結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2017年11月09日(木曜日)

New Yorkのウェグマンズ・アルディ・TJとホールフーズの変化

いざなぎ景気を超えた。
2012年12月に始まって、
今年2017年9月までの58カ月間、
日本の景気上昇局面が続いた。

いざなぎ景気は1965年11月から、
70年7月までの57カ月間だった。

それを抜いた。

そして戦後2番目の長期景気上昇となった。

そんな実感はまったくないけれど。

アメリカの景気上昇は、
2009年7月から8年を過ぎるし、
ドイツも9年近く連続して、
戦後最長を更新中。

イギリスは7年超、
フランスは約5年。

だから日本の景気が、
特別いいわけではない。

1 人あたりの名目賃金は、
この58カ月にたった1.6%増。
2014年の消費増税後に、
個人消費は落ち込んだ。

物価変動の影響を差し引いて、
実質賃金は、これも3%増に過ぎない。

そのうえ、2019年10月の消費増税。
10%に引き上げの予定で、
これは「19年問題」といわれる。

したがって、2020年、
東京オリンピック需要が一巡すると、
その先は読めない。

この読めない感覚が、
また消費を下押ししている。

何か、抜本的な改革はないか。
しかし、そんなものはあるはずがない。

むしろ考え方の問題だと思う。

今月の月刊商人舎に、
そのヒントがある。

さてアメリカでは、
ウォルマートが、
ホリデーシーズンに向けて、
どんな体制を組むかを発表した。

サンクスギビングデーの11月23日は、
祝日となるが、当日午後6時から、
店舗で「ドア・バスター」セールを始める。
「door-buster」は文字通り、
ドアを破壊するほどの勢いで、
顧客が押し寄せること。

1930年にマイケル・カレンが、
スーパーマーケットを発明した時、
「door-buster」のニュアンスを使った。

高額商品を期間限定で、
大幅値引きで売ること。

ウォルマートは、
ブラックフライデーの前日の夕方から、
ドア・バスターセールを展開する。

オンライン・セールは、
11月23日の12:01amから始まる。

ターゲットも感謝祭の日に、
午後6時開店、深夜12時まで営業。
翌ブラック・フライデーには、
早朝6時から開店。

さらにこの黒字の金曜日セール商品は、
感謝祭の朝から、
ターゲット・コムで注文可能。
しかも無料配達。

そのうえに、
この日に50ドル以上買い物をすると、
20%引きのクーポンが進呈される。
このクーポンは後日、使うことができる。

さてニューヨーク2日目は、
朝から二ュージャージーへ。

ウェグマンズ。
DSCN9453.JPG7

入口を入ると、
大きな門のようになっていて、
売場が見える。
DSCN9560.JPG7

パッと視界が開けると、
市場のような青果部門。DSCN9559.JPG7

この市場感がウェグマンズの特徴。DSCN9457.JPG7

青果の強いスーパーマーケットの代表。DSCN9489.JPG7

精肉ももちろん強力。
ハンバーガーパテのファミリーパック。DSCN9465.JPG7

鮮魚の対面売場。
DSCN9473.JPG7

ただし、このムール貝の、
「オーガニック」表示はいただけない。DSCN9474.JPG7

セルフデリは午前11時を目指して、
商品化作業に邁進中。DSCN9516.JPG7

グロサリーは、
コンシスタントロープライス。
つまりエブリデーロープライス。

コカ・コーラ2リットルが99セント。
これを1年間続ける。DSCN9496.JPG7

乳製品売場の卵と牛乳。
卵は3ダースが3.79ドル。
牛乳は1ガロン(3.8リットル)2.21ドル。DSCN9501.JPG7

このエリアの競合店との価格比較。
ショップライトとストップ&ショップ。DSCN9508.JPG7

冷凍食品売場の、
緑色一色のカラーコントロール。DSCN9510.JPG7

店舗の右翼には、
リカーショップが壁を隔てて、
展開されている。

そのリカーショップは、
圧倒的な一番店。
DSCN9539.JPG7

この店から新設されたコーナー。
「ザ・バーガー・バー」DSCN9536.JPG7

お薦めは10ドルの、
ブラック&ブルー・バーガー。DSCN9532.JPG7

(株)万代取締役の黒田久徳さんが購入。DSCN9540.JPG7

そして試食。
DSCN9541.JPG7
黒田さんはコーネル・ジャパン3期生。

私は1班の面々と、
ウェグマンズの中華デリをいただいた。DSCN9546.JPG7
万代取締役の芝純さんとビール軍団。
キリンビール、アサヒビール、
サントリービール、サッポロビール。
4大ビールメーカーから参加。

ウェグマンズは、
コモディティディスカウントと、
ノンコモディティの圧倒的品揃えで、
1店平均90億円を売る。

両極のマーチャンダイジングが、
ウェグマンズの地域一番店のカギを握る。DSCN9561.JPG7

そしてアルディ
DSCN9447.JPG7

ドイツから進出して、もう30年。
1900店のスケールになった。

その牛乳売場。
1ガロン3.59ドル。DSCN9434.JPG7

オーガニック青果の大展開。DSCN9441.JPG7

生鮮食品が急速に良くなっている。DSCN9442.JPG7

そして急遽、コカ・コーラの値下げ。DSCN9437.JPG7

2リットルを1ドル59セントから、
99セントに値引き。
ウェグマンズに合わせた。DSCN9436.JPG7
それだけウェグマンズの、
コンシスタントロープライスが、
すごいということ。

