結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2016年12月26日(月曜日)

川野幸夫の1年の総括「まあまあ」と「レジレス化&統一店休制度」

Everybody! Good Monday!
[2016vol52]

2016年も最終週。
1月元旦を第1週と数え始めて、
今週は第53週。

毎日更新宣言ブログ、
毎週、毎週のご愛読、
感謝します。

振り返ってみると、
今年1年、一度も病気せず、
風邪もひかず、怪我もせず、
元気にやり遂げることができました。

それは何よりも、
真摯に、緊張して、
このブログに取り組んだ、
成果の一つだと思います。

「私、手は抜かないので」
ドクターXの外科医・大門未知子風に。

ご愛読、感謝します。

それにしても、
横浜は暖かい年の瀬です。
小春日和がつづく。

漁の舟小春日和に眠りをる
〈朝日俳壇より 岡崎市・米津勇美〉

そんな日です。

しかし日本列島は長い。

列島の脊梁冬に入りて住む
〈同 養父市・足立威宏〉
(金子兜太選評)
作者住む日本列島養父市の、
冬の寂寥(せきりょう)感の深さ強さ。
養父は「やぶ」と読むが、
兵庫県北部但馬地域の山間都市。

さらに一句。

(こがらし)や帽子押へてすれ違ふ
〈同 川西市・日塔脩〉

東京・横浜は暖冬だけれど、
木枯らしが吹く地方もある。さて、今日は、東京・日本橋。
日本スーパーマーケット協会。
一般社団法人。

今年最後の記者会見。DSCN1796.JPG-6

スーパーマーケット、および生協の、
11月の営業報告があっった。

特徴は、企業規模による営業成績の落差。

パネル数は270社だが、
1~3店舗の企業47社の前年同月比は、
全店で97.9%、既存店で97.9%。

51店以上の43社の前年同月比は、
全店で104.7%、既存店で102.1%。

その中間に位置する企業群も、
店数が多くて、売上規模が大きい会社が、
比較的好調で、小さい会社が不調。

あくまでも客観的な統計で、
個別の企業の話ではない。

しかしこの全体のトレンドは、
企業の統合が進むだろうことを、
示唆している。

その後、会長の川野幸夫さんが、
一年の総括。
㈱ヤオコー会長。
DSCN1798.JPG-6

今年のスーパーマーケット業界の状況を、
川野さんは表現した。

「まあまあの状況」

百貨店、総合スーパーは低迷したが、
「スーパーマーケットはまあまあ」

この「まあまあ」が逆に、
スーパーマーケット業態の特性でもある。

他の業態が絶好調の時も、
スーパーマーケットは「まあまあ」

他業態が不調の時も、
スーパーマーケットは「まあまあ」

クリスマス商戦も、各社、
「まあまあ」だった。

それが社会のインフラ産業の特徴だ。

川野さんが強調したのが、
人手不足の問題と、
働き方改革、生産性向上。

月刊商人舎11月号の特集と、
問題意識は完全に一致した。
働き方改革×人材マネジメント

そこで協会は二つの取り組みをする。
第1は「レジレス化」

研究会を立ち上げて、
完全無人レジの研究を始める。

アマゾンGOの無人店舗実験も登場して、
想像以上に速いスピードで、
レジレス化が進む。

マンアワーで見ると現在、
全体の20%がレジに投入されている。

フレンドリーな接客を受けたい。
そんなニーズもある。
しかしそれは、
別のサービス機能でできる。

生産性アップのために、
レジレス化は進められねばならない。

小売業に限らずサービス業全体で、
同じ課題として取り組む必要がある。

政府や行政に加わってもらう場面も、
出てくるに違いない。

第2は、
営業時間の短縮や、

店舗休日の設定の問題。

協会としては、
統一店休制度の創設を提案する。

そのために検討委員会が設けられて、
具体的な議論が展開される。

最後に川野さんが語ったのが、
スーパーマーケット産業の位置づけ。

食品スーパーマーケットでは、
他の業態に比べて、
寡占化が進んでいない。

マラソンに例えると、
せいぜい20キロ地点。

先頭集団が走っているが、
それにどんどん後続集団が続いている。

つまり食品スーパーマーケットは、
「まだ若い業態だ。
スーパーマーケットの発展は、
まだまだこれからだ」

大手企業と中小企業の格差は、
開くかもしれないが、
世代交代が進んで、
若い経営者から、
問題提起がなされている。

最後に江戸時代の身分制度の話。
士農工商の序列。

江戸時代には、
一番下の商が幕府や藩を動かした。

新田を開墾するときなど、
必ず商人資本や商人の知恵が生かされた。

明治になって、
商業は農業と一緒に、
失業のバッファー程度としてしか、
見られなくなった。

富国強兵・殖産興業のスローガンのもと、
政府は作る機能を最優先した。

さらに戦後も国民の中に、
士農工商は残った。

それが長い間に、
国民の頭の中に刷り込まれた。

どうしたらいいか。

この意識を変えるには、
高い志を持って、
みんなが努力する以外にない。

川野さんの弁舌は、
どんどん熱を帯びていった。

記者会見が終わって、
全員が解散してから、
川野さんと単独会談。
DSCN1808.JPG-6

スーパーマーケットの協会が、
やはり大同団結して、
同一労働同一賃金問題、
レジレス化や統一店休問題、
さらに軽減税率や本体価格表示問題に、
真剣に取り組まねばならない。

私が主張しているのが、
「ポリティカル・マーチャント」

政商ではない。
政治的主張を持った商人。

清水信次さんがそのお手本。
川野幸夫さんがその後継者。

清水さんは日本小売業協会会長、
日本チェーンストア協会会長、
日本スーパーマーケット協会名誉会長、
新日本スーパーマーケット協会名誉会長、
そしてライフコーポレーション会長。

清水さんにも川野さんにも、
まだまだ頑張ってもらわねばならない。
DSCN1810.JPG-6

川野幸夫さん、74歳。
結城義晴、64歳。

大所高所から、
じっくり考察し素早く行動する。

共に頑張りましょう。
DSCN1812.JPG-6

夜の銀座のイルミネーション、
例年より控え目な印象で、
これも「まあまあ」だった。IMG_0250.JPG-6

安倍晋三首相は今夜、
ハワイに向けて出発する。
真珠湾攻撃の犠牲者慰霊。
そして、パールハーバーで、
バラク・オバマ大統領とともに、
不戦表明をする。

ここでも大所高所からの、
見識が問われる。

みなさんも、今週の、
歳末際の商戦に向けて、
大所高所から、
「まあまあ」のちょっと上を行こう。

では、
Good Monday!

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.