結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2018年10月09日(火曜日)

エッセルンガ中心にミラノの食品小売業総ざらい

ミラノの小売業。

ドイツほどではないけれど、
上位寡占が進んできた。

まず、エッセルンガ。
イーペルがハイパーマーケットだから、
イタリア随一のスーパーマーケット。

最新の都市ゾーンに出店。
ポルタ・ヌオーヴァ。DSCN9910.JPG8

大きな噴水が中央にある。DSCN9913.JPG8

その1階に800坪の店がある。DSCN9978.JPG8

エッセルンガ。
DSCN9977.JPG8

入り口にハンドスキャナー。
DSCN9915.JPG8

ご覧の美しい青果部門。
これだけで国際級。
ヨーロッパはクレート陳列が当たり前。
だがエッセルンガはバラ陳列をする。
その技術がある。
DSCN9918.JPG8

果物はクレート陳列。DSCN9919.JPG8

ワンウェイコントロールでお客を誘導する。DSCN9921.JPG8

そして奥主通路は対面売場の連続。
DSCN9934.JPG8

デリカテッセンと精肉の対面コーナー。
作業スペースの奥に、
生ハムの枝がつるされる。DSCN9937.JPG8

グロサリー売場が面白い。
上段に非食品のフック陳列がある。DSCN9941.JPG8

そして店舗左翼のベーカリー。
黄緑色の独特の配色。DSCN9949.JPGu

プライベートブランドのパッケージも、
商品もこの色が基調となる。DSCN9950.JPG8

木造りのケースも黄緑。
それに茶色のパンやクッキーが、
実によく似合う。
DSCN9956.JPG8
世界中どこに行っても、
ベーカリーは茶色か焦げ茶色だ。
この色彩感覚は、
エッセルンガだけだ。

クォリティブランドも素晴らしい。DSCN9968.JPG8

コの字型主通路の店舗の最後はレジ。DSCN9960.JPG8

そのレジのわきに、
ハンディースキャナー用レジ。DSCN9972.JPG8

男性客がよく使うが、
都心部の店だから全体に活用率は高い。DSCN9957.JPG8

世界のトレンドに遅れてはいない。DSCN9976.JPG8

続いてミラノ中央駅。DSCN9550.JPG8

その地下1階に、
コナード。
465㎡、約140坪。
DSCN9554.JPG8
9つのグループ企業が参加した、
コーペラティブチェーン。
8パターンのバナーを持つ。
2017年年商は130億ユーロ。
1兆6900億円で4.9%の伸び。

入り口を入ると高級PB がずらりと並ぶ。
DSCN9556.JPG8

青果部門は広場のようだ。DSCN9576.JPG8

そこにかご盛りのきれいな陳列。DSCN9578.JPG8

中央駅の店だけに、
一段ときれいに維持されている。DSCN9564.JPG8

奥に精肉やデリカテッセンの対面売場。DSCN9568.JPG8
コナードも水準を超えた企業だ。

そして最新の市長舎。  DSCN9546.JPG8

その一角に、
カルフール・エクスプレス。DSCN9545.JPG8

ほんの50坪ほどの店だ。
入り口に対面の惣菜売場と、
イートインコーナー。DSCN9525.JPG8

青果は狭いけれどかご盛り。DSCN9542.JPG8

グロサリーの陳列線は高い。
狭い店にできるだけ並べようとした。
だから狭い通路と高いゴンドラ。IMG_6700.JPG8

精肉はリーチインケース。IMG_6706.JPG8
実に上手にこなしていて、
カルフールの面目躍如。

ミラノの郊外に出て、
新しいショッピングセンターを訪問。DSCN9625.JPG8

全面入り口に、
コープのロッカーがある。
ネットで注文してここで受け取る。DSCN9626.JPG8

COOPのマークが輝く。DSCN9630.JPG8

そのコープの未来型店舗。DSCN9629.JPG8

ミラノ博で展示した最新システム。
それを丁寧に説明してくれる。DSCN9634.JPG8

入り口の青果平台の上部に、
液晶パネルがある。DSCN9637.JPG8

大きなパネルが売場を覆う。DSCN9639.JPG8

商品あるいはケースに触れば、
その商品の情報が映し出される。DSCN9642

グロサリー売場にも、
同じようなパネルがあって、
情報提供に努めている。DSCN9649.JPG8

店内はコの字型のワンウェイで、
天井は黒いスケルトン。DSCN9654.JPG8

こんな商品を見つけた。DSCN9660.JPG8

パッケージに点字が印字された商品。
生協らしい。
DSCN9661.JPG8
イタリアの生協は大きい組織だ。
7つの協同組合で組織され、
店舗数は約1200店。
会員数も850万人を超える。

あとの2店はイオンがらみとなった。
まずピカール。
DSCN9602.JPG8

ご存知、フランスの冷凍食品専門店。
イオンと業務提携しているが、
イタリアにも進出して、
都市部で大人気。
DSCN9596.JPG8

生鮮3品から惣菜、菓子、パンに至るまで、
フルラインの冷凍食品を品ぞろえ。
フランス同様、イタリアでも安い。

日本はちょっと高すぎる。
輸入したり、物流したりで、
どうしても高価格になる。

それが払しょくできれば、
日本でも大チェーンになる。
DSCN9601.JPG8
間違いない。

もう一つが、
ビオ・セボン。
DSCN0160.JPG8

オーガニックスーパーマーケット。
こちらではBIOスーパーマーケット。DSCN0161.JPG8

スロープを下って、
売場に入る。
DSCN0180.JPG8

すっきりとした小型店だ。
DSCN0163.JPG8

コンコースはV字型の変形。
DSCN0164.JPG8

青果は箱詰め。
DSCN0166.JPG8

鮮度もあるし、
品ぞろえもフランス並み。
日本より豊富だ。
DSCN0167.JPG8

加工肉はこんな売り方。
DSCN0171.JPG8

バルクコーナーは必須だ。
環境に適応した販売方法だからだ。
DSCN0165.JPG8

グロサリーもBIOの品ぞろえが豊富で、
入り組んだ形のレイアウト。
豊富とはいっても、
通常のスーパーマーケットよりも、
少ないアソートメント。
だから入り組んだレイアウトになる。
DSCN0173.JPG8

いろいろと買い物し、話も聞いた。
DSCN0177.JPG8

フランチェスコさんは、
バンドル販売の工夫を語った。DSCN0168.JPG8
オーガニックの定義ならば9割くらいだが、
BIOはほとんど100%の品ぞろえだという。

ミラノ市内に現在、18店舗。

イオンが取り組むピカールとビオ・セボン。
イタリアではうまくいっている。

イーペルは、
強烈なハイパーマーケット。
エッセルンガは、
オーソドックスなスーパーマーケット。
コナードとコープは、
ボランタリーチェーン、
あるいはコーペラティブチェーン。

そこに外資の侵入。
フランスのカルフール、ドイツのリドル、
さらにフランスのオーシャン。
ピカールとビオ・セボン。

フランスの影響は大きいが、
イーペルとエッセルンガの、
レギュラーチェーンが、
世界レベルのイノベーションを生み出す。

やはり寄せ集めでも、
規模が大きくなればいい、
というものではない。

近代化するイタリア小売業の中で、
つくづくそう思った。
(つづきます)

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2018年の開催研修会
  • USA視察研修会 Beginnersコース 2018年11月下旬開催場所:ハワイ・オアフ
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
マス・カスタマイゼーション

杉山昭次郎・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
2018年10月
« 9月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.