結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2014年10月18日(土曜日)

サンアントニオからオースティン・フォートワース・ダラスまでバスの旅

日本では、
小渕優子経済産業相、
政治団体や資金管理団体の不透明な収支。
進退問題になった。

またか。

そんな感じ。

いかにも日本人的だ。

一方、日経新聞に
ノーベル物理学賞・中村修二氏登場。

「米国には優れた発明者がベンチャーを起業し、
成功するチャンスがある。
米国ならベンチャーで成功すれば、
創業者は株式上場などで
100億円単位の収入が得られる」

「すでに米国籍も取得したが、
発明やビジネスの環境以外は日本が好きだ。
仕事は米国で、
休暇は日本で過ごすのが一番いい」

この人は米国向きだ。

私はこの反対の考えだ。

日本人であることを、
つくづくと考える。

さて商人舎アメリカ研修会は3日目。
みんな、そろそろ時差に慣れてきたころ。

今日はサンアントニオに別れを告げ、
一路、北上。

最初の都市はオースティン。
ご存知、ホールフーズ本社がある。
もちろん、最初の視察は
本社下の旗艦店。
20141018195000.jpg

美しい青果売場。
20141018201439.jpg

見事な花卉売場。
ボリューム感満点。
20141018195051.jpg

バルク売場へのアプローチのサイン。
わたしたちのベーシックと書かれている。
20141018195234.jpg

天井にはほうきに乗った魔女。
20141018195246.jpg

昼時とあって、
お客がよく入っている。
入口のカフェに並ぶ人。
20141018201739.jpg

店舗中央のカフェ。
20141018195308.jpg

こちらはヌードルカフェ。
20141018202213.jpg

フードサービス部門が強化され
さまざまな試みが売場の随所で展開される。

本社下の旗艦店。
どこのホールフーズよりも美しく
イノベーションに満ち溢れている。

あぁ、ずっと見ていたい。

名残惜しい店舗に別れを告げ、
次に向かったのは、
HEBの環境対策店。
20141018202503.jpg
前面がガラス張りで、
屋根にはソーラーシステム。
使用する水も大幅にカットされている。

入口ではハロウィンの飾りつけ。
20141018202601.jpg
まだ途中で、
この後、両サイドに風船を付ける作業が残っている。
それでも十分、目を引く。
エントランスの広さが、
こうしたプロモーションを可能にしている。

日本のスーパーマーケットも
エントランススペースを、広く取れれば
さまざまな仕掛けができるはずだが。

青果売場はHEBレギュラー店と同じ。
20141018202759.jpg

驚くのは多段冷蔵ケースをすべて排し、
リーチインケースを使用していること。
20141019005026.jpg

多段ケースの代わりにリーチインを入れて、
省エネ効果をあげる。
20141018203148.jpg
巨大店舗の三方がリーチインケース。
この徹底ぶりには驚かされる。

HEBの経営の本質を見た思いがする。

ホールフーズの最新店。
20141018203330.jpg

この店も前面がガラス張り。
20141018203544.jpg

その2階は、カフェテリア。
店で購入した商品を、
ここで食べる。
20141018203713.jpg

美しい店内を見下ろす。
店舗右翼が青果売場。
20141018203810.jpg

左翼はフードサービス部門。
20141018203908.jpg

商品が並ぶ美しい店内、
それを見ながら食事する。
20141018204035.jpg

メンバーもそれぞれ昼食を買う。
20141018204126.jpg

そしてカフェテリアで食べる。
20141018204156.jpg

わたしも仕事をしながら昼食。
20141018204239.jpg

1階の屋外カフェテリア。
青空の下で解放感がある。

20141018204317.jpg
ホールフーズは進化し続けている。
旗艦店にも新店にも、
チャレンジが見てとれる。
そして、お客を誘引している。

傾斜地に立つ新店には、
階段がある。
右半分は普通の階段。
左半分は、木が使われている。
ベンチがわり。
20141018204716.jpg

そこで記念写真。
20141018204834.jpg

オースティンに別れを告げ、
さらに3時間半ほど北上。
20141018214450.jpg
地平線まで見晴らすことができる。

そしてやってきました。
フォートワースのHEBセントラルマーケット。
20141018205020.jpg
HEBの都市型アップスケール店舗。

ワンウェイコントロールの店。
青果部門のアイスウォール。
20141018205214.jpg

山盛りのぶどう。
もちろん秤売り。
20141018205512.jpg

インストアベーカーリー売場の
グルテンフリーのコーナー。
20141018205320.jpg

解説しながら売場を歩く。
20141018205434.jpg

金曜夕刻のセントラルマーケット。
お客がよく入っている。
20141018205642.jpg

この店にもホールフーズのように、
2階にカフェテリアがある。
そこから見た売場。
20141018205728.jpg

この店も本当に美しい。
20141018205804.jpg

店内をワンウェイで視察し、
出口へ。
20141018205917.jpg

ホールフーズもセントラルマーケットも、
商品が並ぶ売場をお客に俯瞰させる。
売場づくりに自信がなければできない。
日本にも、
こんなスーパーマーケットが出現してほしいものだ。

最後はスプラウツ・ファーマーズ・マーケット。
20141018210258.jpg

店舗奥中央に青果部門。
これです、スプラウツは。
20141018210350.jpg

昨日見たスプラウツとは、
まったく別物。
やっとメンバーも、
スプラウツの本質を理解。
20141018210503.jpg
面白い。

一般のスーパーマーケットと、
同じレイアウトのスプラウツは全く魅力がなく、
異例のレイアウトのスプラウツに魅力がある。

これが、ポジショニング戦略。

調査にも余念がない。
20141018210540.jpg

スプラウツも174店を数え、
今期は11店の出店予定。
昨年の上場以来、
順調に業績を伸ばしている。
20141018210607.jpg

サンアントニオを出て、
オースティンを経由し、
フォートワースに立ち寄り、
ダラスの定宿に着いたのは、7時。
20141018214503.jpg

長い一日だった。
20141018210835.jpg

みんなでダラスギャラリアまで歩いて、
それぞれに視察を兼ねて夕食。

ダラス中心街の、
スーパーリージョナルショッピングセンター。
ギャラリア入口で、恒例の記念写真。
20141018211041.jpg

心地よい疲労と、
いい店を見た充実感。
皆の顔も、輝いている。

アメリカを行く日本人。
これがいい。
(つづきます)

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.