結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2014年10月09日(木曜日)

ウォルマート「Rollbackクイズ」の意外な結末とベガス研修最終日

明日の10月10日。
商人舎公式サイトをリニューアル。

まず、新サーバに移行。
画面の読み込みが高速化。

デザインはシンプルに。

不具合はご容赦。
朝の8時から9時。

よろしく。

さて昨日のこのブログのクイズ
20141008234616.JPG
「この写真の間違いを探してください」

フェイスブックでもブログでも、
すぐに回答をお寄せいただき、
心から感謝。

正解、多数?

ウォルマートは、
エブリデーロープライスを前提に
営業体制を敷いています。

同じ商品は1年間、
ほぼ特売のような価格で、
売価を変えずに売り続けること。

この売り方が一番、生産性が高まる。

しかしそれだけでは、
生産性は高いが、
どうしても全体の売上げが下がる。

そこでベンダーの協力を得て、
エブリデーロープライスから、
さらにディスカウントする。

エブリデーロープライスの中の、
ハイ&ロー。

もともと廉価なのに、
さらに価格を下げるから、
「RollBack」と称する。
ニュアンスは、
「強制的な価格引き下げ」といった感じ。

そしてこのRollback販売の際、
トップパネルやPOPでは、
もとの売価を、
右サイドのオレンジ色のスペースに、
やや小さく表示する。

それが「Was $3.89」などと表記される。

WasはIsの過去形。

It was $3.98.
略して Was $398

つまり、この商品は、
「3ドル98セント」だった。

そして真ん中にでかでかと、
下げた売価を自慢げに記す。

$298

それがこのトップパネルは、
Was $398

$398

過去は3ドル98セント、
現在は3ドル98セント。

これが、間違い。

こういったことを、
答えてくれた人が、
一応、正解です。

しかし、しかし。

フェイスブックで、
エバラ食品工業社長の宮崎遵さんが答えてくれた。
「100円の商品を
本日なんと、
大特価の100円で!」

座布団二枚差し上げたが、
それは類稀なるユーモア。

しかしこの宮崎さんのメッセージを見て、
私は再度、考えた。

ウォルマートなら、
そんなユーモア、
やるかも知れない。

宮崎説が真相かも知れない。

今一度、写真を見た。

そうすると、
プライスマッチングの文句が、
オレンジ色のスペースの下に入っている。
20141010065841.jpg
Find a lower advertised price?
We’ll match it.

これはウォルマートの、
「プライスマッチング政策」の常套句。

他のチェーンが、
我々より安い価格を広告していたら、
それを探してください。
その価格に合わせます。

これは顧客の申告制。
申告してきた顧客には、
「合わせますよ」ということ。

では、通常のRollbackのPOPは、
どうなっているか。

こうなっている。
20141010070408.JPG

プライスマッチングの文句がない。

そうすると、こんな予測ができる。

Rollbackと謳っておいて、
POPでは売価が安くなっていない。

申告してきてください。
Rollbackしますよ!!

いかがだろう。

宮崎遵さん並みのユーモア。
それを販促にした。

店舗奥主通路の一番目立つエンド。
気がついた顧客だけがニンマリして、
Rollbackしてもらう。

私の推理、
いかが?

しかしこの推理が当たっていれば、
「間違いはなかった」ということになる。

さて、デイリー商人舎で、
ファーストリテイリングの決算ニュース。
アメリカのGAPは越えられなかったが、
日本の三越伊勢丹を抜いた。

日本小売業第4位。

私には、感慨深い。
さてさてラスベガス3日目。
実質的な最終日。

終わりはすぐにやって来る。

朝、MGMホテルに移動。
20141010071733.JPG

会議室で、セミナー。
20141010071617.JPG

まず団長の栄島一雄さんが、
ここまでのまとめ。
20141010071629.JPG

それから私の講義。
20141010071642.JPG

これまでずっと、
アメリカの小売業を学んできて、
それらを位置づけ、
ポジショニング戦略とフォーマット戦略を、
わかりやすく解説。
20141010071655.jpg
かなり高度な理論を、
しっかり理解してもらった。

セミナーが終わったら、
最後の視察。

まず、ダラーゼネラル・マーケット。
20141010071748.JPG

1万店のダラーストアが、
スーパーマーケットをコンバインして、
新しいフォーマットにチャレンジ。
20141010071800.JPG
ダラー・ゼネラルを、
最も恐れているのがウォルマート。
その王者につきつけた刃。

次はアルバートソン。
20141010071814.JPG
ポジショニングのど真ん中のはかなさを、
しっかり確認。

この売場。
20141010072000.JPG
きれいだけれど、
何も感じない。

そしていまどき、
まだ柵を設けた店。
20141010072014.JPG

しかもフード&ドラッグではないから、
隣接してCVSファーマシー。
20141010072029.JPG

セーフウェイとアルバートソンは、
統合させられる。

規模はさらに大きくなるが、
深刻さはさらに深まる。

その対極にあるのが、
ホールフーズ。
20141010072408.JPG
最新のショッピングセンター。
ライフスタイルセンターの、
タウンセンター。

その核店舗がホールフーズ。

アルバートソンと比較して、
時代の激変を確認。

その後、アウトレットモール。
20141010072425.jpg

ラスベガスの、
プレミアムアウトレット・ノース。
20141010072443.JPG

大盛況。

私はNikeとEcco。
20141010072457.JPG

ふらっと寄ったら、
衝動買い。
20141010072511.JPG

それをさせる何かが、
この店にはある。
20141010072526.jpg
最後に、今日も、
やさしいクイズ。

上の写真、何か変です。
当ててください。

やさしすぎて、恥ずかしい。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.