結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2021年11月24日(水曜日)

「マロリーポークステーキ」と「CAMPFIRE」の企業家精神

横浜商人舎オフィス裏の遊歩道。IMG_89581

こんな街の中の歩道でも、
落葉樹は紅葉する。
IMG_89571

空気は澄んで空は青い。IMG_89561

遊歩道は近くの川まで続く。IMG_89531

新田間川。
IMG_89491

そして岡野町の交差点に、
新しいレストランがオープンする。
IMG_89431
(この場所は私の小学校の同級生の実家だった)

店名は、
「マロリーポークステーキ」IMG_89441
グランドオープンは12月1日。

巨大な豚肉の塊を食べさせる、
ポークステーキ専門店。

㈱57(ゴジュウナナ)の経営。
今野健二代表取締役社長。

㈱ブロケード社長を兼ねていて、
こちらはフリーペーパーを発行する。

今野氏はなにか、
面白いことをやりたがっている。

マロリーポークステーキは、
昨2020年11月、自由が丘に第1号店開業。
2021年4月1日、FC1号東戸塚店オープン。
この横浜の店は第3号店。

2キロの豚肉を真空低温調理で仕上げ、
提供時にオーブンで表面を、
カリカリのクリスピー状に焼き上げる。

コンセプトが面白い。
「高くて旨いは当たり前、
安くて旨いに価値がある」

昔々のイズミヤの歌に似ている。

ポークステーキ1本に絞って、
オペレーションを効率化し、
大量発注によって仕入れコストを下げる。

ディスカウントの定石。

ポークステーキ270グラム990円。
それが一番小さいポークステーキ「高尾山」。

「富士山」は450グラム、1590円。
「マッターホルン」700グラム、2390円。
「キリマンジャロ」1000グラム、3290円。
「エベレスト」1500グラム、4790円。

そして最大級の2000グラムは、
「オリンポス」で火星の巨山の名前。
5990円。

人を食ったネーミングも面白い。

店名に付いている「マロリー」は、
英国の登山家の名前からとられた。
ジョージ・マロリー。
37歳の時、エベレスト北壁で亡くなった。

「なぜ、あなたはエベレストに登りたかったのか?」
こう問われて、マロリーは答えた。
「そこにエベレストがあるから」
“Because it’s there.”
有名な逸話だ。
IMG_89451
素材の豚肉は「大麦仕上三元豚」。
iTi(国際味覚審査機構)で三つ星を受賞。

生肉から完成品まで72時間をかけて製造。

店は8席のカウンターと狭い。

しかし、この店は開業前に、
クラウドファウンディングに挑戦。IMG_89471

クラウドファンディング(crowdfunding)は、
群衆(crowd)と資金調達(funding)の造語。

不特定多数の出資者が、
経営者や会社に財源を提供したり、
協力したりすること。
「ソーシャルファンディング」とも呼ぶ。

2000年代に米国で始まった。
アメリカやイギリスでは、
資金集めの方法として、
一般化しつつある。

その日本の代表的なサービスサイトが、
「CAMPFIRE」
㈱CAMPFIREが2011年に創業。
家入一真代表取締役CEO。
kyannpufaiya
元SMAPの草彅剛を、
コマーシャルに使って、
「資金集めをはじめよう」と訴える。

マロリーポークステーキ横浜店は、
このCAMPFIREのサービスを受ける。

この店の目標金額は100万円とささやかだが、
その支援金で内装工事や厨房機器を整える。

支援金を出した顧客へのリターンは、
この店のポークステーキを、
通常価格より安く食べられる権利。

これも面白い仕組みだ。

さて、交差点の斜め向かいにある、
いきなりステーキ横浜西口店に対して、
ポジショニングを獲得できるか。
IMG_89461
面白い闘いだ。

しばらく、ウォッチしよう。

ただし私は、高尾山しか登れない。

さて今日は1日、
オフィスで原稿書きというか、
長編原稿の手直し執筆。
IMG_E89611
こんな本を資料にしている。
ご期待ください。

しかしマロリーポークステーキといい、
CAMPFIREといい、
日本の若い経営者たちには、
エネルギーが充満している。

面白いことをやりたがっている。

それはとてもいいことだ。

ピーター・ドラッカー著、
『イノベーションと企業家精神』
もちろん故上田惇生訳で1985年発刊。
41ztaIhfeWL._AC_UY436_QL65_
この中でドラッカーは述懐する。

「成功したイノベーションは、
驚くほど単純である」

「まったくのところ、
イノベーションに対する最高の賛辞は、
“なぜ、自分には思いつかなかったか”である」

コロンブスの卵か、
マロリーの答えか。

納得。

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.