結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2010年10月13日(水曜日)

チリ鉱山落盤事故救出劇とオウンス・ハウスでのつかの間の休息

チリ北部コピアポ近郊の
サンホセ鉱山落盤事故救出劇。

救出用カプセル「フェニックス(不死鳥)」が、
地中に下ろされ、
そして地上に姿を見せた。

地下700mから69日ぶりに地上に引き揚げられた作業員たちは、
出迎えた家族やピニェラ大統領と抱き合って喜んだ。

現代の奇跡のように見えるが、
このリーダーはピーター・ドラッカーの信奉者だった。

2カ月余りの地下生活。
その苦境を救ったのはドラッカーの目標管理だった。

日本もそうだろうが、こちらでも、テレビ中継が流れっ放し。
世界中がこの奇跡を見つめた。
人間は、凄い。
ところで私の欧米の旅は中間地点で一服。

昨日から、ロンドンの郊外、
ケンブリッジのそばのバリー・セント・アダムスへ。

午後5時ころ、
ヒースロー空港から、
車で2時間余り。

真っ暗な中に見えてきた民宿。

dscn8547-3.jpg

オウンス・ハウス「Ounce House」。

dscn8568-3.jpg

1970年ごろに建てられた立派な商家がホテルとなっている。
広大な庭園とアンティークな調度が売り物の五つ星ホテル。

dscn8544-3.jpg

3階建ての家から暖かい光が漏れる。

dscn8543-3.jpg

居間は、瀟洒なつくり。

dscn8542-3.jpg

もちろん重厚な暖炉もある。

dscn8560-3.jpg

キッチンも典型的なイギリス中流階級の家庭的なつくり。

dscn8550-3.jpg

玄関から2階へ。

dscn8559-3.jpg

2階に宿泊の部屋がある。

dscn8558-3.jpg

さらに3階に登る。

dscn8556-3.jpg

そこが私の部屋Yoxford。

dscn8555-3.jpg

窓辺。
くつろげそうな暖かな色調のいい部屋だ。

dscn8552-3.jpg

ベッド回り。

dscn8551-3.jpg

そしてバスルーム。

dscn8554-3.jpg

バスルームには、明かりとりの窓がある。

dscn8553-3.jpg

夕食は、近所のレストランへ。

dscn8562-3.jpg

普通のイギリス人の生活がある。
海外を飛び回っていると、こうした風景にほっとする。

dscn8565-3.jpg

ビールを2杯と赤ワイン・グラス1杯。
そして前菜はイカのフライ、
メインはポーク・チョップのソテー。
素朴でしっかりした味。
イギリス人は味音痴などというが、
とんでもない。

素朴な民衆の味にこそ、
国民性が出ている。

それがうれしい。

ご一緒している方々。

dscn85643.jpg

真ん中が、㈱マックスバリュ西日本の藤本昭社長。
私の隣が同じくマックスバリュ西日本取締役SSM事業本部長の渡辺哲久さん。
藤本さんの隣は、㈱寺岡精工取締役の片山隆さん。
片山さんは、現在、フードインダストリーシステム事業部長を務めるが、
海外事業のキャリアが長い欧州小売業の専門家。
そして、その隣が寺岡精工神戸営業所長の中川悦明さん。

アメリカ、イギリス、フランス。
そしてポルトガルのスーパーマーケットの話題。
チェーンストアのあり方。
議論百出。

一夜明けて、オウンス・ハウス。
キッチンの窓から庭がみえる。

dscn8569-3.jpg

この庭が、女ご主人の自慢。
イギリス人はガーデニングを生きがいとする。
それが良く表現されている。

dscn8570-3.jpg

朝の居間も心地よい。
私はここで、ブログを書いた。

dscn8571-3.jpg

そして女ご主人のジェーン・ポートさん。

dscn8572-3.jpg

お手製のイギリス式朝食は絶品だった。
ありがとうございました。

異国の地でのつかの間の休息。

dscn8573-3.jpg

オウンス・ハウスに、心から感謝。
皆さんありがとうございました。

<結城義晴>(つづきます)


3 件のコメント

  • 素敵なホテルですね。
    多忙な日々を過ごされている結城先生にとって、
    つかの間の休息ですね。
    ご自愛のほど。

  • ほんとうに心が落ち着きました。
    有難いことです。
    「また、行きたいですね」と、
    ご案内くださった片山さんにお願いしました。

  • チリ北部コピアポ近郊のサンホセ鉱山落盤事故救出劇の背景にドラッカーが!!―【私の論評】私の危機も救ったマネジメント論の良い事例がまた増えた?

    ブログ名:「Funny Restaurant 犬とレストランとイタリア料理」

    こんにちは。チリの落盤事故、全員救出です!!この救出劇の地下のメンバーのリーダー”ルイス・ウルスア氏”は、あの経営学の大家、ドラッカーの信奉者だったそうです。ドラッカーのマネジメント論が、この救出劇にも関係していたなんて、ドラッカー好きの私としては、大きな喜びであり、ますます、傾倒してしまいました。そうして、様々な分野の人がドラッカーの考えを知り、それを自らの仕事に適用して大きな成果を上げてもらいたいと思います。この救出劇をみていて、その想いを今まで以上にますます強くしました。私のブログでは、ドラッカーの理論が今回の救出劇においてどのような役割を果たしたのか、詳細に解説しました。詳細は、是非私のブログをご覧になってください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2019年の開催研修会
  • ハワイ・オアフ小売視察研修ツアー ビギナーズコース2019年9月5日(木)~9月9日(月)<3泊5日>開催場所:アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2019年の開催予定
  • 商人舎2019年 ミドルマネジメント研修会2019年9月10日(火)~9月12日(木)開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.