結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2020年01月09日(木曜日)

孔子の「君子・小人」とAJSパネル討論会の「製配販連携」

カルロス・ゴーン元日産会長。
レバノンでの記者会見。

ああああ。

唯一、許されて会見場に入ったのは、
テレビ東京の記者。
もう少しでいいから、
流ちょうな英語を使ってほしかった。

朝日新聞一面「折々のことば」
第1693回。

子曰、過而不改、是謂過矣
(孔子、『論語』(金谷治訳注)巻第八・衛霊公第十五から)

「子の曰(のたま)わく、
(あやま)ちて改めざる、
(こ)れを過ちと謂(い)う」
51XXSY304QL._SX332_BO1,204,203,200_

「人はよく過つ不完全な存在。
人の評価はむしろ
過ちと知った後の

身の処し方で決まる。
そこをこそ過つな」

編著者の鷲田清一さんは多分、
カルロス・ゴーンに向けたのだと思う。

「過てば則(すなわ)ち
改むるに憚(はばか)ること勿(な)かれ」

間違ったことをしたら、すぐに、
躊躇せずにそれを改めよ。

孔子の弟子の子夏(しか)。
「小人(しょうじん)の過つや、
必らず文(かざ)る」

「文る」とは言い繕い粉飾して
躱(かわ)そうとすること。

昨日のレバノンでの記者会見を見ると、
ゴーンは小人だったということが鮮明。
51-kfAaZN6L._SX338_BO1,204,203,200_

子曰、君子喩於義、小人喩於利。
「子の曰く、
君子は義に喩り(さとり)、
小人は利に喩る」

君子は正しい道や正義を知っているが、
小人は利益を追いかける。

とくに小人は、
自らそれを戒めねばならない。

さて今日は横浜みなとみらい。
横浜ベイホテル東急。

オール日本スーパーマーケット協会。
2020年新年トップ経営研修会。

最初に特別講演。
小池百合子東京都知事。
タイトルは、
「東京2020大会後を見据えた”未来の東京”」

小池百合子さんは同じ年で、
それだけの理由で頑張ってほしいと思うが
講演内容はつまらなかった。

今年は都知事選挙がある。
6月18日に告示され、
7月5日に投開票される。

だからもう少し、
気合の入った話をしたほうがいいが、
名簿で見れば700人だった参加者のうち、
東京都民は何人くらいいたのだろう。

ちなみに小池さんについてきたSPは、
舞台の左右に陣取って、
目立ったし、立派だった。

特別講演の後は、
パネルディスカッション。
テーマは、
「2020年スーパーマーケットのさらなる成長」
サブタイトルは、
「製配販の連携の可能性を探る」
DSCN92930

パネラーは4人。
まず加藤和弥さんと小林寛久さん。
加藤さんは加藤産業㈱社長、
小林さんはカゴメ㈱取締役常務執行役員。

それから岡秀夫さんと服部哲也さん。
岡さんは㈱関西スーパーマーケット常務取締役、
服部さんはサミット㈱取締役専務執行役員。

岡さんも服部さんも、
コーネル大学RMPジャパン修了生。
岡さんが「実行の三期生」、
服部さんが「伝説の一期生」。

コーディネーターは、
協会会長の田尻一さん。
前サミット㈱社長。
DSCN92950
正月らしい和気あいあいの討論会で、
最初のテーマは、
「豊かさとは何か」

それぞれに考え方を述べたが、
カゴメの小林さんが話したのは、
「コト消費からトキ消費、イミ消費へ」
DSCN9301000
「北海道余市トマトジュース」が完売した。
原料のトマトは10年がかりで開発した。
それが障がい者の雇用機会を創出し、
地域農業を元気にした。

こういった商品が密かにヒットする。

一方、スモールマス商品の「糖質オフ」は、
eコマースで31%のシェアをもつ。

現在の豊かさは大きな市場ではない。
そう、豊かさの本質は多様化です。

第二のテーマは、
「便利さについて」

関西スーパーの岡さんは、
スーパーマーケットの現場の視点から、
便利な店、便利な売場を論じた。
DSCN93080
サミットの服部さんが強調したのは、
「味、品質、簡便、即食などが、
一気通貫で統一されていること」

「その意味でヨコ連携や部門横断などが、
求められてくる」
DSCN92980

服部さんは将来の取り組みとして、
買い物代行や宅配サービスも挙げた。

加藤さんは「ストレスレス」を強調した。

第3のテーマは、
「製配販の連携の可能性」

コーディネーターの質問は、
3分の1ルールから、
2分の1ルールへの変更に関して。

サミットの服部さん。
「2分の1ルールに関しては、
全体の設計をきちんとして、
来年度からやっていこうと思います」

そして第4は、
「スーパーマーケットにしかできないこと」

服部さん。
「惣菜やベーカリーが重要になるが、
NBメーカーは業務用チームがやって来て、
“いかようにもできます”と言う。
だがスーパーマーケットの作業場で、
他にない商品ができるかどうかが大事だ」

加藤さんは、
「消費者のストレスだけではなくて、
お店のストレスをいかに解消するか。
それにいかにお手伝いできるか」
DSCN93060

最後のテーマは、
「5年後をどう考えるか」

服部さん。
「腹をくくって、何をするか。
ちゃんとしていない会社は淘汰される。
5年先がどうなるかよりも、
自分たちが何ができるか。
そこから逆算していかねばならない」

岡さん。
「5年後の変化に対処できるかどうか。
専門チームを編成して、
対応すべきだろうと思う」

加藤さん。
「食を楽しむためのスキルが薄れてきたが、
スーパーマーケットはそれを下支えし、
働きかけをしていってほしい」

「物流に関しては、
全体最適を目指さねばならない」
DSCN93139

小林さんが、
「フード・ライフ・バランス」を提案して、
ディスカッションをまとめた。
DSCN931790
このあと、新年の夕食懇親会。
その交流は明日のブログで紹介しよう。

人間は君子と小人の二つに、
区分されるものではない。

多くの人々、ほとんどの人が、
君子であり、同時に小人である。

そして時々君子になったり、
たまに小人になったりする。

カルロス・ゴーンを見ていれば、
それがよくわかる。

だからこそ、
強く意識しなければならない。
「君子は義に喩り、
小人は利に喩る」

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2019年の開催研修会
  • ハワイ・オアフ小売視察研修ツアー ビギナーズコース2019年9月5日(木)~9月9日(月)<3泊5日>開催場所:アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 第17回
    2020年7月7日(火)~7月9日(木)
  • 第18回
    2020年9月8日(火)~9月10日(木)

詳細は決まり次第、ご案内いたします

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
2020年1月
« 12月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.