結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2020年01月15日(水曜日)

オーガニック御三家の際立ちとセーフウェイの凡庸さ[in桑港]

アメリカに来ている間にも、
商人舎流通スーパーニュースは、
着々と公開される。

ファーストリテイリングnews|
ファッション業界気候行動憲章に署名

月刊商人舎の最新1月号特集は、
[極端気象]
202001_coverpage-448x634

柳井正さんの考え方と同期した。
photolib_portrait14l

ファーストリテイリングが、
「ファッション業界気候行動憲章」に署名。
「Fashion Industry Charter for Climate Action」

この憲章はパリ協定の目標を支持する。
2030年までに、
温室効果ガス排出量の合計30%を、
削減することなどを目標設定する。
ファッション業界全体で連携推進する。

これがいい。

月刊商人舎1月号は、
産業全体で取り組むべきだと主張した。

もう一つの商人舎流通スーパーニュース。
フジnews|
広島県の食品スーパー「ニチエー」を買収・完全子会社へ

ニチエーは11店舗で年商90億1900万円。
1店平均8億円超。

このところ政策がぶれていて、
それによって無駄なコストをかけた。

私の見方の通りになってきた。

昨日もサクラメントのレイリーズのことを書いた。
129店舗で3300億円。

それでもセオリーと矛盾すると、
完全な負け組になる。

ニチエーの場合、
親会社となるフジはご存知のように、
イオン㈱と資本業務提携している。
aeon-fuji_20181110_01
つまりはニチエーも、
イオンの系列に入ることになる。

こうしてアメリカのように、
クローガー系かアルバートソン系かに、
分かれてくる。

消費増税や軽減税率、
キャッシュレスのポイント還元は、
優遇の恩恵を受ける側が厳しい。

ニチエーも8000万円だった資本金を、
5000万円に減資して優遇措置を受けた。
kangen-01
優遇される企業のほうが危ない。
私はずっと言っている。

ニチエーは、
ニチリウに加盟しているにも関わらず、
この時期にフジの完全子会社となる。

従来から仲良くしているはずなのに、
グループの企業と統合するのではなくて、
他の企業の子会社となる。

こういうものです。
それが競争の本質です。

しかし社員や幹部は、
「商人の本籍地と現住所」を、
よく理解し、納得して、
将来に希望をもって、
仕事してもらいたいものだ。

さて日本よりもずっと、
競争が厳しいアメリカ。

サンフランシスコ。

空港の近くのヒルトンホテル。
窓からサンフランシスコ湾が見える。DSCN03510

航空機が発着している。DSCN03540

内庭にイートインスペースがある。DSCN05000

そしてヒルトンホテルは昨年、
Fortuneの「働きがいのある企業100」で、
トップとなった。
DSCN04980

朝から2時間の総括講義。IMGP11710

㈱マルイチ、㈱マツヤスーパー、
そして㈱エレナ。
その取引先。

わかりやすく、丁寧に講義する。IMGP11780

アメリカのスーパーマーケットの、
現在の5つのトレンド。
FLONH。
Fresh、Local、Organic、
Natural、そしてHealth。IMGP11950
トレンドを追いかけるだけでなく、
その下にある潮流こそ大事だ。

講義が終わって最後の視察。

まず10.6%の成長率を誇る企業。
スプラウツ・ファーマーズマーケット。
DSCN03920

2018年12月決算で52億0700万ドル。
年商は1ドル100円換算で5207億円。
11.6%の増加だ。
ただしこのところ、
やや減益基調だ。
IMG_38730

大型八百屋の斬新なフォーマット。IMG_38980

今日のオーガニックは196アイテム。DSCN03710

右手にベーカリー。DSCN03750

サラダバーが広がってきた。DSCN03770

品揃えも鮮度も良くて、
1ポンド7ドル99セント。DSCN03840
ホールフーズより1ドル安い。
これは昨日のレイリーズと違う政策。

デリカテッセンは、
ボアーズヘッドを中心に据える。DSCN03780

スープバーもある。
DSCN03820

そしてど真ん中にバルク売場。DSCN03790

入口から見通すことができる店内。DSCN03900
米国スーパーマーケット業界で、
ナンバー1の成長性を持つスプラウツ。

ただしちょっと陰りが見えてきた。

同じショッピングセンターに、
トータルワイン。
DSCN03930

圧倒的なワインの品揃え、
ネットに勝つためには、
第1に、
極めて深くて豊富なカテゴリーで、
商売すること。
第2に、
その広くて深い中から、
わが社独自の主張と提案をすること。

