結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2014年11月04日(火曜日)

関西スーパー井上保さん、ご逝去。ご冥福を祈りつつダラス研修

残念極まりない訃報です。

井上保さん、
11月2日早朝、
ご逝去。

今年9月30日まで、
関西スーパーマーケット代表取締役社長。
67歳だった。

これほど惜しいと思うことは、
滅多にない。

故北野祐次さんが、
創業者で初代社長。

そのあとを継いで、
業界のリーダー企業の、
体質改革に取り組んできた。

しかもオール日本スーパーマーケット協会や、
日本チェーンストア協会で、
ながらく副会長職を務めて、
産業の発展にも貢献した。

これからそういった仕事が、
もっともっと増えていくだろうと思われた。

残念でならない。

あとは10月1日に三代目社長となった
福谷耕治さんを中心に、
北野さん、井上さんの遺志を継いで、
新しい関西スーパーを創造していってほしい。

北野祐次のもとで、
チーフ・マーチャンダイザーとして、
大活躍した頃の井上保。

一番輝いていたし、
一番幸せだったのだろうと思う。

ご冥福を、
心から祈りたい。

さて私はテキサス州ダラス。
その2日目は朝一番で、
2時間の講義。

それでも、足りない。

そしてクローガーのマーケットプレイスへ。
20141104234538.jpg

スーパーマーケット業界第1位。
クローガーの非食品強化型フォーマット。
20141104234605.jpg

中2階のオフィスに招かれて、
会議室でインタビュー。
20141104234621.jpg

イオンリテール2014アメリカ研修。
20141104234636.jpg

答えてくれるのは、
もうこのブログではおなじみ。
30年のキャリアのビル・ラスマン店長。
20141104234652.jpg
通訳は現地コーディネーターの井上博圀さん。

この7月に近隣に、
ウォルマートが出店してきた。
しかし12週間に1万ドル(100万円)しか、
売上げは落ちなかった。
20141104234707.jpg
それは「冷蔵庫満腹作戦」を取ったから。

日米ともに基本作戦は変わらない。

もちろんプライベートブランドも、
競争型のコンペティティブブランドを持っている。

チェックアウトサービスは、
三人目を待たせない仕組みを確立した。
20141104234840.jpg

戦う武器を開発した上で、
ビル店長のリーダーシップ。

それがこの店の強み。

団長の若山昇さんと握手。
20141104234724.jpg
イオンリテール近畿・北陸カンパニー支社長。

私とも、握手。
20141104234737.jpg

オフィスには、
こんなものが掲示されていた。
20141104234751.jpg
フレンドリー&フレッシュ。
この店のスローガン。
「3つのAと4つのC」。

青果部門は素晴らしい。
20141104234825.jpg
品質と価格競争力を備えている。

その青果に引っ張られるように、
全店が機能している。

しかし非食品の家具やホームデコは、
今後の新店からは排除される。

私が言い続けていたことが、
やはり、実現した。

その代わりに軽衣料が入る。

多分、コンセプトは、
JUSTベーシックスだろう。

素晴らしい店の、
素晴らしい経営だった。

夕方には、
同じクローガーのフレッシュフェアへ。
20141104235517.jpg

生鮮食品とデリを強化し、
非食品を排除したフード&ドラッグ。
20141104235554.jpg

こちらもレジは、
セルフレジ、エクスプレスレーン、
そしてノーマルレジの三種類。
20141104235541.jpg
都心型のいい店だ。

次はターゲット。
20141104235615.jpg

トナカイとサンタクロースが、
入口で迎えてくれた。
20141104235652.jpg

ウォルマートの対抗軸の企業。
しかしスーパーターゲットの生鮮食品、
まだまだです。
20141104235635.jpg

グロサリーは、
プライベートブランドの開発も進んで、
進化の跡が見られる。
20141104235729.jpg

そして非食品、
特にソフトラインは、
どんどんアップグレードして、
コールズを脅かす。
20141104235746.jpg

そのコールズ。
ジュニア・デパートと称するが実は、
ディスカウント・デパートメントストア。
私はこの分類に入れている。
20141104235815.jpg

そうすると、
日本で「GMS」と呼ばれる業態、
シアーズなどは何か。
20141104235918.jpg

シアーズはアメリカ商務省の分類では、
そのディスカウント・デパートメントストアだ。
20141104235930.jpg

この最新ショッピングセンターでも、
シアーズの店には、
客の姿が見えない。
20141104235945.jpg

JCペニーも、
GMSと呼ばれるが、
ディスカウント・デパートメントストア。
20141104235855.jpg
この企業も、
価格帯では下を受け持つターゲットに、
どんどん侵食されている。

