結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2018年10月01日(月曜日)

ノーベル賞受賞・本庶佑教授の「Age Shootがやりたい!」

Everybody! Good Monday!
[2018vol40]

2018年第40週。
今日から10月。
つまり10月第1週。

あと3カ月。

人間は、こうして、
時間の区切りをつけて、
あそこまであそこまでと、
懸命に自分を励まして生きていく。

私もそうだ。

昔むかし、歌をつくった。
作詞・作曲は未曾 司。
結城義晴のペンネームだった。

あのかどまがると
あのかどまがると
いじめっ子がいるよ

あのかどまがると
あのかどまがると
きっとおおきな犬も

ぼくんちから
あのかどまで
ケンケンとびで
ごじゅうごこ

「あの角まで」という子供の気持ちも、
人間の最初の区切りのひとつだと思った。

しかし台風一過。
24号は日本列島を縦断して、
東北から北海道に抜けた。

高知市の海には漏斗雲。
taihuu
竜巻が舞い上がった。

しかし過ぎてしまえば快晴。IMG_6638.jpg8

東京・横浜も、JRが不通になって、
多くの人が通勤、通学に影響を受けた。

商人舎オフィスの前にも、
木の枝が落ちていた。 IMG_6635.jpg8

交差点には落ち葉が集まった。IMG_6636.jpg8

しかし台風一過の日本列島に吉報。
京都大学の本庶佑特別教授が、
ノーベル生理学・医学賞を受賞。
honjo.png2
テキサス大学ジェームズ・アリソン教授と
共同受賞。

授賞理由はともに「がん治療法の発見」

本庶教授は、免疫細胞の表面で、
「PD-1」と呼ぶたんぱく質を発見した。
後にこのたんぱく質が、
がんをたたく免疫機能を、
負に抑制していることが判明した。

この本庶教授の基礎研究の成果から、
治療薬「オプジーボ」が開発された。

それが2014年に、
皮膚がんの薬として発売された。
その後、肺や腎臓・胃などのがんに適用され
現在は60カ国以上で承認されている。

日経新聞によると、
「免疫の力を利用して
がんをたたくがん免疫薬は
世界の製薬会社が開発に力を入れている。
市場規模は17年で1兆円ともいわれる」

本庶先生は京都大学で記者会見した。
コメントが痛快。

「私は基礎研究をしているが、
医学で何らかの治療につながらないかと
常に考えている」

研究には基礎研究、応用研究、
そして実用研究の三つがある。

本庶先生は基礎研究を専門にしている。
その地味な「自分の研究が、
意味があったことをうれしく思う」

そして研究のモットーは、
「論文などに書いてあることを信じない。
自分の目で確認できるまでやる」

模倣などもってのほか。

だから「『ネイチャー』や『サイエンス』に
書いてあることの9割は嘘で、
10年経って残っているのは
1割だと思っている」
7724
両誌ともに権威ある科学誌だ。
凄いことを言う。

1982年に出版されたベストセラーがある。
エクセレント・カンパニー」
トム・ピーターズとロバート・ウォーターマンの共著。
51KJD4E60KL._SX323_BO1,204,203,200_
超優良企業の8つの条件を導き出した本だ。

その8つの条件とは、
⑴行動の重視
⑵顧客に密着する
⑶自主性と企業家精神
⑷”ひと”を通じての生産性向上
⑸価値観に基づく実践
⑹基軸事業から離れない
⑺単純な組織・小さな本社
⑻厳しさと緩やかさの両面を同時に持つ

しかしこの本に取り上げられた、
超優良企業43社のうち、
少なくとも14社が、
2年後に深刻な経営不振に陥った。

さらに業績が公表されている35社のうち、
5年間の株主利益率の成長率が、
市場平均を上回ったのは12社だった。

100万部を誇るベストセラーの内容も、
自分の目で見て確認せよ、
実践して確かめよ、という教訓。

本庶教授は同じことを言った。

だからと言って、
ネイチャーやサイエンス、
そしてエクセレント・カンパニーが、
無用だということでは全然ない。

いずれも信頼に足るメディアや本である。

本庶先生、最後につくづくと語った。
「僕が今、一番やりたいことは、
エージシュートです」
honjo
「僕は現在76歳なので、
ゴルフで76を出すのが最大の目標です」

Age Shootは、自分の年齢以下のスコアで、
ラウンドしてしまうこと。

いいなあ。

私もそんな76歳になりたい。

日本のノーベル賞受賞者は26人目。
生理学・医学賞は5人となった。

素晴らしい。

さて、今日から10月。
その10月のスケジュールが、
web版月刊商人舎の、
2週間販促企画に示されている。

第1に、10月は乳がん月間。
ピンクリボンキャンペーンにも、
できれば協賛したい。

第2に、10月1日の今日は、
都民の日。

10月28日は群馬県民の日、
11月13日は茨城県民の日、
11月14日は埼玉県民の日、
11月20日は山梨県民の日、
11月22日は和歌山県のふるさと誕生日。

それぞれ地元の都道府県の日は、
盛大に盛り上がりたい。

第3に、来週月曜日の「体育の日」まで、
三連休となる。

第4に、8日(月曜日)は、
二十四節気の寒露。

第5に、10月27日(土)から11月9日(金)が、
読書週間。

そして10月31日(水)が、ハロウィン。

10月もイベントが多い月だ。

月末のハロウィンに向けて、
着々と体制を整えたい。

では、みなさん、
今週も、自分の目で確かめよう。
現場・現物・現実を。
Good Monday!

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2018年の開催研修会
  • USA視察研修会 Beginnersコース 2018年11月下旬開催場所:ハワイ・オアフ
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
マス・カスタマイゼーション

杉山昭次郎・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.