結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2008年01月17日(木曜日)

商人ねっと新春特別セミナー&賀詞交換会2008に600人集まる

昨1月16日は、
横浜みなとみらい「パシフィコ横浜」で、
商人ねっと・日本経営コンサルタント㈱主催の
新春特別セミナー&賀詞交換会2008。
商人ねっと4
盛況だった。
参加者数600人。
ほとんどがスーパーマーケット関連の人々。

参加してくださったすべての人に、
感謝申し上げたい。
ご協力くださったすべての人に、
心よりお礼申し上げたい。

基本テーマは、3つの“シンカ”
これ、水元コンセプト。
1 進化
2 深化
3 真価

正午から始まったセミナーは、
アカデミーショーか、はたまたK1かという演出。
冒頭に主催者・水元さんの開会の挨拶。

そして、基調講演1は私の出番。
「自ら、変われ!」
内容は、バリュー・イノベーションと、
それを成し遂げる人間力経営について。
「元気を出そう」
「元気を売ろう」
おなじみの、私のメッセージも盛り込んだ。
商人ねっとセミナー1
講演の中でお約束した「駕籠かきの教訓」。
ブログ読者にもご披露しよう。
私の著書『メッセージ』<第8章 時流>から。

「駕籠かきの教訓」

あなたの仕事は、
何ですか。
つきつめて考えると、
あなたが毎日やっていることは、
いったい何ですか。
あなたの仕事の目的は、
何ですか。
何のためにあなたは日々、
働いているのですか。駕籠に乗る人、
かつぐ人、
そのまたわらじをつくる人。駕籠かき、
駕籠に乗らず。

江戸時代、
公的交通機関のひとつであった駕籠屋という職業は、
明治維新の後、
消えてなくなりました。

江戸時代の終わり頃にタイムトリップして、
私は、駕籠屋さんに質問しました。

「あなたの仕事は、何ですか」

若い、たくましい駕籠かきが答えました。
「駕籠をかついで走ることです」

別の若い人が答えました。
「お客様を運ぶことです」

この人は、明治時代に入ると、
鉄道業を興しました。
かついで走る人のことは、
いまや誰も知りません。

時代の潮流に適応していくことは、
何にもまして必要です。
しかし、時代適合するためにこそ、
私たちはいつも、
自問しなければなりません。

私の仕事は、
何だろう。
つきつめて考えると、
私が毎日やっていることは、
いったい何だろう。
私たちの仕事の目的は、
何だろう。
何のために私たちは日々、
働いているのだろう。

私の次は、「勝ち組店長発表」。
3人の実務者からの報告。
まず㈱サンシャインチェーン本部ベルティス店店長
山本洋志さん。
サンシャイン
イオンモール高知に隣接した新店「ベルティス」店長の奮闘。
「高質スーパー」づくりの具体的なポイントが、ありありと語られた。
山本店長の最後の言葉、
「イオンさんとは共存共栄できる」
みなぎる自信と、それを支える実績が、この言葉を語らせた。

二番目は、ヤマダストアー㈱取締役青山店店長
山田和弘さんの元気な報告。
姫路に本部を置くマックスバリュ西日本の、
セブン-イレブンのようなドミナントに囲まれ、
さらにそこに割り込んできた多数の競合店を、
果敢に迎え撃つヤマダストアー青山店。
過去の成功体験を捨て、
6つの「NEWへのチャレンジ」を敢行した、その志が光った。

三番目は、㈱文化堂第二店舗運営部部長
鈴木俊昭さんの報告。
文化堂
東京・豊洲での、あおきスーパーの出店を、
迎え撃つためのプラン・ドゥ・チェック・アクション。
あおきスーパー豊洲店は昨年のストア・オブ・ザ・イヤー受賞店舗。
「A日記」の存在が、印象的だった。
鈴木さんも「あおきスーパーさんと共存共栄できる」と結んだ。
むしろ学び続け、競い合い続けることで、
自ら成長し、進化し続けるとの決意表明。
お見事。

さて、最後は、水元均さんの基調講演3。
水元均
「ずばり教えます!“勝ち組”スーパーマーケットになるにはこうしろ!」
1.直近の「食品値上げ」対応
2.これからのマーケット状況分析とその対策
3.今後の“勝ち組”のキーワード

かくて、新春特別セミナーは無事終了し、
日本経営コンサルタント指導先グループ企業の
「最優秀部門担当賞」授賞式に移る。
商人ねっとセミナー2
私が、お呼びかけして、参加してくださった皆さんは、
ちょっと驚かれたかもしれないが、
こういう表彰式やイベントをやって、
自らモチベーションを高めるグループがあることを、
知っていただければ、幸いだ。

第2部は、新年賀詞交換会とパーティ。
シャンパンで乾杯の後、
ここでも多くの人と名刺交換をし、意見交換をした。

充実した一日だった。
すべての人に感謝したい気持ちでいっぱいだ。

<結城義晴>


5 件のコメント

  • 結城先生、ご講演ありがとうございました。
    参加されたみなさんもすごく「勇気」づけられ、「勉強」になったことでしよう。
    結城先生、商人舎のスタッフさんと出会えて、ほんとうに良かった。
    これからも、コラボレーションさせてください。
    「得体の知れない」提案をこれからもどんどんさせていただきますので・・・・・。
    よろしくお願いします。
    最後に、この結城先生のブログから、お申し込みいただいたみなさま。
    いかがだったでしようか?
    お役立ちできましたでしようか?
    少しでも、お役立ちできらなら、とても幸いです。
    結城先生、商人舎のスタッフさん、ありがとうございました。
    多謝☆

  •    商人伝道師さま。
       おめでとうございます。
       素晴らしいセミナーと賀詞交換会でした。
       すべての参加者の心に、勇気と元気がもたらされ、
       すべての受講者の頭に、明日の指針が示された。
       そんな気がします。 
       2年前が360名で、今回が600名。
       その先に3000人、6000人、
       そして3万人、6万人の人々が待っていることを
       想像しながら、日々、励みましょう。

  •    酒バイヤーさん、お会いできなくて、残念。
       それとも、ご挨拶したのかな?

  • 結城先生、申し訳ございません。
    賀詞交換会の会場で、遠巻きに結城先生や水元先生のお姿を拝見していたのですが、あまりの人で圧倒されてしまい、近づく勇気、お声をかける勇気が・・・。
    本当に申し訳ございません。

    マダマダです。 修行を積んで出直します。
    その時は、皆様を押しのけてでも前に進み主張します。
    よろしくお願い申し上げます。

    追伸:結城先生のブログで先生からお声をかけていただき、   素直な気持ちでうれしいです。
       ありがとうございます。・・・感謝、感謝、感謝。

  •    本当に残念。お会いしたかった。
       でも次の機会を楽しみにしましょう。
       昔々、菓子のタカラブネ創業者の野口五郎さんが、
       語っていました。
       商業界創始者の倉本長治先生が、
       偉い先生方と輪になって、話し合っていました。、
       若い野口さんがもじもじしていると、
       「君も仲間なんだから、ここにきて話に入れ」
       そう言われたそうです。
       勇気を出して、中に入って、話を聞いているだけで、
       自分にも何かやれる、と自信がわいてきた。
       タカラブネはこうして創業されました。
       だから、酒バイヤーさんに贈りましょう。
       「今日も一日、元気と勇気」
       次の機会には、頑張って。
       仲間なんだから。
       

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.