結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2021年10月22日(金曜日)

商人舎10月号「コロナは固定客化を早めた」と「働く心」

急に寒くなった。
Tシャツの上に長袖シャツを着て、
その上にパーカーを纏い、
さらにダウンベストを羽織って、
出かけた。

今週は良く働いた。
抜け殻のような気分だ。

12月下旬の気温だとか。

明日は二十四節気の霜降(そうこう)。
半月後には11月7日の「立冬」がやってくる。

霜降は「霜が降りる」と書いて、
そのとおりに露が冷気によって、
霜となって降り始めるころ。

それにしても寒くなると、
新型コロナウイルス感染の第六波が、
心配になってくる。

毎日新聞巻頭コラム「余禄」
松尾芭蕉の句を持ち出した。
秋深き隣は何をする人ぞ

芭蕉が大阪で最後の句会の席で詠んだ。
1694年(元禄7年)11月15日、
旧暦で言えば9月28日。

翌日から芭蕉は床に伏し、
2週間後に亡くなった。

赤痢にかかって体調を崩したらしい。

コラムニスト。
「秋の夜長に人恋しさを感じたのだろうか」

芭蕉の辞世の句は、
旅に病んで
夢は枯野をかけ廻る

この急な寒さに、
私もそんなことを思う。

京都新聞のコラム「凡語」

こちらは若山牧水の歌。
白玉の歯にしみとほる
秋の夜の
酒はしずかに
飲むべかりけれ

牧水は明治18年生まれの歌人。
自然を愛し、酒を愛し、
恋をして、歌を詠んだ。

しかし肝硬変によって、44歳で早世した。

現代の歌人・俵万智が、
2018年の夏の終わりに、
「牧水の恋」という評伝を書いている。
513-gT3rgSL._SX343_BO1204203200_
私も買って読んだ。
いい本だ。

牧水の酒の歌で面白いのがこれ。
足音を忍ばせて
行けば台所に

わが酒の壜は
立ちて待ちをる

私は酒と言えば現在は、
ビール、ワイン、焼酎になったが、
牧水の歌を読むと、
清酒が飲みたくなる。

そんな季節だ。

今日は朝からオンライン会議。
㈱True Dataの取締役会。
IMG_79001
2008年からこの会社の社外取締役で、
玉生弘昌㈱プラネット会長とともに、
もう一番古い役員となってしまった。

取締役会の終わりの方で、
月刊商人舎10月号特集のお礼を言った。

[実践]コロナ禍二度目の年末年始商戦
202110_coverpage

私が書いた特集のまえがきは、
「コロナは固定客化を早めた。」
202110_contents
そしてTrue Data+商人舎で話し合った結論が、
「Big DataでCOVID-19年末年始を読み解く」
カテゴリー別MDプランと3つのシナリオ
??????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????
越尾由紀さん、烏谷正彦さん、
ありがとうございました。
素晴らしい分析となりました。

図 スーパーマーケットの売上げ推移
202110_truedata2-768x174

図 全国1店当たりの販売金額推移
202110_truedata4-1

図 全国1店当たりの客数推移202110_truedata4-2

図 調理品の1店当たりの金額推移202110_truedata5

もちろん生鮮3部門のデータも、
食品と雑貨の主要カテゴリー別データも、
このグラフで提示して分析した。
烏谷さんが考察した「3つのシナリオ」を、
最後の提案とした。

ぜひ、読んでください。
よろしければ、
購読を申し込んでください。

最後に再び若山牧水。
わがこころ
澄みゆく時に詠む歌か

詠みゆくほどに
澄めるこころか

(「樹木とその葉」から)

この歌は商売や仕事に通じる。
つまり働くことに通じる。
牧水の仕事は、
歌を詠むことだったからだ。

わがこころ
澄みゆくときに働くか
働くほどに
澄めるこころか

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.