結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2014年10月17日(金曜日)

サンアントニオのフレミング講義とWholeFoods・HEB・TJoe’s

第39代アメリカ大統領ジミー・カーターさん。
ジョージア州アトランタで90歳の誕生日の式典。
任期は1977年から1981年まで。
その後、2002年に、ノーベル平和賞受賞。

受賞理由は、
「数十年間にわたり、
国際紛争の平和的解決への努力を続け、
民主主義と人権を拡大させたとともに、
経済・社会開発にも尽力した」
しかし一方で、
「史上最強の元大統領」と呼ばれたり、
「最初から『元大統領』ならよかったのに」と言われたり。

日経Web刊の「米州Flontline」に、
そのカーター元大統領が、
現在のオバマ大統領と似ているけれど、
あえて同じ民主党の批判をしていると指摘。

アメリカでは今年11月4日に、
中間選挙が行われる。

連邦議員その他の公職選挙で、
大統領職の1期4年のうち、
半期2年が経過した時点で行われる。

「私たちは長く待ちすぎた。
その間にイスラム国が力を蓄えてしまった」

米国のキニピアック大学の世論調査。
「戦後最悪の大統領」。
第1はオバマ氏で、33%。
第2位はブッシュ前大統領(28%)
3位はニクソン元大統領(13%)、
そして4位がカーター氏(8%)。

あの熱狂的な就任時を振り返ると、
オバマ頑張れとも思うが、
現在のアメリカ合衆国、
一番大事なリーダーシップが、
喪失されかかっている。
さて商人舎アメリカ視察specialコース。
サンアントニオ2日目の朝。

運河沿いのホテルは、
本当に環境がいい。
会議室の窓から、
リバーウォークの運河の緑が見える。
20141017222724.jpg

朝8時からそのホテルの会議室で、
メリッサ・フレミングさんを迎えて特別セミナー。
フレミングさんは元HEB上級副社長。
現在は、マーケティングコンサルタント。
20141017202919.jpg
アメリカ小売業の最新動向を、
誰よりもわかりやすく詳細に語ってくれる。

今回は、小売業各社のオムニチャネル戦略、
プライベート開発の最新戦略を解説してくれた。
20141017202930.jpg

商人舎スペシャルコースでは恒例。
フレミングさん自身、毎年のことだから、
最新のリアル情報を持ってきてくれる。

いつものように、プライベートブランドを持ち込んで、
ウォルマート、HEB、ターゲットなどの、
商品開発と価格政策を分析。
20141017202950.jpg

皆、写真を撮りつつ説明に聞き入る。
20141017203007.jpg

質疑応答では、積極的に発言。
20141017203018.jpg

今回はこれまで以上に質問が飛び交った。
20141017203031.jpg

ロピアの庄司さんは、
前に出てきて質問。
20141017203041.jpg
もちろんフレミングさんは、
丁寧に答えてくれる。
90分の講義は120分に及んだ。
それだけ、中身の濃い内容だった。

最後にフレミングさんを囲んで記念撮影。
20141017203054.jpg

わたしも毎年、フレミングさんの話を聞くのが楽しみだ。
わたしの認識をフレミングさんが補強してくれる。
20141017203105.jpg

引き続き、第2回目の結城義晴の講義。
20141017203122.jpg

時間が押しているため
フレミングさんの講義を引き継ぎ、
商品戦略を語る。

それにしても40分足らずでは、
時間が足りない。
語り切れない。
20141017203132.jpg

そして急ぎ、専用バスに乗り込み、
視察を開始。
20141017203147.jpg

はしめに訪れたのは、
スーパーターゲット。

食品を強化したフォーマット。
これが、ターゲットの主流になっていく。
20141017203203.jpg

その食品売場。
よく管理されている。
20141017203235.jpg

陳列もしっかりされている。
20141017203247.jpg

「プライスカット」で価格を打ち出す。
20141017203301.jpg

ハロウィンのプロモーションも
大きく売場を割いて展開。、

でも食品売場にはお客が少ない。
なぜか。
20141017203316.jpg

ショッピングセンター敷地内に、
しかも隣接して、
ホールフーズがあるから。
20141017203329.jpg

この店はカラフルな店内で
実に美しい。
20141017203344.jpg

導入部の青果売場では、
新たな試み。
20141017203413.jpg

10月15日から始めた
青果・生花の評価プログラム。
この店でも展開されている。
20141017203432.jpg

ホールフーズが独自の基準から、
“良いgood”
“より良いbetter”
“最高best”の3段階で、
青果と花きを評価し、
売場の商品それぞれに掲示する。
このトマトは「ベスト」商品。
20141017203444.jpg

