結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2020年04月10日(金曜日)

月刊商人舎4月号発刊とイオンWeb記者会見のcommunication

月刊商人舎4月号、本日発刊。202004_cover
通巻84号。
毎月毎月、
1冊の単行本のような雑誌を作って、
84カ月。

まるまる7年間が経過した。

読者の皆さんに、ご愛読を感謝したい。

企画から始まって、
取材や編集、執筆、
制作やデザイン、校正、
印刷、製本。
多くのプロセスに多くの人がかかわる。
雑誌づくりは総合作業だ。

すべての人に感謝したい。

今月のテーマは、
「真似る。」

ずっと頭の中にあったテーマ。

[Cover Message]
「真」に「似る」と書いて「まねる」。完璧に模倣すること。正しく見倣うこと。小売業やサービス業の商売は「真似る」ことで成り立ち、成長してきた。江戸時代のお店(たな)は、真似の殿堂だった。丁稚どんとして商売の道に入り、番頭さんの真似をし、店主の真似をし、やがて暖簾分けでお店を保有する。チェーンストアの時代になると、業界の最優秀店舗を真似して、プロトタイプをつくり、その自分のプロトタイプを真似して、多店化していった。チェーンストアは合理的、科学的、論理的に模倣するビジネス成長戦略であった。その最優秀店も、消費と流通の先進国アメリカやヨーロッパに範を求め、真似た成果であった。しかし模倣の戦略と戦術ばかりが市場にあふれ、その市場も飽和に近くなると、成長は止まり、収益性は落ちてくる。そこで独自性や差別化、差異化、そしてポジショニングが求められてくる。しかしこの局面に至っても、真似る行為の優秀性はいささかも棄損されるものではない。完璧に模倣する。正しく見倣う。そして他が真似できない境地に至る。これは実に深い。模倣から生まれた模倣困難性こそ、「真似る」ことの神髄である。

そして[contents]
202004_contents

今月号はトップに、
[特別提言]
米英トップ小売業の
コロナ対策に学べ

刷り上がった雑誌を手に取る。
至福のときです。
IMG_60920

誰が言ったか、
やってみたい三つの仕事。

野球の監督と、
オーケストラの指揮者と、
雑誌の編集長。

さて今日は夕方5時半から、
イオン㈱の決算記者会見。

初めての試みだが、
Web決算説明会。
IMG_60660
映像は良くない。
音声はまあまあ。

真ん中が、
イオン㈱吉田昭夫代表執行役社長、
左が山下 昭典代表執行役副社長、
山下さんは財務・経営管理担当。
右が三宅香執行役で、
環境・社会貢献・PR・IR担当

私は横浜のオフィスで、
パソコンの大型モニターで見た。IMG_60720

初めてのことなので、
吉田さんも山下さんも、
そして三宅さんも緊張気味だった。

吉田さんは社長就任後、
初めての本決算説明会だが、
そつなく語っていた。
IMG_60750

内容は商人舎SuperNewsで。
イオンnews|
営業収益8兆6042億円過去最高も経常利益4.3%減

営業収益は過去最高で8兆6000億円。
前年同期比1.0%増。
期中に消費増税などあって、
この図体でよく増益したと思う。

営業利益が2155億3000万円で1.5%増、
経常利益が2058億2800万円の4.3%減。

㈱セブン&アイホールディングスは、
年商6兆6443億5900万円で、
前年同期比2.2%減だった。

こちらの商人舎SuperNewsは、
セブン&アイnews|
’20年2月期年商6.6兆円2.2%減も経常利益2.8%増

セブン&アイは決算説明会を中止した。

減収だったが、営業利益(3.1%増)、
経常利益(2.8%増)、純利益(7.5%増)は、
いずれも過去最高益。

営業利益率は6.4%、経常利益率は6.3%。

両者の収益の違いが鮮明になった。

さてイオンの説明会。
コロナウイルスの影響。
営業的には第3四半期までピークが続き、
年末商戦まで影響を受けるとの見方。

総合スーパー、スーパーマーケット、
そしてドラッグストアは好調だけれど。

したがって、今期予想は、
営業収益は8兆から8兆4000億円だが、
営業利益は500億から1000億円。
利益は半減、あるいは4分の1。

そうだろう。

1時間余りの説明会。
三宅さんと吉田さんの説明が、
一通り終わると質疑応答。
IMG_60800

画面の下段に2つのボタンがある。
「チャット」と「手を挙げる」。
参加したアナリストやジャーナリストが、
これを押して使命を受ける。
指名されたら質問できる。
IMG_60790

私はずっと押し続けたが、
指名されたのは記者会見の常連ばかり。

残念。

コロナが落ち着いたら、
吉田さんと直接、
じっくり話し合おう。

NHKや日経新聞の記者、
流通報道記者会の記者、
ゴールドマンサックスのアナリスト。

こんな顔が突然、アップで出てきて、
質問し、それに答える。
IMG_60780

指名された記者やアナリストは、
数字や営業のことばかり聞いていたが、
比較的あっさりと終わってしまった。IMG_60820

そのあとも映像は流れて、
4人の安ど感が伝わってきた。IMG_60830

吉田さんと山下さんが、
身振り手振りで解放感を表した。IMG_60850

三宅さんも笑顔で応えた。
IMG_60870

ご苦労様でした。
IMG_60880
Webでの説明会。
新しい試み。

とてもよかった。

しかしコミュニケーションは、
フェイス・トゥ・フェイスでなければ、
コミュニケーションにならない。

直接のやりとりをしなければ、
本質はわからないし、
本当のところは伝わらない。

それを非常に強く感じた。

コミュニケーションと情報は別物である。
コミュニケーションは知覚の対象であり、
情報は論理の対象である。
コミュニケーションにとって重要なものは
知覚であって情報ではない。

いずれもピーター・ドラッカーの言葉。

Web会議も同じだ。

これからのビジネス、
これからのチェーンストア、
これからのマネジメント、
これからの仕事。

コミュニケーションの差によって、
雌雄が決する。

間違いない。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会<第17回>2020年7月7日(火)~9日(木)<第18回>2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.