結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2010年10月29日(金曜日)

「子どもの心と大人の頭」を持って「脱藩の薦め」

急に12月上旬の気候になったり、
今度は平年並みの10月下旬に逆戻りしたり、
はたまた台風の14号まで近づいたり。

天気もあわただしく、忙しいことよ。

強い台風14号は、今日29日、
鹿児島県奄美諸島の南東にある。

中心付近の最大風速40m、最大瞬間風速は55m。

このまま明日30日には、
日本列島の南から北に抜けそう。

ご用心のほどを。

子どもの頃には、台風が来るのは怖い半面、
「異常な状況」へのかすかな期待感があった。

いつもいつも同じでは、満足できない。
それをもたらす存在が、
人知を超えたものであればあるほど、
人は不思議な力を感じ取って、
崇拝したり、頼ったり。

だんだん大人になってくると、
知識が増え、判断力がついてくるものの、
そういった不思議なことへの関心が薄れてくる。

これも、私流の「オクシモロン」だが、
[子供の心と大人の頭]
両方持っていたいものだ。

分子生物学者の福岡伸一さんは、
どうやらそれを両方備えているみたいで、
だから彼の書く文章には魅力がある。

あくまで謙虚で、
自分をひけらかすところがなくて、
子供のような好奇心を持っていて、
それでいて優れた頭脳を備えている。

子どもの頃、蝶の幼虫を買っていた福岡さんは、
ファーブルよりもドリトル先生を好んだ。
あくまでも動物と同化してしまうドリトルの生き方に、
共鳴したのだそうだ。

さて今週も、あっという間に金曜日。
今朝、私は、右目の定期検診。
東京・池尻の東邦大学附属病院。
眼圧は左が10で、右が15。
まあまあの安定度で、ひと安心。

今週も、このブログをご愛読いただいて、
心から感謝したい。

今日の商人舎ホームページの中で新着Todayは、
毎週金曜日の恒例、
「林廣美の今週のお惣菜」

B級グルメ日本一の「鶏モツ炒め」。
是非ともご覧いただきたい。

林廣美先生は、荒井伸也先生と同年の73歳。
荒井先生はコーネル大学RMPジャパン首席講師で、
ご存知、作家にしてオール日本スーパーマーケット協会会長。
コンサルタントに辛口であることにおいて右に出る者なし。
その荒井先生が、同じくコーネル講師の林先生の講義を聴いて、
「これは本物」と太鼓判を押してくださった。

その林先生、いまだ絶好調の惣菜コンサルタント第一人者。
時流を捉えた具体的な提案と常にぶれない指導は、
30台、40台の若いコンサルタント達のお手本。

その林先生と結城義晴とのコラボレーションセミナー。
「儲かる惣菜マーチャンダイジング」
いよいよ2週間後に迫った。
11月16日火曜日の午後13時~18時。東京お台場。
プロ中のプロがレクチャーするプロのためのセミナー。
乞う、ご期待。

さて、このところフランスのカルフールをテーマにした記事が多かった。
まだまだつづきますが・・・。

しかしたまには、ご要望に応えてスポーツものも。
昨日はプロ野球新人選択会議(ドラフト会議)。
東京のグランドプリンスホテル新高輪。

早稲田大学野球部からは3選手が第一位指名された。
ハンカチ王子こと斎藤佑樹投手に、
大石達也投手、福井優也投手。

斎藤は北海道日本ハムファイターズ、
大石は埼玉西武ライオンズ、
福井は広島東洋カープ。
同一チーム3投手の1位指名は史上初とか。

それにしてはこの間の優勝が少ない。
監督の應武篤良の力量を、
大学の先輩の私としては問題視したいところだ。

選手たちのきらめく才能に頼ったチームづくりと試合運び。
人柄はよろしいのだろうが、
マネジャーとしての決断力に乏しいように感じられた。
手厳しい言い方かもしれないが、
先輩の辛口と受け止めてほしい。

斎藤投手は、コメントを発している。
「日本ハムの指名を受けたことについては、
心から感謝している」

一方、中央大学の沢村拓一投手は、
読売ジャイアンツが単独で1位指名。
「本当に光栄。
入ってからが勝負なので、
一生懸命頑張りたい」

斎藤も大石も、福井も沢村も、
良いコメント。
「子どもの心と大人の頭」
持ち続けてほしいものだ。

應武も斎藤も、何度も優勝しているし、
私の評価は厳しすぎるかもしれない。
しかし、この早稲田の才能軍団とすれば、
彼らの組織づくりに物足りなさが感じられたのは私だけだろうか。

翻って、大抵の組織は、
現場はガンバっているのに、
トップが、無責任であることが多い。

問題の解決と対応は、現場に投げっぱなしで、
モチベーションのアップばかりに腐心している経営者。

その無責任なトップのもとに長らく使えていると、
それが伝染してしまう。

だからこそ、時には、意図的に、
上司を変える必要もある。

その意味で大学の卒業とは、
良くできた制度だ。
仕事はそうはいかない。
だから、時には「脱藩の薦め」もいいだろう。
昨今を明治維新にたとえることが多いが、
それに近いパラダイムの転換の時期を迎えているとするならば、
坂本竜馬にならって脱藩。

「日本国」のために働くのもいいだろう。
「子どもの心と大人の頭」を持って。

何しろ、3年前に、
私が脱藩を試みたほどなのだから。

そんなことを考えた週末前の金曜日。
良い週末を。

<結城義晴>

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.