そして上からは、
メイシーズ。
20141105000024.jpg
特に、11月1日以降、
早仕掛けのホリデーシーズンに入った米国では、
メイシーズも早仕掛けのセールを展開し、
店頭在庫を拡大しているので、
シアーズやJCペニーと、
そっくりの売場となっている。
もちろんコールズとも同質化している。

メイシーズは、二つのバナーに整理している。
大衆的な百貨店をメイシーズ、
高級路線をノードストローム。

だから大衆路線のほうは、
限りなくディスカウント・デパートメントストアに、
近づいてくる。

ノードストロームは、
そこからブルーオーシャンの世界に。
20141105000054.jpg

ハイセンス・ハイクォリティ。
20141105000114.jpg

さらに超のつくハイセンス・ハイクォリティは、
ニーマンマーカス。
20141105000229.jpg

プレゼンテーションは芸術の域。
20141105114405.jpg

後ろから。
20141105121302.jpg

ポーズ。
20141105121318.jpg

一方、低価格志向は、
TJマックス。
20141105000309.jpg
オフプライスストア。
ブランド品を安売りする業態。

TJマックスの対抗軸は、
ロス・ストアーズ。
20141105000326.jpg

こちらもオフプライスストア。
20141105000341.jpg
アメリカは百貨店のオフプライス店舗と、
オフプライスストアとが、
激しく競争していて、
この分野が伸びている。

百貨店のレギュラー店も苦しい。
それ以上に、
ディスカウント・デパートメントストアは、
大打撃を受けている。

一方、専門店。

ディックス・スポーティング・グッズ。
20141105000357.jpg

売場のつくりとプレゼンテーションは、
まさにポジショニング戦略。
20141105000410.jpg

そしてコンテナストア。
20141105000448.jpg

ギフト・ラッピングを打ち出している。
20141105000511.jpg

売場はもう、
クリスマス・モード。
20141105000526.jpg

クレート&バレル。
20141105000541.jpg
キッチン用品、家具など、
専門的な商品群が、
見事にビジュアルプレゼンテーションされている。

そしてペッツマート。
20141105000604.jpg
ペット用品とペットの専門店チェーン。

ダラーツリーは、
ダラーストア第3位だが、
第2位のファミリーダラーを買収して、
業容を拡大。
20141105000619.jpg
1ドルにこだわるダラーストアとして、
好調を堅持している。

ストーンブリア・センターは、
スーパーリージョナルショッピングセンター。
20141105000130.jpg
核店舗が多彩。
百貨店のノードストローム、
メイシーズ、ディラード。
ディスカウントデパートメントストアの、
シアーズとJCペニー。
そしてディックス・スポーティングが入る。

サブテナントは2層のフロアに、
ずらりと並ぶ。

モールのコンコースで、
麻雀を楽しむご婦人たち。
20141105000148.jpg

もうひとつのショッピングセンターは、
ノースパーク・センター。
こちらはスーパーリージョナル型ライフスタイルセンター。

われわれのランチは、
パンダエクスプレス。
20141105000638.jpg

中華料理のファストフード。
20141105000654.jpg

みんな、順番に並んで、
それぞれに注文。
20141105000708.jpg

天井を見上げると、
これはもう大ブームのむき出し型。
20141105000723.jpg

夜は、ステーキハウス。
ザ・ケッグ。
20141105000746.jpg
ここにも大満足。

スーパーマーケットも、
ハイパーマーケットも、
デパートメントストアも、
専門店も、
そしてショッピングセンターも、
大変化を遂げている。

その変化の潮流は、
古典的な業態の発想から、
逸脱して、
自分らしさを出すこと。

そしてあくまでも顧客志向。

顧客の望むままに店をつくり、
それが自分らしさと合致する地点を探し出す。

この方向だぞ、と示されて、
必死で一番を取る競争とは違う。

これがコンテスト型競争だ。
(つづきます)

〈結城義晴〉

【お詫び】
疲労困憊のため、時差ブログです。

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2019年の開催研修会
  • ハワイ・オアフ小売視察研修ツアー ビギナーズコース2019年9月5日(木)~9月9日(月)<3泊5日>開催場所:アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 第17回
    2020年7月7日(火)~7月9日(木)
  • 第18回
    2020年9月8日(火)~9月10日(木)

詳細は決まり次第、ご案内いたします

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.