結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2010年05月19日(水曜日)

ホールフーズ旗艦店とHEBセントラルマーケット写真報告と現状分析

日本からアメリカにやってくる。
初日は、実に長い。

日本で出発の朝、6時に起床すると仮定しよう。
今回の私のように、正午近くの便に乗って11時間半。
すると例えばダラスの午前9時ごろに到着。
それからオースティンなどに乗り換えてやってくると、
正午過ぎになる。
この時間は日本では、深夜の2時過ぎ。

そこから視察をして、
夕方にホテルに入り、
セミナーで語り、
夕食をとって、
酒を飲み、
部屋に帰って、
ブログを書く。
夜の12時に書き終わったとして、
日本時間は午後2時。

日本からのフライトの中で、
少しでも寝ておかないと、
32時間くらいぶっ続けで起きていることになる。

私の場合、飛行機で少し寝る。
1時間か2時間くらいか。

あとは起きている。

しかし、アメリカに来て初日に頑張って、
その晩、ぐっすりと寝ると、
まったく元気に動き続けることができる。

ところが今回は、違った。
初日夜には、すんなりブログを書いたが、
その後も部屋で仕事をした。
結局、テキサス時間午前4時に寝た。
そして7時前に起きた。

それでも、バスの中でも語り続け、
店舗はくまなく見て歩き、
時にはインタビューし、
質問に答え、
何より頭をフル活動して、
考察する。

アメリカが私に、
異様な刺激を与えてくれる。

さて、そんな長い初日の次の日。

オースティンは、からりと晴れ上がった。
いや、灼熱の夏のような気候。

朝、8時出発で、まず、
ホールフーズの旗艦店を再訪。  

陳列作業が終了していて、
見事の一言。

ホールフーズの2009年実績。

売上高80億3200万ドル。
100円で円換算すると8032億円。
伸び率は0.9%と落ち込んだ。

2008年はワイルドオーツを買収したから20.6%伸びた。

既存店伸び率は、マイナス 3.1%。
これもピークの2004年度には20.8%もの劇的伸長率を示した。

粗利益率は、34.3で堅持。

純利益は1億4700万ドル、147億円。

期末店舗数は、284で、
期中新店15、閉鎖店6。
この面ではノーマルな成長。
しかし現場には明らかに活気が戻っている。

CEOのジョン・マッケイが「基本に戻ろう」と呼び掛け、
アソシエーツがそれに応えた。
写真でお楽しみいただこう。

本社の下の旗艦店。
dscn4194-3.jpg
店を入ると圧巻の青果部門。
dscn4154-3.jpg
朝8時、開店時品揃え100%が完成していた。
dscn4153-3.jpg
葉物野菜とニンジンを組み合わせた典型的な前進立体陳列。
dscn4155-3.jpg
オーガニック野菜もピンピンとしていて、美しい売り場になっている。
dscn4156-3.jpg
下段キャベツの陳列。見てください。

dscn4158-3.jpg
青果部門はワンウェイコントロールになっている。
dscn4160-3.jpg
これも美しい前進立体陳列。
dscn4161-3.jpg
バナナは必ず青果部門の最後にある。
マグネットの役割を果たす。

dscn4164-3.jpg
天井は高く、ダクトがむき出しだが、ホールフーズらしく、美しい。
プロペラ方式のファンがゆっくりと回っている。
dscn4162-3.jpg
鮮魚売り場は作業通路が一段と高くなっている対面方式。
dscn4165-3.jpg
氷の上に生魚を美しく並べる。
dscn4166-3.jpg
スモークシーフード売り場。
この商品が美味。
そのうえサンプルを要求すると、いやな顔一つ見せず、
本当にどれでも食べさせてくれる。
dscn4168-3.jpg
シーフードの前にはフードコート。店内主要カテゴリーの前には、
必ずフードコートが設けられている。
dscn4167-3.jpg
広い通路と美しい店内、美しい商品陳列。そのなかで試食もするが、
完食もしてもらう。
それがホールフーズの政策。

