結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2015年06月30日(火曜日)

明日7月1日、一般社団法人日本スーパーマーケット協会誕生!!

2015年6月最後の日。
ちょうど半分が終わる。

日本の消費と景気はどうなっているのか。
日経新聞『経済観測』
「百貨店から見る『真水』の消費」。

大西洋さんが解き明かす。
三越伊勢丹ホールディングス社長。
編集委員の田中陽さんが聞く。

訪日外国人によるインバウンド消費の特需。
驚くほどの盛況ぶりで潤う百貨店業界。

この特需を除いた“真水”の個人消費はいかに。

外国人購買力がなければ、
「一昨年の同じ時期と比べると
ぎりぎりプラスといったところだ」
大西さんはクールだ。

伸びているのは、
「主に富裕層が動いているからで、
中間層の消費については
まだ力強さはない」

所得や消費の「二極化」が言われる。
それは中産階級の崩壊を意味している。

さらに都市化現象も。
「手応えを感じているのは都市部だけで
地方にある店は大変、きびしい。
都市部と比較して販売実績の増減率の差は
3~5ポイントくらいの開きがある」

婦人靴は4万円、5万円、
それ以上が売れる。
「婦人服全体としては
10%くらい落ち込んでいる」

紳士スーツでも13万円前後は好調。

落ち込みの原因のひとつは、
「ネット通販やリサイクルショップの影響」

アメリカでは、
シアーズ、JCペニー、そしてコールズまで。
ディスカウント・デパートメントストアが、
極度に不振。

その理由はノーマル百貨店の、
オフプライスストアの隆盛にある。
もちろんEコマースにも奪われている。

さらに消費トレンドの変化は、
必要になる商品を前もって買うよりも、
『今着たい』『旬な時期に買いたい』
という傾向が強い。

しかしこの先の見通しは明るい。
その理由。
第1に「賃上げもある」。
第2に「インバウンド消費は
さらに存在感を増す」。

第3に「20年の東京五輪・パラリンピック」。

「心理的に明るい要素が
いろいろと織りなしながら
消費はいい方向に向かっていくだろう」

まあ、ご名答。

富裕層と都市部はいい。
百貨店の顧客層を中心にした見方。

問題は地方の中所得者層が、
活発な消費を展開してくれるか。

その地方と中間層に支えられてきたのが、
スーパーマーケット業態。

今日夕方は、帝国ホテルへ。
日本スーパーマーケット協会、
平成27年度通常総会の記念パーティ。

その帝国ホテルの前でバッタリ、
清野眞孝さんと出会った。
ヨークベニマル副社長、副会長を務め、
現在は同社常勤顧問。
大高善興会長の懐刀。
DSCN4521-5
清野さんとはもう30年のお付き合い。
こういう出会いは本当にうれしい。

そして17時から記念パーティ。
DSCN4545-1

日本スーパーマーケット協会は
明日の7月1日から変わる。
一般社団法人日本スーパーマーケット協会
業界団体としての役割と責任は、
ますます重くなる。

協会会長の川野幸夫さんが、
冒頭のあいさつで27年度事業方針を報告。
協会加盟企業の総年商は8兆円を超えた。

2017年の軽減税率導入には、
「業界のためというよりも、
国と国民のために、
断固反対」。
実にきっぱりと言い切った。DSCN4537-1
拍手、拍手。

この業界にとって極めて重要なスピーチの全貌は、
明日、商人舎magazineで報告しよう。

川野さんのあとに、
公明党の斉藤鉄夫衆議院議員が登壇。
DSCN4548-1

公明党は軽減税率を推進している。
だから、「私にあいさつをさせてくれる、
日本スーパーマーケット協会は懐が深い」と
会場を大いに沸かせた。

乾杯のあいさつは藤吉泰晴さん。
三井食品㈱社長。
DSCN4555-1

その後、懇親に継ぐ懇親。
小濵裕正さん、㈱カスミ会長。
ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス㈱会長。
DSCN4525-5

