結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2016年12月16日(金曜日)

イオンスタイル碑文谷ソフトオープンの「想像を超えた!!」

安倍vsプーチン首脳会談。

時代掛かっている。

安倍晋三首相が、
地元・山口県長門市を会談場所にすれば、
ウラジミール・プーチン大統領は、
2時間遅れてやってきた。

宮本武蔵と佐々木小次郎の、
巌流島の決闘のようだ。

1998年、当時の橋本龍太郎首相が、
ボリス・エリツィン大統領を招いたのは、
静岡県伊東市川奈。

この時、北方領土問題は、
「川奈提案」で一応の成果を見た。
すなわち、
四島の北側で国境線を画定し、
返還は別途協議する。

今回は「川奈提案」のような名称もつかず、
巌流島のごとく小次郎が負けるのか。

それでも、安倍晋三は、
昨日、今日とプーチンと会談し、
クリスマスの後でハワイを訪れ、
バラク・オバマ大統領とともに、
真珠湾攻撃の犠牲者を慰霊する。

この行動力は、
大いに評価しよう。

問題はそのあとの、
ドナルド・トランプと、
習近平なのだが。

さて、今朝は、
東京・碑文谷へ。

イオンスタイル碑文谷、
ソフトオープン。
IMG_2223.JPG-6

41年前の1975年、
ダイエー碑文谷店が誕生した。
その後、ずっとこの店は、
ダイエーの旗艦店、看板店となって、
様々なイベントや記者発表は、
いつも碑文谷で行われた。

私が㈱商業界に入社したのが、
1977年だから、
碑文谷店開店の後の記者会見などに、
何度、通ったか。

その店が、
イオンスタイルに生まれ変わった。
イオンスタイル碑文谷。
ただし、この年末は、
1階から4階までの4フロアの、
ソフトオープン。

この判断は、よろしい。

ソフトオープンでも、
私には、感慨ひとしお。

午前11時、オープン。
その前にマスコミを集めての内覧会。

9時半から、
7階会議室で記者会見。

大島学さんが
店づくりの意図と抱負を、
丁寧に説明。
DSCN2748-1
イオンリテール(株)専務執行役員で、
南関東カンパニー支社長。

2014年7月に、
私のコーディネートで、
イオンリテール米国視察研修が、
ダラス&ワシントンDCで行われた。

この第1回研修で、
大島さんは団長を務めた。

その成果がどんどん、
店づくりに現れている。
うれしいかぎりだ。

その後、夏秋の研修は、
今年まで続き、
来年も予定されている。

記者会見の後は、
2チームに分かれて、
店内ツアー。

私は、町野弘幸店長の説明を聞いた。
町野さんは、
この秋の第6回アメリカ視察のメンバー。

売場のスタッフに、
次々に声を掛けながら、
記者に対して堂々たる解説。
あっぱれ。
DSCN2754-1

私もカメラ片手に、
くまなく売場を見る。
DSCN2896^2

2つのチームがぶつからないよう、
誘導する広報スタッフ。
DSCN2760-1

店内ツアーが終わると、
再び、7階会議室に戻って、
質疑応答。

次々に投げかけられる質問に、
大島さんは即答。
S0267028-1
大島さんは、
二つのことを力説した。

第1は、碑文谷地区を、
戸別訪問して、
徹底的に顧客の声を聴いたこと。
そして徹底的にその要望に、
応えようとしたこと。

このオープンで、
チラシは一枚もまいていない。

その代わりに、
戸別訪問に、
そのチラシのコストを活用した。

すなわちこれは、
徹底的なマーケティングを意味する。

第2は、ダイエーの力量を、
大きく評価したこと。

例えば、この店の精肉部門は、
イオン全店最大の規模と品揃えだ。

それは「肉のダイエー」の力を、
最大限に生かしたからだ。

今年5月5日の閉店後、
各地に散らばっていたダイエー従業員が、
ほとんど戻ってきてくれた。

この店の成功によって、
イオンとダイエーの融合は、
完全なものになる。

もちろん碑文谷の顧客も、
それを大歓迎してくれる。

店づくりも意欲にあふれているが、
私はこのイオンスタイル碑文谷の、
店づくりの姿勢を評価した。

補足したのは大前一也さん。
南関東カンパニー東京事業部長。
S0317033-1
大前さんも2014年の研修参加者。

記者会見の後、11時開店に向けて、
報道陣は出入り口で待機する。
DSCN2828-1

11時ぴったりに開店。
DSCN2829-1

今年一番の冷え込みの朝、
オープンを待ちわびたお客たちが、
次々にやってきた。
DSCN2830-1

どんな店も、開店の瞬間はいい。
売場に人があふれていく。DSCN2918-1

2階では、
スタバとイオンのバルをつなげた。
これが実にいい。
DSCN2931-1

詳細は商人舎magazineで、
他誌を完全に圧倒する内容で、
報告したい。

乞う! ご期待。

岡崎双一イオンリテール社長とは、
売場を回りながら、
何度も遭遇し、
何度も話し合った。
DSCN2842-1

そして久木邦彦さん。
DSCN2845-1
執行役員副社長商品担当、
兼 キッズ商品企画本部長。
久木さんとも何度も遭遇し、
意見を言った。

大島さんもうれしそうだ。
DSCN2936-1

誰よりも満面の笑顔は、
町野店長。
DSCN2846-1

2014年から3年間、
アメリカ視察に引率した、
イオンリテールの幹部、ミドルは、
すでに200人を超える。

だから、売場では次々に、
参加したメンバーから挨拶され、
自分の売場づくりの意図を説明してもらう。

剱持彰さんは、
食品商品企画本部畜産企画部商品部長。
DSCN9849-2

大森修さんは、南関東カンパニー
H&BC商品部部長。
DSCN2952-1

前島宣子さんは、
イオンリテールH&BC商品企画、
ユニット開発本部リーダー。
DSCN2951-1

沢田泉さん(左)と板垣荘佐さん。
DSCN3013-1
沢田さんは、
イオンリテール住居余暇商品企画本部
ホームファニシング商品部長。
板垣さんは南関東カンパニーの
住居余暇H&BC商品部マネージャー。

そして、河井祐介さん。
イオンスタイル御嶽山前店長で、
現在はソーシングを担当。
DSCN2889-1

みんな、おめでとう。

私は多くのイオンピープルに語った。
「想像を超えた!」

いい出来映えだ。

もちろん、まだまだ、
問題点は多い。

その都度、意見を言ったり、
改善案を提示したりした。

それでも日本の総合スーパーの、
閉塞状況を突破する店舗である。

3月31日には、
5階から7階までのフロアが、
満を持してオープンして、
イオンスタイル碑文谷は完成する。

中内功さんも喜んでくれるだろう。
岡田卓也さんも注文をつけつつ、
それでも評価してくれるだろう。

イオンスタイル碑文谷、
おめでとう。
IMG_2240.-1
初心忘るべからず。

碑文谷のお客様に、
本当に応えるのは、
これからだ。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2019年の開催研修会
  • アメリカ視察研修ツアー USA視察Specialコース2019年10月2日(水)~10月8日(火)<5泊7日>開催場所:ワシントンDC、リッチモンド、NY
  • ハワイ・オアフ小売視察研修ツアー ビギナーズコース2019年9月5日(木)~9月9日(月)<3泊5日>開催場所:アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2019年の開催予定
  • 商人舎2019年 ミドルマネジメント研修会2019年9月10日(火)~9月12日(木)開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.