結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2021年11月18日(木曜日)

11・18オープンのロピア京都ヨドバシ店「失敗を恐れぬ挑戦」

朝6時、京都駅烏丸口側の大通り。IMG_86221
ヨドバシカメラ・マルチメディア京都。

元近鉄百貨店。

その巨大な店舗を、
ヨドバシカメラが買い取って、
マルティメディアの館とした。

全体でみればディスカウントストアである。

警備室で入館手続きをして、
3カ所でICカードのチェックを入れる。

そのうえで地下2階のテナント従業員入口から店内へ。IMG_86241

生鮮3部門と惣菜、日配を除いて、
グロサリーはほぼ出来上がっている。

6時10分くらいから、
ロピアの伝統となった朝食タイム。

前夜から準備をした賄が、
全員にふるまわれる。IMG_86271
レンコンのサラダ、
ナスのチーズ焼き、
牛肉すき焼、
メインはビーフカレーライス。
それにスープと野菜ジュース、濃い茶。
デザートはティラミス。

125食分が用意されて、
私も福島道夫さんと一緒に、
これをいただく。
㈱関西ロピア社長。
㈱ロピア前社長。
??????????

淡々と準備作業は続く。

ピーター・ドラッカー。
「良い工場は静かだ」

そして8時から全体朝礼。IMG_87171

130名近くの従業員が、
そろってロピアの理念を唱和し、
七大接客用語をおさらいする。IMG_87061

関西ロピア営業本部長が仕切る。
佐藤博和執行役員。IMG_87161

そのあとチーフが一人ひとり、
決意表明。

最後の注意事項を告げて、
朝の朝礼は終わる。

エイエイ、オー!! はない。

福島社長は一言も語らず、
頼もしそうにみんなを見ている。

チーフたちが社内報用の写真を撮っていた。IMG_87271

青果から惣菜部門、
そして鮮魚部門まで、
この店はワンウェイコントロールを採用した。

それが特徴のひとつ。

青果は氷を敷き詰めた売場をつくった。
テキサス州のHEBセントラルマーケット。
そのアイス・オブ・ウォール(氷の壁)を目指した。IMG_86701

青果「八百物屋あづま」には、
さらに大きな仕掛けをした。
失敗覚悟の大チャレンジだ。

それから惣菜は絞り込んで、
売りたい商品を強調した。
弁当など3SKUしかない。

これも大変革だ。

それから鮮魚「日本橋魚萬」は、
これまた百貨店を凌駕する商品と売り方だ。

その鮮魚部門のコンコースで写真。
佐藤さんと柴田昇さん。
柴田さんは㈱ロピア執行役員。IMG_87011
ワンウェイを抜けると、
パッと視界が開けて、
「肉のロピア」の売場。

ここでも売り方に大変化が見られる。
怖いと思うくらいの挑戦だ。

精肉はいまやPCから供給される。IMG_86521

だから淡々と準備は進む。IMG_86491

この店のグロサリーは、
また一段と進化した。
その一つが酒売場の改革だ。

ここで内田貴之さんと酒売場の担当者と。
内田さんは取締役管理本部長。IMG_86571
クラフトビールを集めまくった。
ワインもオーパスワンをはじめとして、
高級ブランドをそろえた。

シャンパンもウィスキーも、
簡単に言えば百貨店を超える品揃えだ。

それ以外にも驚くような売場が登場。
ロピアのマーチャンダイジングが、
なぜここまで急速に進化したか。

それを考えながら売場を歩いた。
そして結論が浮かび上がった。

それは月刊商人舎12月号。
「ロピア京都の陣」で披露する。

朝10時オープン予定を、
9時40分に繰り上げて開店。
ヨドバシ1階の入り口あたりで、
多くの顧客に順番に並んでもらった。
IMG_87511

そしてオープン。
入場制限を厳しくしたので、
ゆったりと買い物できる。
IMG_87971
最初の顧客はチラシ商品だけ、
さっと買って引き揚げた。

そのあとに、
店を見よう、買おうという顧客が、
大阪や奈良からも押し寄せた。??????????

超広域商圏の店舗だ。
IMG_88431

午前中は入場制限をして、
店内ではゆっくり買い回ってもらった。
??????????

それでも青果、惣菜、鮮魚部門は、
予想通り混雑した。IMG_88111

私は午前中、ロピアにいて、
売場と顧客を観察し続けた。

そして午後は京都市内の店を巡回。
その模様は明日のブログで紹介しよう。

この店舗視察も、
結構、面白かった。

午後2時半ごろロピアにもどって、
㈱ロピア社長の高木勇輔さんと、
1時間くらい懇談。

近況や将来の考え方を聞いて、
いろいろと意見も言った。

そして夕方5時ごろまで、
また、観察を続けた。

酒売場では試飲が続けられていた。 IMG_89101
コロナが去りかけているから、
こういったことも可能となった。

これまでのロピアと大きく違ってきた。
ある意味で大きな賭けのようにも見える。

なぜ、ロピアは、
こんな大胆な挑戦を続けるのか。

高木さんと福島さん、幹部たち、
そしてロピアで働く全員の胸のうちに、
その炎が燃えている。
IMG_E89141
福島さんの口癖。
「怖いものはなにもない。
失敗を恐れないで、
やらなきゃ」

ロープライス・ユートピアは、
さまざまな可能性を秘めているのだ。

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.