㈱成城石井社長の原昭彦さん。
月刊『商人舎』5月号で、
成城石井の強さを特集した。
IMG_1354-1
原さんはコーネル大学ジャパン奇跡の2期生。
ローソン傘下に入った成城石井で、
実にすごい仕事をしている。

㈱アークス社長の横山清さんを囲んで。
左は白鳥和生さんと私の隣は和田光誉さん。
白鳥さんは日本経済新聞社調査部次長、
和田さんは㈱SJ流通戦略研究所代表で、
私が座長を務める商業経営問題研究会メンバー。
IMG_1360-1
横山さんからは、
「後進の先進性」に関して、
貴重なアドバイスをいただいた。
感謝!

同じく商業経営問題研究会メンバー、
㈱ケノス代表取締役の小林清泰さん。
IMG_1347-1

エコスグル―プのトップの皆さんと。
右から㈱エコス社長の平邦雄さん。
同会長の平富郎さん。
㈱マスダ社長の木村幸治さん。
そして㈱たいらや社長の平典子さん。IMG_1356-1

㈱伊藤園トップの皆さんと。
私の隣から本庄大介社長、
江島祥仁副会長、本庄周介副社長。DSCN9735-1
右端はプラネット㈱会長の玉生弘昌さん。
玉生さんは一般社団法人流通問題研究協会の会長。

㈱紀文食品副会長の高市泰明さん。DSCN9736-1

㈱寺岡精工グループの皆さんと。
左は㈱テラオカ社長の高野公幸さん。IMG_1342-1

UIゼンセンの皆さんと。
右から流通部門事務局長の小暮弘さん、
書記長の松浦昭彦さん、
流通部門副事務局長の西尾多聞さん。DSCN9737-1

日本スーパーマーケット協会の事務方トップ、
専務理事の竹井信治さんと、
右は事務局長の江口法生さん。IMG_1345-1
本当に、お疲れ様でした。

そして会長の川野幸夫さん。
㈱ヤオコー会長。
IMG_1352-1
実に堂々たるスピーチだった。
わが小売業の代表として、
私は誇らしく感じた。

協会名誉会長の清水信次さん。
㈱ライフコーポレーション会長。
IMG_1364-1
数え90歳ながら、頭は明晰。
変わらずお元気。
日本小売業協会、日本チェーンストア協会、
国民生活産業・消費者団体連合会(生団連)、
それぞれの会長を務め、
スーパーマーケット協会では名誉会長。

昨年逝った私の父と同じ年。
故渥美俊一先生とも、同年。
本当に化け物級。

その清水さんから、
絶大なる信任を受けるのが、
ライフコーポレーション社長の岩崎高治さん。
IMG_1348-1

そして最後に、
その岩崎さんと川野澄人さん。
川野さんはもちろん、
㈱ヤオコー社長。
IMG_1367-1

ふたりの若い社長がタッグを組み、
現場にイノベーションを起こしつつ、
スーパーマーケット業界を牽引してくれている。IMG_1369-1
実に頼もしい。

彼らは年下だけれど、私、
心から尊敬している。

なんというか……、
将棋界の米長邦雄が、
羽生世代を尊敬していたごとく。

私は棋士でもないし、
米長級でもないけれど……。

中間層の消費停滞、
都市と地方の格差拡大、
そのうえスーパーマーケットには六重苦。

岩崎さんや川野さん、
平邦雄さん、典子さん、
そして原昭彦さん。

この世代の人々が、
きっと真摯に取り組んで、
問題を解決しつつ、
「国と国民のため」に、
大いに貢献してくれるに違いない。

もうすでにスーパーマーケットは、
百貨店のスケールを遥かに超える。

全百貨店の2014年年商は6兆2125億円。
この協会だけで2014年は8兆392億円。
食料品スーパー業界全体ではおよそ20兆円。

スーパーマーケットは、
日本になくてはならない、
インフラ産業である。

〈結城義晴〉

 

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.