結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2014年04月15日(火曜日)

痛風治療とメルカドーナの奇跡、そしてカルフール・アルカンポ

日経新聞一面トップ記事。
「健康保険料、最高の8.8%」。

大企業の健康保険組合の話だけれど、
相次いで保険料を引き上げ、
2014年度保険料率が平均8.8%。
過去最高を更新。

一般に三保険といわれる、
失業保険、健康保険、厚生年金。

その保険料は月収に料率をかけた金額。
原則的には労使折半で負担し、
会社員は給与から天引き。

労使の契約で7対3もあれば、
100%会社負担という場合もある。

全国約1400の大企業健保組合のうち、
2014年度は500前後が、
平均0.2ポイント料率を上げる。

理由は高齢者医療制度への支援金増大のため。
その額、2013年度で3兆2000億円。

健康保険組合の赤字額は、
2014年度で3600億円強。

そこで政府は、
消費増税と保険料増額で対応する。

日本国民は消費税だけでなく、
保険料の増加で、
ますます苦しくなり、
さらに価格コンシャスは高まる。

小売りサービス業は、
それを受け止めねばならない。

さてバルセロナ2日目。

突然、痛風の持病が発症。
右足親指の付け根が、
赤く腫れて、ズキズキ痛む。

バルセロナ到着の夜に痛みだし、
何とか2日目の視察をこなすも、
痛みはよくなるどころか、
ますますひどくなる一方。

私の痛風体験の最初は2005年。
㈱商業界社長就任2年目。
連日連夜、会社改革に明け暮れて、
激務とストレスが溜まって発症。

このときは松葉づえをついて会社に通った。
休んではいられなかった。

第2回目が2010年10月末。
商人舎を発足させて2年。

立教大学大学院・結城ゼミ、
第2期生の秋の仮提出前合宿初日のこと。

この時も、米欧出張が2週間を超え、
コーネル大学RMPジャパン第3期を、
立ち上げたばかり。

さらに10月末の29日・30日には、
「関東16店駆け巡り」研修会。

これらはみんな、
このブログに記されていて、
結城義晴闘病記録となっている。

忙しい日々を送るとその結果、
食事は不規則になる。
食べる量は増え、
食べる内容もこってり系になる。
運動不足にも陥る。

今回は三度目の消費税ならぬ、
三度目の痛風。

前回は左足親指付け根で、
今回は右足親指付け根。
第1回目は覚えていない。

夕方、タクシーを飛ばし、
市内の「HOSPITAL CIMA」へ。
20140415131004.jpg
スペインの医療機関は約8割が公立。
私が行ったのは、
残る2割の中に入る私立病院。

スペインの社会保障保険制度は、
加入者の公立病院の診療費は無料となる。
たとえ違法の移民であっても。

薬はすべて病院で処方され、
ドラッグストアで購買するが、
これも大幅に割引された価格。

ただし、無料の公立病院は、
たいへん混雑している。

私立医療機関は空いていて、
医療内容も充実。

私はその空いている私立病院へ。
急患用の入り口はこちら。
20140415131150.jpg

地下に通ずる入り口。
20140415131226.jpg

地下に降りると案内版。
20140415131322.jpg

病院内の通路。
20140415131412.jpg

受付でパスポートを提示。
20140415131505.jpg

患者の手首には、
紙製の腕輪がまかれる。
20140415131624.jpg

バーコードが記載されている。
20140415131650.jpg

そして急患待合室。
オレンジやグリーン、ブルーの椅子が並ぶ。
20140415131827.jpg

私も待機。
20140415131741.jpg

持っているのは診察用の受付シート。
20140415131933.jpg
私の受付番号はYY0147。

壁には掲示板。
20140415132030.jpg

そしてYY0147の表示。
すぐに呼び出された。
20140415132100.jpg

待合室から診療室へ。
20140415132156.jpg

このベッドに寝かされて
ドクターの診療。
20140415132239.jpg
まず男性の看護士がやって来て、
ヒアリングを受け、
その後で女性のドクター。

ビニール手袋をはめて、
患部をちょいちょいと触って、
すぐにゴミ箱に手袋を捨てた。

それで診察終り。
痛み止めと尿酸の結晶を溶かす薬。
それらの処方箋をもらい、
100ユーロ也。
20140415132418.jpg

足は傷むが、いい経験をした。
現地コーディネーターのセニョール・ムッタには、
たいへんお世話になった。
20140415132526.jpg

ムッタさんが薬局を2軒回って、
薬を買ってきてくれた。
20140415190518.jpg
上が2ユーロ、下が6ユーロ、
合わせて8ユーロ。
安い。

夜は薬を飲み、
足を氷で冷やして、
おいしいものも我慢して、
横になりながら仕事。

おかげさまで、
ずいぶんはかどった。

さて、そんな右足の痛みを、
引きずりながらの一日。
朝から充実した視察だった。

バルセロナ視察の主目的は、
メルカドーナ。
20140415133048.jpg
通訳はセニョール・ムッタ。

広報ディレクターのジョアン・ジリさんが案内役。
20140415133409.jpg

店内を巡りながら、
メルカドーナの新しい施策を解説してくれる。
20140415133227.jpg

青果売場ではわれわれのために
スイカとオレンジの試食を用意してくれた。
20140415133457.jpg

これが実に甘くておいしかった。
20140415133559.jpg

整然と片づけられたバックヤード。
毎日必要な量が納品されるため、
在庫量は驚くほど少ない。
20140415133626.jpg

店内ツアーを終えると、
場所を隣のホテルに移して、
さらに質疑応答。
20140415133822.jpg

隣の女性は、
バレンシアから駆け付けてくれたバルバラさん。
青果ディレクター。
20140415133943.jpg
私が記者会見の筆頭質問者の如くして、
1時間以上のインタビュー。

