結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2018年10月02日(火曜日)

第4次安倍改造内閣発足と10月の商人舎標語「自分の頭で考えろ!」

10月2日火曜日。

商人舎標語を発表しよう。

2008年6月から毎月、
今月の標語を掲げて、
10年と5カ月。
全部で125の標語となる。

思い出深い言葉もあるし、
今でも時々使うスローガンもある。

2009年6月の標語は、
「最悪を覚悟して、最善を尽くす」

最近の地震や台風、大雨のときに、
いつも心構えとして、
この2009年6月の標語を使う。
taihuu

2011年 4月の標語は、
「ひとつずつ、すこしずつ、いっぽずつ」
東日本大震災の後の標語だ。
20140204234906.jpg

2014年9月の標語は、
Change! Or, Die!
懐かしい。

その今月、2018年10月の標語。
月刊商人舎10月号の、
[Message of October]でもある。

自分の頭で考えろ!

デジタル時代に、
情報があふれる。
膨大なデータが手に入る。

定量調査情報はビッグデータ化する。
定性データもSNSなどから氾濫する。
両者はデジタル化し融合するかに見える。

その結果として、
人間の感情や顧客の心理も、
データ化することができると過信する。

そこに虚が生まれる。
短絡が起こる。
誤謬が生じる。

しかし私たちは記号化された情報を、
素早く、賢く、的確に読み取って、
有益なマーケティングをせねばならない。

そのためには自分の目で見て、
自分の耳で聞く。
そして自分の頭で考える。

それなくしては、
データという間接情報は活かせない。
伝聞情報は使えない。

とりわけ顧客商売のデータ活用は、
最後の最後の最後に、
人間のコミュニケーションが必須となる。

そのうえで自分の頭で考える。
複雑なデータをシンプルな脳で読み解く。
自分の頭で考え続ける。〈結城義晴〉
・・・・・・・・・・・・・・・・・
どんなときにも、
自分の頭で考えること。
脱グライダー商人であること。

情報が氾濫するからこそ、
自分の頭を使いきる。

それを習慣化する。

先月の9月18日・19日・20日に、
商人舎ミドルマネジメント研修会が開催された。
第14回目となった。
その2日目と3日目の朝には、
理解度テストが行われた。
http://www.shoninsha.co.jp/wp-content/uploads/2018/09/DSCN9470-1.jpg
そのテストの30分間の「頭の酷使」は、
受講生にとって貴重な経験だったと思う。

自分の頭で考える。
頭を使いきる。
知恵を出し切る。

それを習慣化する。

自分の頭で考えよ。

さて、第4次安倍改造内閣発足。
abenaikaku.png8
とはいっても、安倍政権は、
2つに分かれる。

第1次安倍内閣は、
2006年9月26日~2007年8月27日。
その第1次安倍政権の改造内閣は、
2007年8月27日~ 2007年9月26日。

ここで突然辞任。

そして民主党政権の後、
再び登板。

ただし2012年12月の総裁選挙では、
一次投票で石破茂氏が199票、
安倍氏は141票で負けたが、
決選投票で逆転している。

第2次安倍内閣は、
2012年12月26日~2014年9月3日。
この時にデフレ経済解消のために、
インフレターゲット論が提唱され、
「アベノミクス」という言葉が浮上した。

第2次安倍改造内閣は、
2014年9月3日~ 2014年12月24日。

第3次安倍内閣は、
2014年12月24日~2017年11月1日。
この間に3回の改造をしている。

さらに第4次安倍内閣は、
昨2017年11月1日~2018年10月2日。
つまり今日まで。

そして今日、
第4次安倍改造内閣が発足した。
自民党総裁の任期は3年だから、
来年の2019年、再来年の2020年の今頃、
内閣改造が行われて、2021年まで続く。

その間に衆議院解散がなければ、
任期満了日は2021年10月21日となる。

さて、これから3年間はどうなるか。

安倍首相は「全員野球内閣だ」と強調する。
なんだか、幼いたとえだ。

わかりやすい言い回しを、
意識しているのだろうが、
ちょっとさえない。

そして最大の課題は、
「少子高齢化対策」と表明した。

それでもスタートの内閣だ。
大いに期待しよう。

最後に、安倍政権に向けても、
2016年10月号の標語。
201610_coverpage
実行せよ・実行せよ・実行せよ。

仮説を立てる。
実行する。
検証する。
改善して実行する。

Plan⇒Do⇒Check⇒Act。
計画、実行、評価、改善。
エドワーズ・デミングらの提唱。
成果を上げる黄金のサイクル。

DATAを活用するときには、
このPDCAサイクルは必須だ。
Big DATAを活用するときには、
このサイクルは高速回転されねばならぬ。

トヨタのカンバン方式も、
セブン-イレブンの単品管理も、
ユニクロのSPAも、
PDCAの実現度で群を抜いたものだ。

しかし、言葉は恐ろしい。
「仮説・検証」が独り歩きする。

仮説を立てる。
実行する。
検証する。
改善して実行する。

重要なのは、
二番目と四番目である。
実行する。
改善して実行する。

Practice comes first!
実行第一、実践躬行。
「仮説・検証」を言い続けた鈴木敏文は、
毎週の業革会議で実行の徹底を追及した。

言葉は恐ろしい。
「仮説・検証」だけが独り歩きした。

だから仮説せよ。
実行せよ、実行せよ。
検証せよ。
改善して実行せよ。

実行せよ、実行せよ。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2018年の開催研修会
  • USA視察研修会 Beginnersコース 2018年11月下旬開催場所:ハワイ・オアフ
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
マス・カスタマイゼーション

杉山昭次郎・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.