dscn4169-3.jpg
オーガニック満載の乳製品売り場。
dscn4170-3.jpg
そして精肉部門に続く。ここにもフードコートがある。
dscn4173-3.jpg
精肉も対面売り場で、顧客の注文に応える。
dscn4174-3.jpg
コーヒーの売り場。
dscn4175-3.jpg
コーヒーからケーキ、菓子の対面売り場につながる。
dscn4177-3.jpg
ビールは専用のセラーがあって、冷やして売られる。
dscn4186-3.jpg
水のプライベートブランド。
パッケージからもおわかりのようにファイターブランド。
競争的価格を出す、価格パワーを持つ商品。
ホールフーズがディスカウントを始めた。
それを象徴する商品。
dscn4188-3.jpg
店舗左奥から見た広大なデリの売り場。
dscn4178-3.jpg
左が寿司、右が対面の丼もの売り場。
dscn4179-3.jpg
生ジュースとアイスクリーム売り場。
dscn4180-3.jpg
デリ売り場は、朝食、昼食、夕食向けに店舗入り口にある。
dscn4191-3.jpg
朝一番からにぎわっている。
dscn4193-3.jpg
オールフーズ旗艦店が元気になった。

わたしはそれだけで嬉しくなった。
まさに世界最高峰の店の復活である。
次に訪れたのが、
HEBが展開するアップグレード・フォーマット。
「セントラルマーケット」  
その第一号店。1994 年オープンの店。

HEBの2009年度年商150億ドル、1兆5000億円。
売上げ伸び率2.4%。
店舗数317店。

3つの戦略的フォーマットを持つ。
第一が、フード&ドラッグ(H.E.B Food Store)。
生鮮食品の強さの上に、ドラッグストアをコンビネーションさせた。
店舗面積は1400坪から2500坪。
平均1週間70万ドルの売上高で、
そのうち、トップの20店舗は週100万ドルを稼ぐ。
すなわち年間約50億円。

第二の戦略フォーマットが、セントラルマーケット(Central Market)。
都市部の超大型グルメスーパーマーケット。
青果部門は全米有数のパワーを持つ。
そのうえでプリペアード・フードとグロサリーのスペシャルティ・プロダクト。
第三が昨日訪れたHEB プラス(plus)。
フー ド&ドラッグに、さらに非食品をプラスアルファしたコンビネーションタイプ。
11万~20万スクェアフィート(3000~5600坪)で、
1 週間80万~100万ドルの売上高。
円換算すると40億円から50億円の年商。

さて2番目のセントラルマーケットの第1号店、
最近、リニューアルした。

dscn4216-3.jpg
「アルゼンチンへのパスポート」と題したキャンペーンで、
店中がアルゼンチンモード。
dscn4210-3pg.jpg
青果部門の初めにオーガニック。緑色のPOP。

dscn4215-3-3.jpg
ワンウェイコントロールの店。
dscn4213-3.jpg
両サイドに高めの什器。
dscn4214-3.jpg
青果から鮮魚へ。器用な手さばきで魚をおろす。
dscn4196-3.jpg
精肉売り場は畜種別の対面コーナーが主力。
dscn4198-3.jpg
ワイン部門にはアンデス山脈の大きなボード。
アルゼンチンのキャンペーンの一環。
dscn4200-3.jpg
バルク売り場も、アップスケールタイプの店には不可欠。

dscn4201-3.jpg
チーズ売り場。すっきりしたデザインだが、
私はリニューアル前のほうが断然、好きだ。
dscn4202-3.jpg
ケーキ売り場も対面。
ワンウェイで顧客を引っ張るために対面コーナーを随所に設ける。
dscn4206-3.jpg
フレッシュパスタのコ-ナー。

dscn4207-3.jpg
最後にテイクアウトのデリ売り場。
この先に広大なフードコートが広がる。
dscn4208-3.jpg
さてどうだろう。
不思議なことに、魅力が半減した。
私の目にはそう映った。