レジはスピーディ。
それがアルディのサービス。DSCN9444.JPG7

アルディの兄弟会社。
それがトレーダー・ジョーDSCN9576.JPG7

元銀行の建物に入居したすごい店。DSCN9577.JPG7

鶏肉のこの陳列量。
瞬く間に売れていく。DSCN9567.JPG7

豆腐もこの在庫量。DSCN9568.JPG7

天井は高い。
DSCN9572.JPG7

窓から光が入る。
DSCN9571.JPG7
今日、気がついた。
この店は大聖堂のようだ、と。

だからアメリカ人は、
この店にやって来て、
心安らかになる。

そして買物する。

だから繰り返し繰り返しやって来る。

レジは2列に並んで待つ。DSCN9566.JPG7

そして最後に3列に並んで、
順番のレジに行く。DSCN9573.JPG7

ストレスがまったくない。DSCN9575.JPG7
素晴らしい。

今日の最後はホールフーズ。
こちらもブルックリン。DSCN9578.JPG7

青果部門のバナナ売場は、
吊り下げ陳列。
DSCN9582.JPG7

鮮魚の対面売場、
最近、鮮度が格段に良くなった。DSCN9584.JPG7

対面の精肉売場。
DSCN9585.JPG7

Amazonと組んだディスカウント。DSCN9586.JPG7

こちらも+Amazonの卵売場。DSCN9587.JPG7
ただしそれを控えめに表示する。
その方がホールフーズの固定客には、
好感がもたれる。

素早い変更だ。

チーズ売場も相変わらず、良い。DSCN9589.JPG7

ラーメンのポップアップセール。DSCN9595.JPG7

しかし、アイスクリーム売場に、
霜が降りていた。
DSCN9602.JPG7
人員を削減した影響が出た。

ホールフーズを立て直すには、
目玉商品のディスカウントは必要ない。
現場の人員を回復させることだ。

私はそれを確信した。

屋上の無農薬菜園。DSCN9604.JPG7

そしてソーラーシステム。DSCN9608.JPG7

ホールフーズの環境店舗は、
相変わらず素晴らしい。
そこにホールフーズのチームメンバーが、
復活してくれば、それこそ鬼に金棒だ。DSCN9614.JPG7

1日の視察が終わって、
ブルックリン橋の下で、
全員写真。
DSCN9624.JPG7

自由の女神も夕焼けに映える。DSCN9628.JPG7

マンハッタン南岸も美しい。DSCN9629.JPG7

最後に私の提案でもう1店。

メイシーズ本店。
DSCN9630.JPG7

その目の前にオープンした、
ターゲット・フレキシブルストアDSCN9631.JPG7

1階はコンビニ。
DSCN9653.JPG7

そしてフレキシブルファッション。DSCN9655.JPG7

さらに土産物売場。
DSCN9652.JPG7

そして集中レジ。
セルフレジが3分の2ある。DSCN9632.JPG7

地下1階はコンパクトなフルライン売場。DSCN9637.JPG7

生鮮は青果・精肉など一部の品揃え。DSCN9639.JPG7

女性服売場には熟年用のマネキン。DSCN9646.JPG7

ドラッグストアは、
CVSファーマシー。DSCN9648.JPG7
なかなかに健闘。

ウォルマートが、
Manhattanに入ってくる前に、
ディスカウントストアとして、
シェアを高めておく作戦。

いかに。

すべてのスケジュールを終了させて、
夜はミュージカル。
IMG_3290.JPG7
キンキ―ブーツ。
Kinky Boots。

エミー賞はじめ各賞総舐めの、
ロングラン大ヒット作品。

入口の係員。
IMG_3292.JPG7

チケット。
IMG_3295.JPG7

1階のフロア。
IMG_3293.JPG7

舞台はイギリスの小さな町の靴工場。IMG_3297.JPG7
この靴工場を立て直すために、
「オカマブーツ」に専門特化する。
ニッチャー作戦。

そのための葛藤、愛情、誤解、
様々な問題克服の物語。

天井も美しい。
IMG_3298.JPG7

楽しみました。
IMG_3301.JPG7

感動しました。

日本でも日本人によって上演された。
人気を博したらしいが、
主人公は黒人でなければいけない。

いや、今日舞台に立った、
ビリー・ポーターでなければいけない。

また必ず見たいと思った。

外に出ると騎馬警官。
IMG_3304.JPG7
充実した研修、
楽しい観劇。

ニューヨークの夜は更けていった。
(つづきます)

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト商人舎magazine

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外 視察研修会
ミドルマネジメント研修会

ミドルマネジメント研修会in湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
マス・カスタマイゼーション

杉山昭次郎・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
2017年11月
« 10月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930 
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.