結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2021年11月26日(金曜日)

10月チェーンストア統計に見る寡占化と坪効率の低下

商人舎流通スーパーニュースに、
2021年10月チェーンストア統計|
販売額1兆884億円・食料品好調で既存店3.7%増

日本チェーンストア協会会長は現在、
小川信行㈱東急ストア取締役相談役だ。
東急ストア小川

副会長の顔ぶれがすごい。

イオン㈱/岡田元也会長
㈱イズミ/山西泰明社長
㈱イトーヨーカ堂/三枝富博社長
サミット㈱/竹野浩樹会長
㈱ゼンショーホールディングス/小川賢太郎会長兼社長
㈱ニトリホールディングス/似鳥昭雄会長
㈱フジ/尾﨑英雄社長
㈱平和堂/夏原平和会長
㈱ヤオコー/川野幸夫会長
㈱ヨークベニマル/大髙善興会長
㈱ライフコーポレーション/清水信次会長
(企業名のあいうえお順)

チェーンストア川柳募集中。
第10回となる。
日本チェーンストア協会川柳2022
会員企業数は56社ながら、
店舗数は1万1859店。

チェーンストアは寡占されていく。
だから協会加盟企業は減っていく。

これ、ものの道理。

その10月度の「チェーンストア販売統計」

総売場面積は2769万3851㎡で、
前年同月比106.7%。

10月の総販売額は1兆884億円。
前年同月比103.8%、
既存店(店舗調整後)も103.7%の増収。

売場1㎡当たりの売上高は 、
月間3万9302円で、
こちらは同97.3%。

1㎡を1坪に換算し、
さらに12倍して年間に換算すると、
坪効率155万6359円。

チェーンストア統計には、
さまざまな業態が加わっているし、
衣料品が落ち込んでいるから、
ずいぶん低い。

㈱ファーストリテイリングや、
㈱しまむらは加盟していないし……。

だからこの統計の衣料品売上高は、
さらに低くなる。

その部門別売上高の10月統計は、
食料品7497億円105.0%(店舗調整後104.1%、以下同)
衣料品614億円88.6%(93.4%)
住関連商品2000億円98.0%(98.6%)
サービス30億円136.8%(137.4%)
その他 742億円125.3%(125.5%)
chain

10月度は緊急事態宣言が解除された。
まん延防止等重点措置も同じく解除され、
行動自粛などが緩和された。

外食が復活し、
その分、内食需要は減少傾向。
しかし食料品の動きは良かった。

衣料品は相変わらず低調で、
10月前半が例年より暖かかったから、
季節商品がさらに苦戦した。

住関品はまずまずの動きだった。

昨2020年の10月は、
総販売額1兆486億5828万円、
既存店前年同月比は2.8%増だった。

加盟企業は変わらないものの、
店舗数は1万0871店舗で、
今年より988店少ない。

チェーンストア協会加盟企業は、
今年から見ると1年間で、
1000店近くも店舗を増やしている。

それでも売上高は微増。

食料品7138億円107.8%(102.7%)
衣料品693億円 113.0%(104.0%)
住関連品2040億円107.5%(103.8%)
サービス 22億円 96.2%(85.4%)
その他 592億円 99.4%(99.3%)

昨年の総売場面積は2595万7355㎡で、
前年同月比104.3%。

売場1㎡当たり売上高4万0399円(103.1%)で、
年間1坪当たりにすると、
159万9800円。

この1年間のコロナ禍パンデミックで、
坪効率は若干下がっている。
??????????????????????????????????????????????
2020年には食品特需があったからだ。

では一昨年2019年10月。

10月1日に消費税が増税され、
その直後の1カ月の営業統計。
消費増税2019年10月
総販売額は9751億9015万円。
前年同月比4.1%減。

加盟企業数は55社で1万0522店。
つまり店舗数は前年より179店増えたが、
それでも売上高は激減した。

総売場面積は2489万8316 ㎡。

売場1㎡当たり売上高3万9167 円で、
対前年同月比で94.1%と激減した。

年間坪当たりでは、
155万1013円。

記録的な台風19号による被害、
増税の影響で全部門が苦戦。

売上構成比の約70%を占める食料品は、
前年同月比0.9%減少だったが、
畜産品5.6%増、農産品1.7%減、
惣菜2.7%減だった。

衣料品7.3%減。
紳士衣料11.8%増だが、
婦人衣料は6.7%減。

売上構成比19.5%の住関連は、
前年比12.2%減。

増税前の駆け込み需要の反動減が大きかった。

さらに消費増税前の、
2018年10月

企業数58社、店舗数1万0343 店で、
対前年同月比599店増。

売場面積は2556万1655 ㎡。

肝心の売場販売効率は、
1㎡当たり売上高4万1631 円で、

年間坪効率にすると、
164万8588円。
消費増税によって、その後、
坪効率は10万円近く下がったことがわかる。

そしてコロナ禍前/消費増税前の2018年は、
この4年間で一番販売効率が高かった。

2018年⇒164万8588円
2019年⇒155万1013円
2020年⇒159万9800円
2021年⇒155万6359円

まずは全体で2018年に戻す。
それまでは「ポストコロナ時代」とは、
言えないだろう。

それにしても全体で見ると、
売場販売効率が低い。

単位面積当たり売上高、
単位面積当たり粗利益高、
そして単位面積当たり営業利益高。

寡占化が進めば、
当然のように上がってしかるべきだ。

人口減少の大潮流を、
寡占化によって食い止めて、
個別企業の成長は継続され、
生産性は上がっていく。

それがチェーンストア産業だ。

コロナはその現象を早めるはずだが。

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.