結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2010年05月25日(火曜日)

アメリカ視察ベーシック編と「虫の目・鳥の目・魚の目」

アメリカにやって来てから1週間。

ネバダ州ラスベガス。
ホテル・フラミンゴ。

外は快晴のように見えて、
5月末のラスベガスにしては、
驚くほど寒い。

dscn4603.JPG

そのころ日本の成田空港。
㈱商人者エグゼクティブ・コーディネーター鈴木敏さんの引率のもと、
第7回商人舎USAベーシック視察研修会一行は、結団式。
dscn0233-1.jpg

そして全員で記念写真。
dscn0246-1.jpg

私はテキサス、ニューヨークからラスベガスに移動し、
一行とともに浅野秀二先生と合流。
dscn0260-1.jpg

すぐさま訪れたのが、ウォルマート。
dscn4610-2.jpg

2009年度年商4056億ドル(100円換算で40兆円)、
世界の店舗数7873店。

その4月リニューアルオープンの最新店。

入口には、このブログではもうおなじみの大パネル。
「Thousands of Rollbacks」
dscn0267-2.jpg

店づくりもさらに洗練された。
dscn4609-3.jpg

店舗中央には天井にダクトが通っている。
dscn4605-3.jpg

食品部門の天井は、やや高く。
dscn46072.jpg

非食品部門の天井は、低くて、
まるでライバルのターゲットのよう。
dscn4606-3.jpg

しかし商品は適切にアソートメントされ、
オペレーションは行き届いている。

このラスベガスエリアでのシェアは、
グループ全体で25.4%。
毎年、占拠率が上がって、
現在、第2位。

テキサス州ダラスでは、34.5%で断トツの第1位。

ここ、ラスベガスでは1位を追う者。

ウォルマートは、追うときに強い。
上出来の店に「数千の風」が展開され、
この店も絶好調。

私たちが次に訪れたのは、スミス。
全米第二位の小売業クローガーの傘下で、
ここアリゾナ州での店舗展開はスミスが担当している。

dscn0270-3.jpg

クローガーは、年商760億ドル(7兆6000億円)、
スーパーマーケットの総店舗数2469店。

このエリアでは、マーケットシェア25.9%で、
ウォルマートを抑えて第1位。
すごい企業であることは間違いないが、
このスミスのフード&ドラッグは、かつての主流タイプで、
現在は、どうしようもなく、古い印象。

アメリカの顧客は、手厳しい。

ウォルマートやターゲット、コストコといった低価格路線の店舗と、
ホールフーズ・マーケットに代表されるまったく新しい店との間の、
中途半端なものは許さない。

私の視察研修会では、ほとんど必ず、
地域シェア第1位と第2位の企業の店舗から視察を始める。

それが地域のスタンダードを形成しているからだ。

今回の「Basic編」原理原則講座でも、
この方針は変わらない。

その成果はツアー全体を通じて表れてくる。

ホテルに戻って、夕方6時半から講義。
dscn0276-21.jpg

3時間のところ、30分ほど延長して、
10時近くに終了。

サンプルを持ち込んで、丁寧な解説。
原理原則編というのは、最も難しい講義。
dscn0278-2.jpg

しかしよく聞いてくれてた。
ベーシック編では、5つのチームに分かれて、
調査をし、発表してもらう。
dscn0284-2.jpg

それが一番よいのだと思っている。

今回初めて展開したベーシック編。
はじめの言葉の第一は、
創意を尊びつつ良いことは真似ろ。

ご存知、倉本長治の『商売十訓』
これがアメリカでの根本の姿勢となる。

第二は井上ひさし&林廣美、結城義晴。

「むずかいしいことをやさしく。
やさしいことをおもしろく。
おもしろいことをよりふかく」

商人舎のモットー。

今月5月の標語でもある。

第三はピーター・ドラッカー。
「基本と原則を補助線にせよ」
これもアメリカに臨むときの姿勢。

これまでの原理原則を補助線として、
アメリカ小売業をポスト・モダンの視点からとらえる。
そして第4は、「虫の目」「鳥の目」「魚の目」

「虫の目」とは、現場を見る力。

細部まで丁寧に「見極める能力」。

これを支えるのが、専門性と現場主義。

「鳥の目」は、大局を見る力。

全体像を俯瞰しながら、「見渡す能力」。

これを支えるのが、情報量と知識。

「魚の目」は、流れを見る力。

時間の経過の中で、現在と未来を「見通す能力」。

これを支えるのは、経験と見識。

そして、「四つ目の目」は、

謙虚で、真摯で、真っ正直な「心の目」である。

これらが成果となって表れるにちがいない。
明日、明後日は、怒涛の視察コース。
そして調査のまとめ、討議。
最後に発表。

この発表の成果を全員で共有して、
このセミナーは目的を達成する。

本当に楽しみだ。

乞う、ご期待。

(明日につづきます)

<結城義晴>


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2019年の開催研修会
  • ハワイ・オアフ小売視察研修ツアー ビギナーズコース2019年9月5日(木)~9月9日(月)<3泊5日>開催場所:アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2019年の開催予定
  • 商人舎2019年 ミドルマネジメント研修会2019年9月10日(火)~9月12日(木)開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.