結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2015年06月24日(水曜日)

第48回日本小売業調査と万代ドライデイリー会の欧州報告講演

日経MJの第48回小売業調査。
私は毎年、この調査を待っている。

売上高1位はイオンで、
7兆0786億円。
第2位はセブン&アイ・ホールディングス、
6兆0389億円。

両雄。
売上げは1兆円の差がついた。

しかし経常利益は、
セブン&アイが3415億円で、
イオンは1525億円。
これは2倍以上の差がついた。

第3位がヤマダ電機で、
1兆6643億円。
前年比マイナス12.1%。

そして第4位にファーストリテイリング。
三越伊勢丹ホールディングスを抜いた。
年商1兆3829億円。
21.0%の成長。

昨年8月決算時点で、
既に4位は確実だった。

1972年(昭和47年)に、
ダイエーが三越の売上高を抜いた。
これは歴史に残る転換期だった。

それでもダイエーは総合品揃えだった。

ファーストリテイリングはアパレルのみ。
それが三越伊勢丹を抜いた。

これも歴史的な転換期を示す。
もっともっと強調されてよい。

ファーストリテイリングは、
経常利益でも1354億円。
売上高営業利益率9.4%。

セブンが5.7%、
イオンは2.0%。
ヤマダは1.2%。

第5位の三越伊勢丹は、
年商1兆2721億円。
経常利益は346億円。
営業利益率は2.6%。

第6位はJフロントリテイリング、
1兆1495億円、
第7位はユニーグループ・ホールディングスで、
1兆0190億円。

ここまでの7社が1兆円企業。

ただし、ユニーグループは、
ファミリーマートに統合される。

第8位は高島屋で9125億円。
第9位はH2Oリテイリングで8448億円。

第10位はアマゾン・ジャパン、
推定年商8400億円。

アマゾン・ジャパンの売上推定など、
日経新聞しかできない。

その意味で、
私は心待ちしていた。

詳細は日経MJを見ていただくとして、
ランキングが上がろうと下がろうと、
顧客には関係ない。
自分の買物するこの1店が、
顧客には重要なこと。

だから店と売場と商品とサービスが、
顧客の方を向いて充実していることが、
なにより大切。

しかし働く人たち、
取引先の人たち、
株主、金融関係など、
顧客以外のステークホルダーにとっては、
動機づけにもなるし、
誇りにもなる。

日経MJの一面特集は、
イズミ、平和堂、フジの、
「地域総合スーパー」が、
売上げも利益も好調で、
全国総合スーパーが不調という内容。

私には、
「全国スーパー」、
「地域スーパー」
「地方スーパー」という用語が、
どうにも気になる。

業態とチェーンストアの種類の用語は、
アメリカやヨーロッパのほうが分かりやすい。

総合スーパーはハイパーマーケット、
食品スーパーはスーパーマーケット。

全国チェーンはナショナルチェーン、
地域チェーンはリージョナルチェーン、
地方チェーンはローカルチェーン。

もちろん英語でなくて日本語でもいいが、
不思議に英語の方が紛れがない。

業態とチェーンストアの分類マトリックスは6つ。

全国総合スーパー、
地域総合スーパー、
地方総合スーパー。

全国食品スーパー、
地域食品スーパー、
地方食品スーパー。

地方総合スーパーはかつてあったが、
現在は絶滅に近い。

全国食品スーパーは、
イオングループだけ。

さらに厳密に言えば、
全国総合スーパーも、
イオンリテールだけ。

イトーヨーカ堂は地域総合スーパーだろうか。

そうするとイトーヨーカ堂も、
イズミ、平和堂、フジと分類が一緒になって、
この特集の論点はおかしくなる。

私の持論は、
ローカルチェーンの単位こそが、
チェーンストアにとって、
最重要戦略であるという点。

総合スーパーという業態は、
そのローカルチェーンの単位が脆弱だったからこそ、
地方総合スーパー絶滅現象が現れた。

さて、今日は朝から東海道新幹線。
しかし富士の姿は見えず。DSCN4174-5

このあたりにあるはず。DSCN4175-5
写真を撮っていたら、
車掌が寄って来て、
「残念ですねぇ」

それでも大井川は、
やはり気分がよかった。DSCN4178-5

新大阪から堺へ。
ホテルアゴーラリージェンシー堺。DSCN4180-1

万代ドライデイリー会。DSCN4182-1
1400人が参集した。

6月上旬のヨーロッパ視察勉強会。
その報告会。

まず、1班から8班まで、
チームごとに成果報告。

1班は魚の調査をして、
「万代の海産部門は世界一」と胸を張った。
DSCN4183-1

3班は万代の店頭をより強くする研究調査。
DSCN4192-1

各チームごとに、メーカー、卸売業、
そして万代の社員から構成されている。
よく調査研究され、よく議論されていて、
とてもいい報告ばかりだった。
DSCN4196-1
8班までの報告に熱が入って、
時間は大幅にオーバー。

その後、私の総括報告、90分。DSCN4202-1

テスコとメルカドーナを中心に、
両者のイノベーションを語った。
DSCN4207-1

とりわけ、業績悪化のテスコが、
オンラインビジネスとダークストアに、
独特の戦略展開を始めている点を強調。
DSCN4205-1
これは近いうちに、
総括論文を書こうと思う。

最初はヨーゼフ・シュンペーター、
最後はクレイトン・クリステンセン。
そして後進の先進性。DSCN4208-1
小難しそうなイノベーション論。
しかしテスコとメルカドーナが、
それを実践、実現していて、
分かりやすい。

ご清聴を感謝。

総括講義のあとは、
4つの分科会に分かれて、
報告会と方針説明会。

まず住関連部会。
DSCN4213-1

一番、参加企業が多いグロサリー部会。
DSCN4216-1

三番目はデイリー部会。
DSCN4219-1

最後に惣菜部会は、
幹部と写真。DSCN4222-1

その後、懇親会。

乾杯の挨拶と音頭は、
ケイ低温フーズ㈱社長の山名昇さん。DSCN4224-1

そして、乾杯。  DSCN4229-1

私は㈱万代社長の加藤徹さんと、
隣の席で食事と会話を堪能。DSCN4231-1

淡々と進んで、中締めは、
㈱日本アクセス大阪支店長の寺町豊さん。DSCN4232-1

三本締め。DSCN4240-1

ついでに万歳三唱。DSCN4241-1

ちなみに万代の小売業ランキングは41位。
売上高2964億円で前年比6.1%の伸長。

このドライデイリー会の勉強会も、
それに貢献している。

幹部・社員、取引先ともに、
その好調さに元気いっぱいだった。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.