そして永瀬拓也(29歳)の王座。

山口県宇部市、
ANAクラウンプラザホテル宇部。
読売新聞主催。

竜王戦は二日制で持ち時間それぞれ8時間。

最終第4局は両者得意の角換わり戦。

先手の豊島竜王は、
AIで研究済みの手順を繰り出し、
初日午前中にずんずん手が進んだ。
IMG_8541 (002) - コピー

その後、豊島が仕掛けた局面で、
1日目が終わって藤井が封じ手。
ryuuousenn huujite

2日目の対局再開後、
豊島が懸命に攻めをつなぎ、
藤井が頑強に受ける展開。

AIの形勢評価は、
豊島に行ったり、藤井に来たり、
形勢は揺れ動いて、
難解な局面が続いた。

そんな中で優勢を保持していた豊島が、
趣向を凝らした「先手3五桂」を放った。
しかし結局、これが敗着となって、
藤井が見事に勝ち切った。

最後は豊島の3五桂が、
皮肉なことに自分の王将の逃げ場を塞いで、
敗着を印象づけた。

プロ将棋界は序列の社会である。

その序列において、
藤井は四冠となって、
渡辺明三冠を抜いて、
トップとなった。

記者会見の藤井聡太。
「王を獲得することができて、
重みを感じます」

序列に関しては、
「身の引き締まる思いです」

謙虚そのものだ。

自分の将棋については、
「危機感を持ってやっています」

将棋とは何かとの質問に、
「どれだけ考えても分からないもの。
新しい発見を与えてくれるもの」

コロナ禍のこの2年。
タイトル戦には6回出場して、
五番勝負と七番勝負をすべて勝利。
合計21勝4敗で、勝率8割4分。

さらに王将戦挑戦者決定リーグでも、
現在は4勝無敗。
挑戦権はほぼ藤井のものだ。

その王将は現在、渡辺明。

藤井は14歳のデビューのころから、
長考派でだった。

考えることが楽しくて、
時間を忘れるといった風だった。

十七世名人谷川浩司(59歳)によると、
藤井の棋士としての最大の強みは、
「長い時間集中して考えられること」
518rjX1uefS._SY291_BO1,204,203,200_QL40_ML2_
しかし藤井はそのために、
持ち時間を使い切って、
秒読みに追われた。

それでも妙手を見つけ出し、
正確な読みで勝つ切っているが、
指し手を間違える場面が、
ないわけではない。

「時間の使い方は課題」と、
本人も自覚していたが、
今年に入ってなんと、
公式戦にデジタル時計を持参して、
脇に置くようになった。

こまめに時間を確認し、
極端な長考が減った。

勝負に徹する意志が、
さらに強くなったようだ。

今年1月末、藤井聡太は、
名古屋大学教育学部付属高校を、
卒業1カ月前に自主的に退学した。

並々ならぬ決意である。
藤井聡太 - コピー
四冠達成者の一人・羽生善治九段(51歳)は、
「今回の竜王戦は、
序盤の深い分析、
中盤の細かい駆け引き、
終盤の鋭い切れ味と、
実に高度な内容の対局が続き、
ふさわしい内容のシリーズでした」
51rHxtyptGL._SY291_BO1,204,203,200_QL40_ML2_
私もアベマTVで見ていて、
コロナ禍中の藤井聡太の、
異様なまでの充実を感じた。

天才ぞろいのプロ棋士たちが、
自分の得意分野の若い後輩を、
例外なく「凄い、すごい」と評する。
そして藤井と対戦したいと懇願する。

こんな天才と同じ時代に生きる。
幸せなことだと思う。

一方、日経新聞の「私の履歴書」
今月は中嶋悟さん(68歳)。
元F1レーサー。
中嶋悟
そのF1初挑戦の1987年。
中嶋、34歳。

開幕戦はブラジル・リオデジャネイロ。
ロータス99Tのニューマシンに乗って、
見事、7位でフィニッシュ。

優勝はマクラーレンのアラン・プロストだった。

中嶋のコメント。
「正直、順位はどうでもよかった。
ロンドンからいきなり南半球に来て、
体が順応できていなかった面があった」

「一番の収穫は、
リオの高温にへべれけになりながら、
完走できたことだった」

「それまでもフィットネスは
必要に応じて鍛えていたけれど、
必要と考えたものが
想像の範囲を出ていなかったことを
早速思い知らされた」

「実際に痛い目に遭って、
あれも足りない、これも足りないと
気づかされた」

「”10″のことをやれと言われたら、
“12”をやらないと、
ここでは戦えない」
〈日経電子版より〉
nakajima

まず、集中して考えられること。

そして10では足りないことを、
12までやれること。

天才たちがそれをやりきる。

藤井聡太の集中力は、
まったく不思議なものだが、
仕事に必要なことも、
集中力である。

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.