結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2020年04月01日(水曜日)

服部哲也新社長就任記者会見の「サミットの勇気」

2020年も、
あっという間に3カ月が経過。
一月、往ぬる、
二月、逃げる、
三月、去る。

今年は特に、
月日の足が速かった。

今日から4月。

しかし受難の1カ月になりそうだ。

4月の行祭事を確認しておこう。

4月1日(水)の今日から、
東京都の受動喫煙防止条例全面施行。
新型コロナ肺炎感染拡大の中で、
喫煙者には禁煙の機会がやってきた。

また、働き方改革関連法で、
中小企業も大企業と同様に、
残業が規制される。

さらに労働者派遣法改正によって、
同一労働同一賃金も施行される。

同一労働同一賃金は、
同じ仕事をする社員には、
雇用形態に関わらず、
同一の賃金が支給されること。

この施策の対象となるのは、
派遣社員、パートタイム労働者、
そして有期雇用労働者。

今日から始まるのは、
中小企業法で分類される大企業。
中小企業分類の企業は2021年4月から。

新型コロナウイルス感染拡大の中で、
4月は法改正が多い。

今月のスケジュールでは、
12日(日)がキリスト教のEaster(復活祭)。

イースターは、
日本ではまだなじみが薄いが、
欧米人としては是非にも、
コロナからの復活の日にしたいところだ。

4月の祝日は、
月末29日(水)の昭和の日。
昭和天皇の誕生記念日だった。

そこからゴールデンウィークに突入する。
はたして小・中・高校や大学の休校は、
解除されているのか。

企業のテレワークは終了しているのか。
まったく予断を許さない状況だ。

4月の二十四節気は、
4日(土)の清明(せいめい)。
万物に清新の気がみなぎるころ。

19日(日)は穀雨(こくう)。
穀物の成長を助ける雨が降るころ。

新型コロナの潜伏期間は、
2週間ほどといわれている。

二十四節気の期間は、
なぜかそれにあっている。

目安にしながら、
できるだけふつうの生活を続けたい。

新型コロナウイルスは、
世界中を巻き込んで泥沼化しているが、
オーバーシュートやロックダウンを回避し、
ゴールデンウィークを迎えたい。

最大の経済対策は、
感染拡大の抑制と、
治療薬・ワクチンの開発。

そして、
一人ひとりが、
手洗い、うがいの励行。
咳エチケットの厳守。

さらに、できる限り、
室」に入らない。
「密集」に近寄らない。
「密接」しない。
三つの「密」を避ける。

一人ひとりが、
うつされない。
うつさない。
広げさせない。

最悪を覚悟して、
最善を尽くす。

人事を尽くして、
天命を待つ。

今日から政府が動くという情報は、
どうやらフェイクだったようだが、
それでも小売業のセンターや店頭では、
最大限に在庫を持ち続けたい。

必ず売れる。

それに、いつ、
パニックが起こるとも限らない。

店頭に「見える在庫」があることは、
顧客を安心させる。

アメリカのウォルマートは、
いつも安心感を米国民に提供している。

エブリデーロープライスも、
顧客の安心感醸成の役割を果たしている。

さて今日は夕方から、
東京・永福町。
サミット㈱本部。IMG_60100

入り口を入ると、
壁面に一面の胡蝶蘭。DSCN03310
入口にテーブルが設定されていて、
すぐに一人ひとり体温を測られた。

私はどういうわけか、
「34.0度です」
大丈夫。

5階の大会議室前にも胡蝶蘭の列。DSCN0324o0
入り口で手のアルコール消毒。

服部哲也新社長就任記者会見。DSCN03280
記者の座席配置は、
ソーシャル・ディスタンシング。
3人掛け1台のテーブルに一人ずつ、
互い違いに右と左に座って、
できるだけ「密接」しないような設定。

壇上には、
服部哲也新社長と、
竹野浩樹新会長。
DSCN02840

司会は広報室マネジャーの中村聖さん。DSCN02830

冒頭で写真撮影。DSCN02860

記者たちを3グループに分けて、
順番に撮影する。
「密集」しないようにするため。DSCN02870

右の竹野浩樹さんは、
4年間、見事な立て直しをして、
このたび非常勤の会長に就任。
住友商事㈱では、
ライフスタイルリテイル事業本部長。

服部哲也さんは、
代表取締役社長。
DSCN02910
二人とも実に爽やかに、
それでいて自信満々に、
これからの抱負を語った。

その内容は、
明日の商人舎SuperNewsで報告予定。

何でもかんでも自粛モードの中、
万全の態勢をとっての記者会見。

サミット幹部の皆さんの勇気に感動した。

最後に服部哲也さんと写真。
DSCN03170
接触を控えて、
肘で祝福の情を示した。

服部さんはサミットプロパーで、
コーネル大学RMPジャパン伝説の一期生。
わがことのようにうれしい。

私も2003年9月に、
㈱商業界の社長に就任して、
「代表取締役社長」の名刺を手にした時は、
特別の感慨があった。

服部哲也さんの名刺にも、
「代表取締役」と記されていた。

私は自分の時のことを思い出した。

一方、竹野浩樹さん。
大方の予想を覆して、
見事に成果をあげた。

私は竹野さんが社長に就任した時、
「まずはお手並み拝見」と書いた。

完全に脱帽。
お詫びします。

そして改めて竹野さんの考え方に共感し、
その実行力にリスペクトします。
DSCN03210
今後は住友商事に戻って、
ライフスタイルリテイル事業全体を主導。
それでもスーパーマーケットが中核。

私は最後に竹野さんに言った。
「スーパーマーケット産業をよろしく」

竹野さんは答えてくれた。
「もちろんです」

心から、ありがとう。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会<第17回>2020年7月7日(火)~9日(木)<第18回>2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.