結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2018年10月10日(水曜日)

イータリーミラノ店のインパクトと世界のイータリー化現象

10月10日、昔の体育の日。
月刊商人舎10月号発刊!

特集は、
「嘘つき!?」マーケティング
10月号表紙
[cover message]
ピーター・ドラッカーの有名な言葉。「企業は二つの、そして二つだけの基本的な機能を持つ。それがマーケティングとイノベーションである」。そのうえで言い切る。「マーケティングとイノベーションだけが成果をもたらす」。しかし、このビジネス社会のなかで最も「嘘」が多いのもマーケティングとイノベーションの領域である。一方、フィリップ・コトラーは語る。「マーケティングを最も短い言葉で定義すると、『ニーズに応えて利益をあげること』となる」。しかし、ニーズにも応えることができず、利益をあげることもできないマーケティングも、実は世の中に氾濫している。デジタル・マーケティングが本格化する時代には、さらにそんな嘘や誤解や混乱が増幅してくる。今号は真っ向から「嘘つき!?マーケティング」を正す。もちろん真のマーケティングが必須の経営課題であることは論を待たない。

目次をご覧ください。
10gatu mokuji
今月は新しく、
稲垣佳伸さんと辻中俊樹さんに、
ご寄稿いただきました。

稲垣さんはあの、
㈱ドゥ・ハウスのファウンダー。
マーケティングの権威です。
辻中さんにはすごい著書があります。
新潮文庫「マーケティングの嘘」

今回の特集の発想は以前から、
ずっと引っかかっていたことですが、
辻中さんの本からも、
インスピレーションをいただきました。

さてフランクフルト&ミラノの旅。
イオンリテール㈱の10回目の海外研修。
無事、終了して、みなさんは、
ロンドン空港経由で帰国しました。
DSCN9947.JPG8
頑張ってください。
期待します。応援します。

その帰国の朝、
Via Giorgio Stephanson。
ジョルジョ・スティーヴンソン。
IMG_6726.JPG8

妙にモダンなホテル。
IMG_6722.JPG8

斬新な色使い。
IMG_6721.JPG8

朝8時からセミナー。
まずイオンの誓いと行動規範。
DSCN9909.JPG8

そのあと、今回の総括講義。
DSCN9911.JPG8

今回はまず競争戦略論を、
ちょっとだけ丁寧に語った。
「寡占・三占・複占」とクリティカルマス。
コトラーの4つの競争者。
イノベーター理論とキャズム理論。
さらにマイケル・ポーターの5フォース、
ジェイ・バーニーの内部資源理論。

これらの理論が、
特にフランクフルトには当てはまる。
だから理解が進む。
DSCN9916.JPG8
それからコモディティ化現象、
プライベートブランド論、
スローフードとオーガニック、
さらにポジショニング戦略。
最後は訪問した企業の共通する戦略と、
それぞれのフォーマットの違い。
DSCN9925.JPG8
イオンの様々なフォーマットが、
今後どのようになっていくか。
そんなこともドイツ、イタリアに、
アメリカの事例など交えながら、
結局、2時間ほどになってしまった。

ご清聴を感謝したい。DSCN9933.JPG8

最終日前日は、観光も少し。
まずはスフォルツァ城DSCN0187.JPG8

それからダンテ通りを歩く。
DSCN0191.JPG8

そしてミラノ大聖堂に到着。
DSCN0220.JPGi

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア。DSCN0224.JPGi

ローマ建国の双子ロムルスとレムス。
DSCN0225.JPG8

最後にスカラ広場。
レオナルド・ダ・ビンチ像。DSCN0344.JPG8

それから各自自由行動。
私はドーム広場の百貨店へ。
リナシェンテ。
DSCN0233.JPG8
すごい数の顧客。

最上階は食品や飲料を自分で買って、
イートインスペースで食べ、飲む。
まさにグロサラント。
天井のオレンジ色がまばゆいばかりだ。
DSCN0243.JPG8

屋上テラスから外が見える。DSCN0239.JPG8

ドームに手が届きそう。DSCN0238.JPG8

ここに回転ずしがあった。
売れていないようだ。
DSCN0249.JPG8

そのあと、スカラ広場に面した美術館。
ガッレリア・デイタリア。DSCN0358.JPG8
近代美術を中心にした新ミュージアム。

エンリコ・バジ。
DSCN0348.JPG8

最後の夜は家庭的なレストラン。
DSCN0381.JPG8

一人ひとり、全員がスピーチした。
DSCN0362.JPG8

最後に一本締め。
DSCN0378.JPG8
お疲れさま。

お店の人と写真。
DSCN0380.JPG8
美味でした。

しかし大事な店を紹介していない。

そう、イータリー。DSCN0159.JPG8
ミラノ店は2014年にオープン。
2010年のニューヨーク店の成功を受けて、
さらに洗練させた珠玉の店。
店舗面積は約5000㎡だが、
劇場だった建物を3層の吹き抜けにして、
上階のレストランからは、
下の売場などが一望できる。
DSCN0067.JPG8