メルカドーナのユニークな経営の本質が、
次々に明らかになる。
20140415134432.jpg

団員も熱心に耳を傾ける。
20140415134528.jpg

メルカドーナは取材を受けない企業として有名。
だから、団員たちからも質問が次々に飛ぶ。
20140415134708.jpg

これまでにないほど、
実にいいインタビューだった。
20140415134739.jpg
想像を絶する経営だった。
そしてそれがシンプルに徹していた。

店を見るだけでは、
絶対にわからないメルカド―ナの奇跡。

ジョアンさんやバルバラさんを囲んで、
店の前で記念写真。
20140415134910.jpg

ジョアンさんからは
メルカドーナの企業概要をもらった。
バレンシア語だけど。
20140415135021.jpg
ナイスガイで優秀なジョアンさんに、
心から感謝。

この内容は、
月刊『商人舎』か、
商人舎Magazineで。

残念ながら、ブログでは公開しない。
読者になってください。

凄い内容のインタビューです。
目から鱗です。

そして興奮のうちに、次の視察店へ。
ボックスストアのディア。
20140415135141.jpg

店内奥は核売場の冷凍食品。
20140415135234.jpg

そして再びメルカドーナへ。
闘牛場跡のフラッグシップ店。
20140415135339.jpg

円形のファサードが特徴的。
月刊『商人舎』11月号で紹介している。
20140415135436.jpg

インタビュー後の視察だから、
売場の各所の施策がよくわかる。
だから団員も一層熱心になる。
20140415135543.jpg
昼食はこの闘牛場ショッピングセンターで。

そしてアルカンポ。
フランス・オーシャンがスペインで展開する、
ハイパーマーケット。
20140415171717.jpg

箱型ショッピングセンターの核店舗。
地下1階が食品売場。
20140415171734.jpg

ワインとリカー売場が、拡大されている。
20140415171751.jpg

次に、車で10分ほどのショッピングセンター。
そこにカルフールが入っている。
20140415135752.jpg

こちらのショッピングセンターは最新型。
カルフールはフランスの香りを前面に出して、
核店舗の役割を演じようと必死。
20140415135851.jpg

1階が食品売場。
20140415172233.jpg

対面の精肉売場。
20140415172411.jpg
アルカンポもカルフールも
月曜の午後は閑散としている。

昨日の日曜日、
小売業は休日。
休日明けの月曜なのに、
客の少なさが気になる。

スーパーマーケットのメルカドーナは
2店舗ともに客が入っていた。

ハイパーマーケットとスーパーマーケット。
両業態の違いがくっきりと出た視察だった。

その後、ホテルに帰ってから、
さらに病院へ。

メルカドーナの奇跡を、
またまた新たに感じとった。
そのご褒美と反動のごとき痛風。

どちらにも感謝。
(つづきます)

〈結城義晴〉


2 件のコメント

  • 結城様

    痛みは治まりましたか?

    痛風が三回目 小生と一緒だね。これは、直しようがないね。

    小生は、2004年、2009年、2012年 だんだん間隔が短くなっているが、忘れた頃にやってくる。(またそろそろかな)

    痛くなるのは、小生はいつも左足親指です。しかも必ず酒の強い友人達(大学・中高の仲間)と飲んだ翌日の朝です。従い、海外で
    なったことは、ありません。

    (3回目は昔貰った在庫の薬で、医者に行かずに治療しました。)

    来週S学院の卒業生の会に行きます。(26日15時から)
    酒好きの友人達との語らいが楽しくもあり、恐ろしくもあります。

    海外の病院は何回が経験がありますが、注射器と薬剤を渡され、自分で注射したこともありあました。(@南米アルゼンチン)

    参考まで あるWEBより)

    痛風になりやすい人の性格には共通点があることがわかっています。

    それは、

    ・何事にも積極的

    ・活動的で行動力がある

    ・指導力がある

    ・自己主張が強い

    ・物事に意欲的に取り組む

    ・周囲に対し攻撃的

    ・責任感が強い

    ・有能

    その他 最大の要因は遺伝らしい。

    以上

  • 藤田 滋さま、ご投稿感謝します。
    三度目で、何とか治しました。
    そのごのスケジュールが詰まっていたので、
    必死で治したという感じです。

    しかし、いい経験をしました。

    今後、気をつけます。
    ありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.