結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2019年09月20日(金曜日)

平和堂米国研修第18団事前講義と17団報告会の「ビギニングス」

目が覚めると、眼下に屋根瓦。DSCN97529

そして国宝・彦根城。
DSCN97579

毎日、城を拝む生活も、
なかなか悪くない。
DSCN97549

カレー朝食を食べて、
タクシーでビバシティへ。DSCN97589

㈱平和堂の旗艦店。
DSCN97609

その隣に平和堂本部。
HATOCと称する。
IMG_07519

平和堂人事部の寺島透さんの司会で、
アメリカ研修第18団の事前講義が始まった。DSCN97709

毎年、春と秋の2回ずつ、
アメリカの研修会を続けている。

夏原平和会長も、平松正嗣社長も、
トップ、幹部は全員参加して、
同じ講義、同じルートで学んで、
もう800人を超える。

2011年の春から始めて、
この秋で18回目。
そのチームを「第18団」と呼ぶ。
DSCN97729

必ず事前講義を2時間行う。
DSCN97749

アメリカの基本的な情報はもちろん、
最新のアメリカの動向やトレンド、
視察研修をするための店舗の見方、
そのために知っておくべき数値など、
そして何よりも私のものの見方、考え方。
語ることは山ほどある。
DSCN97829

月刊商人舎の最新9月号を使って講義し、
最後に出発までの宿題を出す。
DSCN97959
存分に動機づけをして、
午前の事前講義は終わった。

ランチは社長の平松さんと、
常務の夏原陽平さん。
夏原さんはコーネル大学ジャパン二期生。

午後は社長をはじめ幹部が全員揃って、
春の第17団の報告会を聞く。
DSCN9808o0

第17団副団長の野村博さん。
アルプラザ長浜支配人。
DSCN98139

4月17日から第17団は、
ダラスとサンフランシスコの都市圏で、
1週間、学んだ。

帰国してから、団全体、
班ごと、個人のレベルでテーマを設定し、
そのイノベーションを実行に移した。

その報告をこの場で行う。

まず3班の6名。
DSCN98199

そして4班の5名。
DSCN98259

2つの班の発表が終わると、
参加している幹部から質問や指摘がある。DSCN98279

その質問に答えて、
結果に対する原因を明らかにする。DSCN98379

2つの班の発表が終わると、
私が講評をしながら総括する。DSCN98469

1班の発表。
DSCN98499

2班の報告。
DSCN98509

この17団は主任クラスが多く参加した。
そこで帰国してからの実行は、
現場のイノベーションそのもの。
リアリティがあって、
実現性が高い。

そこがとてもよかった。

5班の発表。
DSCN98539

6班の6名の報告。
DSCN98579

すべての班、すべての団員の発表は、
パワーポイントと写真を使って行われ、
どんな改革が進められたか、
その結果はどうだったかが、
数字で発表される。

シビアな報告だ。
DSCN98609

その報告に対して、
指導も入る。

この指導を全体で共有する。
DSCN98659

最後の最後に、
取締役店舗営業本部長の福嶋繁さん。
コーネル大学ジャパン第3期生。DSCN98699

ここまでで報告が終わるが、
最後の結城義晴の総評。DSCN98769

平和堂全体の社風や政策に対しても、
私なりの見方や考え方を交えて、
総評をする。
DSCN98779

最後は「自ら変われ!」
これは私の持論。
DSCN98849

その後、第17団団長の阿部千博さん。
GMS営業部部長。
DSCN98929

そして社長の平松さん登場。DSCN99099

わかりやすくて、しかも斬新。
平和堂を変えていこうという意思が、
平松さんにはみなぎっている。DSCN98969
第17団報告会は、
これまで以上の成果を上げて終了。

私は本社の前をちょっとだけ散策。DSCN99219

そして食堂では、
第17団の情報交換会。
DSCN99279

乾杯。
DSCN99289

報告会とは違って、
ダラスやサンフランシスコでの、
失敗談や楽しかったエピソードが、
全班から次々に披露される。DSCN99299

その間、10月に渡米する第18団は、
それぞれに班ごとにディスカッション。
討論してテーマを設定する。

そして班長が発表。
DSCN99329

6班のテーマを聞いて、
結城義晴の講評。
それぞれにテーマの内容を確認して、

米国研修の考え方を整理する。
DSCN99369

すると全員が立ち上がって、
結城義晴へのお礼。DSCN99389
ありがとう。

第18団の団長と副団長。
団長は東海営業部部長の青山健司さん(中)、
副団長はアルプラザ高槻支配人の阪部暢彦さん。DSCN99429

一方、食堂の第18団は、
最高潮の盛り上がり。
人事部が椅子を用意して、
全員写真の準備。
DSCN99479

左が人事部の金田千恵子さん、
右が池田智子さん。
真ん中は商人舎GMの亀谷しづえ。DSCN99509

締めの挨拶は永山和哉さん。
フレンドマート木津川店店次長。DSCN99529

一本締めが決まって、
名残惜しいけれどお開き。
DSCN99559

そして全員写真。
DSCN99589

団長も副団長もご苦労様でした。
これからもこの団をまとめていってください。DSCN99609
長くて濃い、平和堂報告会の一日。
疲れ切ったが充実感でいっぱいだった。

朝日新聞「折々のことば」
今日の第1586回。

ひとりの人間の
もっとも優れた価値は、
その人が所有権を
要求できない領域にある
(建築家ルイス・カーン)

カーンは言う。
「私の発想、私の作品などと
こだわるところに真の創造性はない」
513085ATJ7L._SX331_BO1,204,203,200_

「私の中にあって私より先に、
そしてつねに蠢(うごめ)いている
もっと古いもの」

「そこにこそ創造性の種はある」

「着手点(スタート)から
前方を見るよりも、
むしろその手前にある真の始まりに
溯(さかのぼ)れ」

真の始まりを「ビギニングス」という。

私たちが試みるのは、
小さなイノベーションだ。

しかしその前にビギニングスは、
アメリカのチェーンストアにあるし、
日本の商業にもある。

近江商人の三方良し。
売り手良し、買い手良し、世間良し。

このビギニングスを知ることこそ、
学ぶことである。

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.