迫り出しのところには、
昨年までレストランがあったが、
いまはプレゼンテーションの場。DSCN0066.JPG8

1階は八百屋の市場。DSCN0146.JPG8

そしてグロサリー。DSCN0145.JPG8

2階は精肉や鮮魚など。DSCN0141.JPG8

3階はワインやオリーブなどを売る。DSCN0127.JPG8

店内ツアーをやってくれたのは、
フランチェスカさん。DSCN0029.JPG8

1階のベーカリーでは試食。DSCN0038.JPG8

全員がイータリーのパンを楽しんだ。DSCN0042.JPG8

POPの丁寧なコメントと、
科学的根拠のある情報提供を、
指さしながら説明してくれた。DSCN0043.JPG8

さらにジェラートの店。
イータリーに出店しているが、
家賃は無料で売上げ歩合制だとか。

そのジェラートも試食。DSCN0056.JPG8

説明を聞いてから食べる。
これすなわち学ぶこと。DSCN0053.JPG8

2階のチーズ売場はすごい。DSCN0086.JPG8

モッツァレラチーズは自家製。
「ミラノの奇跡」と呼ばれるマルコさん。
匠の技はさえわたり、
イータリーの名を高めると同時に、
いろいろなイベントに呼ばれて大活躍。DSCN0072.JPG8

そのモッツァレラチーズを試食。DSCN0084.JPG8

隣では、調理のレクチャー。DSCN0092.JPG8

そして精肉部門。
DSCN0104.JPG8

ここでは牛の生肉を試食。

絶品。
DSCN0107.JPG8

シーフードも宝石を並べたように美しい。DSCN0111.JPG8

店内くまなくレクチャーしてもらって、
お礼のプレゼント。
イオン㈱の難波廣幸さん。DSCN0123.JPG8

私もツーショット。
ありがとう。
DSCN0124.JPG8

それにしてもミラノのイータリー。
ぜひ、一度来てみてください。
DSCN0115.JPG8

出入り口にレジを置いた。
これは大正解。
そのレジの上にこの店で演奏した、
著名ミュージシャンの写真。
すばらしい。
DSCN0154.JPG8

ミラノのイータリー。
百貨店の屋上をすっかり、
イータリー化させた。

ハイパーマーケットのイーペルも、
イータリー化の製造小売業だ。

それがドイツのカウフランドや、
エデカスチェックインセンターを生んだ。

もちろん世界中のスーパーマーケットに、
多大な影響を与えた。DSCN0156.JPG8
「ありがとう」と言いたくなる。

そのミラノともお別れ。

ミラノ国際空港から、
ロンドン行きの便に乗る。IMG_6736.JPG8

ロンドン・ヒースロー空港では、
一人ひとりと握手して、
送り出した。
IMG_6744.JPG8

私は一人、ロンドンに一泊。
疲れ切っていて9時間くらい眠った。

日が上がると、出かける旅人。IMG_6746.JPG8

ターミナル4に隣接するヒルトンホテル。IMG_6747.JPG8

ヒースロー空港ターミナル3から、
米国ダラス・フォートワース空港に向かう。
IMG_6750.JPG8

空港もすごい人出。
IMG_6752.JPG8

そのころ、東京成田国際空港。
平和堂米国研修第16団が結団式を終えて、
出発の写真。
IMG_6751.JPG8

私もブリティッシュエアウェイズで、
ダラスに向かう。
DSCN9949.JPG8

大西洋が見えてきた。DSCN9951.JPG8

ダラスとロンドンは6時間の時差。
10時間のフライト。DSCN9952.JPG8
休む間もなく、次の研修。

学んで、教えて、
食べて、飲んで、楽しむ。
こんな人生もいいもんです。
(つづきます)

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2018年の開催研修会
  • USA視察研修会 Beginnersコース 2018年11月下旬開催場所:ハワイ・オアフ
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
マス・カスタマイゼーション

杉山昭次郎・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.