結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2014年01月28日(火曜日)

日経ビジネス「イオン、飽くなき拡大欲の正体」と「正直な商人」

朝から東京タワーを拝む。
20140128190751.jpg
昨日は富士山を拝み、
今日は東京タワー。

毎日、拝んで、
坊さんみたい。

それでも大きなもの、高いものを、
見上げてから、まっすぐに視線を戻すと、
拝んだような形になる。

ふしぎだ。

昨日は大阪。

新大阪に着いたらすぐに、
㈱万代巽北店へ。
20140128192158.jpg

月刊『商人舎』2月号の取材。

楽しみにしていてください。

下岡太市常務にインタビュー。
巽北店の長内隆店長、
フロントエンド部シニアマネジャーの利重まりさんも、
同席して質問に答えてくれた。

心から感謝。

取材が終った頃、
加藤徹社長も顔を見せてくれて、
下岡さん(左)、利重さんと一緒に写真。
20140128192213.jpg

加藤さんは、売り場の欠品の状態や、
店舗入り口、サービスカウンターのあり方など、
実に細かくチェックして、指示を出す。
20140128192228.jpg
こまかく、
きびしく、
しつこく、
なかよく。

今年の商人舎標語だが、
この言葉は、加藤さんの動きそのものだ。

さて今日は、東京・大門。
カスタマー・コミュニケーションズ㈱へ。
毎月の取締役会。
私はこの会社の非常勤取締役。

時々刻々、
新しい政策が打ち出される。

そのスピード感が、
CRMを活用して、
売り場や商品を活性化する機能を、
充実させる。
CRMはもちろん、
カスタマーリレーションシップマネジメント。

ここでも、
こまかく、
きびしく、
しつこく、
なかよく。

さて、『日経ビジネス』の最新号。
特集はイオン。
「飽くなき拡大欲の正体」。

ネットの最新号の紹介では、
「イオンの野望」となっているから、
企画段階では「野望」のタイトルだったのだろう。

最終段階で、
「イオン 飽くなき拡大欲の正体」となった。

あくまでも私の推測だが。

記事のタイトルは、
・増殖するイオニスト
・空白地を埋め尽くせ
・地方を背負う責任とリスク
・変革のDNA埋め込む
・譲れぬアジアの覇権

さすが日経ビジネスだ。
面白く書かれている。

最後は岡田元也社長インタビュー。
ここで「拡大欲の正体」が明らかになるはず。

副題が付けられている。
「変化できなければ、滅びる」。

しかしこの見出しの言葉だけとらえると、
鈴木敏文さんそっくり。
セブン&アイ・ホールディングス会長。

イオンとセブン&アイ、
このタイトルでは、
両者の差異が分からない。

岡田さんは、
企業が巨大化することによって、
官僚化が生まれると指摘する。
だから組織のダイナミズムこそ、
最も重要なことで、
そのために企業内起業家を育てる。

「成長しないでいいと
言える企業はないでしょう。
問題は成長の仕方」

「拡大し過ぎてそれがもとで
失敗している会社もあるし、
成長がないために
固まって腐っちゃうケースもある」

「イオンの人間は基本的に
変化が好きです。
安定的な方がいいと思う人は少数派で、
ずっと同じことが続く方が耐えられない」

昨年春の入社式で、
岡田社長がスピーチしたこと。
日経ビジネスの記事には書かれていないが、
すごくよかった。

「イオングループに入社したみなさんには、
会社員ではなく、
商人であってもらいたい」

「お客様のために
自分たちは何をすべきなのか。
何をしなければいけないのか。
それをひたすら考え続けてほしい」。

「お客様第一において最も重要なのは、
何よりも正直であるということだ。
洋の東西を問わず、
これは普遍的なことだ」

今回の岡田元也さんのインタビューからは、
拡大欲の正体は見えなかった。

その意味で日経ビジネスの企画では、
「拡大欲の正体」は、
「変化への対応」とその危機感としかならない。

「野望」を描きたかったが、
答えは「正直な商人」だった。

しかし正直な商人たちこそが、
組織にダイナミズムを生み出すのだ。

〈結城義晴〉


2 件のコメント

  • 「アグリフーズ事件とノロウイルス感染」
    結城先生へ毎日のブログありがとうございます。
    昨日のNHKラジオで最近の「ノロウイルス流行の原因で「不顕性感染者」の介在が指摘されていました。不顕性感染者とはウイルスに感染しても発症はしていな人のことです。
    この発見には検便しかないそうで学校給食センター方式(直営方式)は毎月2回の検便が義務(罰則有り)づけられていて感染者は「0」ですが、委託方式(最近感染者を出した給食センター)では義務化はされいるものの罰則規定は無くメーカーの自主規制にまかされています。
    コールドチェーンの発達で1工場から何万食もの食品が人々にダイレクトに届く今日ほど、生産者には従前の何億倍もの注意喚起が求められていると感じました。

  • いまちゃん、ありがとう。
    今日のブログで、
    ちょっとだけ取り上げました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.