ワインテイスティングコーナーが、
店のど真ん中にある。DSCN03960

クラフトビールもテイスティング。
徹底的に体験型の店にする。DSCN03980

今月のビールは、
ニューベルギー。
DSCN04000

次に全米第2位のスーパーマーケット企業。
アルバートソン傘下、
セーフウェイ。DSCN04270

特徴は青果部門。
DSCN04060

オーガニックは充実。
しかしホールフーズやスプラウツ、
クローガーにはかなわない。DSCN04080

この美しい陳列。
しかしナゲットには、
足元にも及ばない。DSCN04100

青果部門の商品が薄くなった。IMG_39000

青果とバルクは切っても切れない関係だ。DSCN04120

コンコースの平ケースで冷食を売る。
常套手段。
IMG_39020

店舗奥コンコースの中央に、
ミートとシーフードの対面コーナー。IMG_39060

店舗右翼にはベーカリー。DSCN041700

そして入口付近にデリ売場。
ここでもボアーズヘッドが中核となる。
DSCN04190
セーフウェイの強みは、
もっと強みにしている企業があって、
ふつうの強みでしかない。

だからポジショニングがない。
そこがこの第2位の企業の致命的な弱点だ。

同じウェストレイクショッピングセンター。
トレーダー・ジョー。DSCN04400

この店は青果部門が広い。
つまり強い。
IMG_39490

第1エンドも見事。
すべてプライベートブランド。DSCN04290

リカーショップは、
ワインがどこよりも安くてうまい。IMG_39580

店内はウェストコーストスタイルで、
カジュアルで楽しい。
トレーダー・ジョーにしかない雰囲気。IMG_39560
何時も素晴らしい。

最後の最後はダウンタウン。
1万5000平方(420坪)フィートの小型店。
ホールフーズDSCN04590

最大は7万平方フィート(1960坪)もある。
それを4分の1にコンパクト化して、
大成功を収めている。IMG_39680

青果部門もコンパクト。
IMG_39670

必需の商品、しかも即食を中心に、
これも見事な品ぞろえ。IMG_39950

そして美しい壁面。
それでも主役は商品だ。IMG_39970

バルクコーナーもカットせずに、
売れ筋だけに絞って展開。IMG_39920

セルフデリもコンパクトだが、
厳選して売場づくり。IMG_39930

ワインも欠かせない。IMG_40010

チーズ売場と連携して、
スペシャルティ部門を構成。IMG_40020

チーズの王様パルミジャーノレッジャーノ。DSCN04480

チーズは「即食」だから充実。
精肉と鮮魚は調理品だから絞り込む。IMG_40030

奥主通路は乳製品のリーチインケース。IMG_39640

グロサリーゴンドラは、
高くして陳列量を確保した。IMG_39650

小さな店だがレジは広い。
客が並ぶので銀行方式のチェックスタンド。IMG_40060
今日はスプラウツから始まって、
トレーダー・ジョーとホールフーズ。
今やオーガニック御三家。

セーフウェイの特徴のなさが、
申し訳ないけれど際立った。

企業規模は6兆535億円のアルバートソン。
しかし店のレベルは、
オーガニック御三家がはるかに高い。

これにて、
スーパーマーケット勉強会。
すべての視察スケジュールを終了。

ランチはインナウトバーガー。
現在6州に340店舗。
フランチャイズはやらない直営主義。DSCN04470

メニューは3つしかない。DSCN04440

だからオペレーションが見事。
作業の種類が少ないから、
作業システムがシンプルで、
崩れにくい。
DSCN04420

勉強の後は観光。
これも実は勉強。

ツインピークスへ。
サンフランシスコの双子山。

頂上で写真。
IMGP12270

サンフランシスコ市街が一望できる。IMGP1235

ゴールデンゲートブリッジも見える。IMGP12300

そのゴールデンゲートブリッジへ。IMGP12370

設計者のジョゼフ・シュトラウス像。DSCN04740

1933年に着工して、
1937年に完成した。
そのプロセスがイラストで描かれている。DSCN04730

これが金門橋。
DSCN04790

アルカトラズ島も見える。DSCN04780

ショップに入ると、
橋が開通した日の写真がある。
凄い車だ。
DSCN04810

㈱マルイチ社長の高木大さんと写真。DSCN04760

最後の最後は、
フィッシャーマンズワーフ。IMGP12400

マルイチ会長の高木亮輔さんと、
ヤマエ久野㈱宮崎支店の藤原奈緒さん。IMGP12410

その後、ピア39。
フェスティバルセンターという、
新しいショッピングセンター分類に入る。DSCN04960

そのなかのピアマーケット。DSCN04970

ここでサヨナラパーティー。IMGP12440

もちろんダンジネスクラブ。IMG_40110

これを一人でいただく。
「蟹を食う時、人は静かになる」IMG_40140

楽しい夜があっという間に明けて、
もう帰国の時を迎えた。

ホテルロビーで、
朝日を浴びながら全員写真。DSCN04990
サンフランシスコ国際空港で、
ちょっとだけ最後の講義。

ラインホールド・ニーバーの祈り。
変わるものを変えられる勇気を、
変わらぬものを受け入れる心の静けさを、
それらを見分ける英知をお与えください。
(つづきます)

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.