なぜか。

古都の寺。

例えば奈良の薬師寺。
五重塔が二つある。
一方は焼失して、それが復元された。
もう一方は、奈良時代から残った国宝。

この場合、古いほうが圧倒的に良い。

セントラルマーケット第一号店のリニューアル。
新しい五重塔のような感じになっている。

誠に残念。

それでも、商品も人も変わらない。
だから徐々に、良くなっていくのだろうが、
店そのものは、この場合、
古いほうが良かった。

店とは不思議なものだ。
もしかしたら、
生きているのかもしれない。

人間のように、
生物のように。  

生きているものの皮をはいで、
無理やり新しいものにするのは、
その生命力を 削ぐことになる。

もちろん古くて老衰しそうな生物に、
新しい血を降り注ぐことは必要だ。

その判断が、実はとても 難しい。

「むずかしいからおもしろい」  

さて話は オースティンに戻る。

セントラルマーケットの前で全員で写真。

dscn4218-3.jpg

その後、私たちは急遽、予定を変更して、
「HEBプラス」の最新店に行った。

それが良かった。
HEBという企業の今後の姿勢を表していた。
[明日に続く] 

<結城義晴>  


4 件のコメント

  • リンクありがとうございました!

    商業界石川県同友会の山下浩希です。
    この度は9月14日(火)15日(水)の二日間、私ども商業界石川県同友会が主催し結城さんにも御講演をお願いしております『商業界北陸ゼミナール』にリンクを貼って下さいまして本当にありがとうございました。

    メールでお願いし「OK」の返信を頂き早速見ましたが右メニューの一番下に貼って下さったのに気付かず、「『商人舎ファミリー』のリンクのページかな?」と開いたところ僕の『燃える豆魂日記』がリンクされていて驚くというか恐縮しています(僕は残念ながら知識商人ではないので)。

    このブログ『毎日更新宣言』の読者の皆様の御参加を心から願い、ゼミ運営委員一同、精一杯準備しお世話させていただきます。お申し込み御参加お待ちしています。

    ありがとうございます。
    感謝。

  • 山下さん、ご投稿感謝。
    9月14日15日の商業界北陸ゼミナール。
    楽しみにしています。

    今は、衆議院議員の樋口俊一さん。
    ㈱樋口産業社長。
    この北陸ゼミで一緒に、
    加賀屋の温泉につかったことを思い出しました。

    私は講演し、夜の結城塾で相談に乗ります。
    皆さま、是非、おいでください。

    それにしても山下さん、
    北陸ゼミのWebページのお知らせに「(有)商人舎」とありますが、
    ㈱商人舎に訂正してもらえないでしょうか。
    よろしくお願いします。

    紙は仕方がないけれど、
    Webはすぐに直せますからね。

  • 申し訳御座いません。

    大切なお名前(社名)を間違えてしまいました。
    本当に申し訳御座いません。心よりお詫びします。
    (株)商人舎に訂正します。

    今後、この様な事が無い様、改めてチェックします。
    どうか今回の無礼をお許し下さい。

    御指摘下さいまして本当にありがとうございました。
    今後とも変わらぬ御指導宜しくお願いします。

  • 商業界石川県同友会の山下浩希です。
    この度は私どもの不注意から会社名を間違えてしまい多大な御迷惑をお掛けしました。

    先程「(株)商人舎」と修正しました。御確認下さい。(パンフは(株)と正しく印刷されております。)

    まだお気付きの点等ありましたら何なりと御指摘下さい。
    今後とも変わらぬ御指導宜しくお願いします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2019年の開催研修会
  • ハワイ・オアフ小売視察研修ツアー ビギナーズコース2019年9月5日(木)~9月9日(月)<3泊5日>開催場所:アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2019年の開催予定
  • 商人舎2019年 ミドルマネジメント研修会2019年9月10日(火)~9月12日(木)開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.