ホールフーズは既に、
精肉や鮮魚で評価プログラムを持っている。

従って、これで生鮮三部門そろったことになる。

情報という価値を付加して、
お客に商品をすすめる。
ホールフーズのマーケティング力は
ますます磨きがかかってきた。

次はHEBのアップスケール店舗。
20141017203501.jpg
この店はHEBのモデル店舗である。
例えて言えば、
ウォルマートのプラノ店のような。

一時的に冷蔵ケースを目隠しした青果売場。
HEBでは初めての光景。
20141017203525.jpg
この店はレギュラー店を洗練させた店舗。

HEBの都市型店舗、
セントラルマーケットをほうふつとさせる。
20141017203547.jpg

このエリアは、
高所得者のユダヤ人が、
数多く居住する。
だからコーシャ食品も、
大きくコーナー化されている。
20141017203602.jpg

もちろん、コモディティ商品は
価格訴求がしっかりなされている。
20141017203633.jpg

驚いたのはこの水のエンド。
トップパネルの価格は0ドル。
20141017203617.jpg
クーポンを使ったら0ドルになる。
つまり、来店客へのサービス。
スプラウツ・ファーマーズマーケット。20141017203651.jpg
この店にも驚いた。
スプラウツの標準店とは異なり、
導入部に青果部門を配置。
居抜き物件だが、
まことに普通のスーパーマーケットになっている。

つまりスプラウツのレイアウト、
変則的だがそれがなければ、
ただの店になってしまう。
視察の最後は、
トレーダー・ジョー。
20141017203706.jpg

お土産にエコバックを見繕うメンバーたち。
買物を楽しめる店、
それがトレーダー・ジョー。
20141017203729.jpg

店長のクレイグ・ウッドさんにインタビュー。
20141017203744.jpg
元教師のキャプテンは、
入社7年目で店長になった。
優秀なナイスガイ。

販促物を制作するバックヤードを見せてもらった。
20141017203801.jpg

2名のアーティストと呼ばれるクルーが、
店内のすべての販促物を制作する。
20141017203838.jpg

この日は近隣の新店オープンのために、
スタッフが全員応援に駆り出されていた。
20141017203817.jpg

そんな話を聞いていたら、
アーティストの一人が帰ってきた。
とてもチャーミングな明るい女性。
20141017203858.jpg

ウッド店長に感謝。
20141017203915.jpg

商人舎研修会としては
珍しいことだが、
この日の店舗視察は、
夕方で終了。
その後は自由視察。

それぞれに、
サンアントニオの都市構造研究。

われわれはまず、
アラモの砦を視察。
20141017204006.jpg
入場無料。
20141017204022.jpg

サンアントニオは、
市街地に運河をつくった。
これが観光資源となり、
ニューヨークやサンフランシスコなどと並び、
アメリカ人が最も行きたい街の一つ。
20141017204047.jpg
リバーウォークと呼ばれる。

運河を観光船が次々に流れていく。
20141017204110.jpg

私たちも乗り込んだ。
20141017204131.jpg

ガイドの女性が、
船を運転しながら、
しゃべり続ける。
20141018184557.jpg
市街地のオフィスビルが両サイドに並ぶ。
20141017204150.jpg

橋をくぐる。
20141017204211.jpg

夕陽にタワービルが赤く染まる。
20141017204228.jpg

商業施設も見える。
20141017204246.jpg

30分ほどの運河ツアー。
結構楽しめた。
20141017204314.jpg

それでも秋のサンアントニオ。
すぐに夕闇が訪れる。
20141017204327.jpg

最後は有志で
運河沿いのメキシカン・レストランへ。
マルガリータを飲んで、
いい気分。
20141017204347.jpg

サンアントニオを明朝、出立する。
最後の晩、名残惜しい。
(つづきます)

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.