結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2008年01月18日(金曜日)

サミットストア権太坂スクエア店ビジュアルスタディ

1月11日、オール日本スーパーマーケット協会(AJS)の店舗クリニック。
舞台は、昨年7月21日オープンの、
サミットストア権太坂スクエア店。ファサード
横浜市保土ヶ谷区、国道1号線沿い。
箱根駅伝の花の2区で、死闘が繰り広げられるあの権太坂。
私には、1991年、早稲田大学の櫛部静二選手がこの坂を登りきったあと、
急に朦朧とし始めた光景が蘇る。

しかしサミットの店は、朦朧とはしていない。
くっきりとしている。

売場面積754坪、バックヤード面積368坪。
総敷地面積2339坪。
2階に、家電のコジマ、
1階、レジの前にはハックドラッグが入っている。

今日は、この上出来の店を、
ビジュアル紹介する。

「知恵の共同仕入れ」を旗印にするAJSの、
その「知恵」の結集がサミットストア権太坂店に表現されている。

まず、店舗入り口。
七草が終わると、節分をイメージさせて、
「劇激変」を試みる。
この入口のあたりの照度を抑えたところが、
とても良い。

入口から1
入口正面には、特売ボリューム陳列。
「安さ」を前面に出す。
入口から3

卵1パック90円。
サミットは、ハイカラなイメージをつくりあげ、
中の上あたりにスポットを当てたように見える店だが、
それが実は、地域一番のマスを相手にすることになる。
だから「低価格」を主張するところは、大胆に主張する。
卵

そして青果部門を望む。
このくらいの暗さがよい。
入口から2

商品が浮き立つ。
トマト売り場も御覧の通り。
トマト

キャベツ売り場もキャベツの芯がそろえて陳列されると、
商品が訴えてくる。
キャベツ
何かと、「言葉」の多いスーパーマーケットが増えたが、
何よりもまず商品自身が語りかけなくてはいけない。
そしてそれを補完するのが言葉による情報である。

ネギの平台陳列。
これも同様。
「商品が語る」
ネギ

この店では、「地場野菜」を充実させた。
神奈川は野菜の産地である。
地場野菜

 

鮮魚売り場は、アイランド方式で、「調理承り」。
名づけて「お魚キッチン」。
鮮魚
スペース効率、人件費効率など、
批判の向きもあろうが、
それを上回る顧客満足と粗利益高が生み出されれば、
むしろ効果は高い。
「効率より効果」である

鮮魚部門では、特にマグロ売り場を強化。
マグロ
顧客を吸引する力抜群。

お肉の下ごしらえコーナー。
この丁寧な説明の入ったコーナーがいい。
丁寧な説明は、それだけで「差異性」を表現している。
ハンバーグ
半調理品など。
コーナーをはっきりととって、
わかりやすい売り場づくりだ。

ステーキ半額セールを展開。
ステーキ
生鮮食品の圧倒的な売り込みの時には、
①価格を思い切って下げる。
②品質・グレードを普段より落とさない。
③デモンストレーターをつけて積極試食販売にかける。
この三つ。
そして食べてもらう、
買ってもらう。

ハム
地場の相模ハムの平台展開も同様。
デモンストレーターをつける。

店舗中央を走る冷凍食品売り場。
冷凍食品
床の「ウェット・ルック」はアメリカの優秀スーパーマーケット並み。
床がぬれたように輝くこと。

いかが?
サミットストア。

<前編はここまで、後編は結局月曜日に続くことに。お許しを。結城義晴>


1 件のコメント

  • 突然のメールで申し訳ございません。
    私、大原学園広報営業本部中山里美と申します。
    本日は、お願いがありメールをさせて頂きました。

    当校では、高校生や学生の販売に関する教材作成しております。
    参考資料として、2008年1月18日ブログに掲載されている陳列の
    写真(平台・アイルランド)を使用させて頂く事は可能でしょうか。
    急なお願いで申し訳ございません。
    ご検討をお願い申し上げます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会<第17回>2020年7月7日(火)~9日(木)<第18回>2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.