結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2010年06月16日(水曜日)

寺岡ニューバランスフェアの講演と「博多松金市場」での再会

自民党が内閣不信任案を提出し、
それが否決されて、
第174通常国会は閉幕する。

そして参議院選に突入。

政府がこの国会に提出した新規の法案は63本。
そのうち35本が成立した。
成立率55.6%。

これは1963年の佐藤栄作内閣の55.8%を下回り、
現行法のもとでは史上最低だった。

何といっても、通常国会開催中に、
鳩山由紀夫前首相が退陣し、
菅直人新内閣が発足したのだから、
法案成立の確立が下がるのは当たり前といえば当たり前か。

世間はワールドカップサッカー一色だし、
そのうえ参議院議員選挙の季節に入る。

私は今、博多駅から新大阪に向けた「のぞみ」車中。

西日本新聞の一面トップは、
「口蹄疫 宮崎経済深刻」の記事。
東国原英夫知事が「非常事態宣言」を発してから、
明後日の18日で1カ月を経過する。
その宮崎、畜産業以外の「風評被害」が大きく、
県内事業者の85%が影響を受けたと報告している。
そのうち32%の企業は、1年前に比べて、
5割以上の売上げダウン。

「風評被害」の無制限な拡大だけは、
なんとか食い止めたいものだ。

さて、昨日から福岡。

TERAOKAニューバランスフェア福岡。
毎年のように博多駅前の「博多スターレーン」で開催されている。
img_0721.JPG
私は、毎年のように記念講演。

今回のタイトルは、
「Practice comes first!」
サブタイトルは「実践躬行・実行第一」
img_0716-3.jpg
そう、2010年の商人舎標語。

「躬行」という言葉に反応する人が多い。
(きゅうこう)と読むが、
「口に出したことを実際に行うこと」

サッカー・ジャパンの本田圭佑選手など、
「ビッグマウス」といわれるが、
大口をたたきつつ、それを現実化させてしまう。
「躬行」も「ビッグマウス」となると大変なことになる。

私の講演は、
いかに実践するか、
何を実行するか。

「サービスとイノベーション」の実行に絞って話した。

講演終了後、
『小売業界大研究』のサイン会。
img_0728-3.jpg
本を購入していただいた上に、
待ってくださったみなさん、
本当にありがとうございました。

講演会、サイン会が終わって、
㈱九州テラオカ社長の川越純一さん、
㈱寺岡精工の三木桂さん、
そして旧知の萩原政利さんと写真。
img_0730-3.jpg
萩原さんは、㈱サニーの常務取締役の後、
西友に出向き、物流本部長、商品本部長を歴任した。

その後、萩原さんのご案内で、
ベイサイドプレイス博多へ。
dscn5151-3.jpg
横浜のマリンタワーか大阪通天閣か、といった塔がある。
同じ設計家だとか。

そこに九電工が再開発し、
萩原さんがプロデュースした商業施設がある。
3か月前にオープンした。
dscn5159-3.jpg

その中に、市場型スーパーマーケットがある。
dscn5170-3.jpg

「博多松金市場」
dscn5172-3.jpg

壱岐・対馬から揚がったとれたての魚が最大の売り物。
dscn5178-3.jpg

精肉は多段ケースで売られている。
dscn5177-3.jpg

鮮魚売り場の反対側には青果売り場。
ここも市場型。
dscn5171-3.jpg

「壱岐漁協直出荷」と掲示がある。
dscn5184-3.jpg

発泡スチロールに氷が敷かれ、
とれたての鮮魚が品揃えされている。
dscn5176-3.jpg

中央卸売市場に回る前の魚が、
この売り場に並べられて、売られる。
福岡の鮮魚は新鮮でうまい。
それがこの店の命でもある。
dscn5174-3.jpg

売り場の片隅に、水槽がある。
dscn5186-3.jpg

のぞいてみると鮮魚が泳ぎ、貝類が息づいている。
dscn5187-3.jpg

これらは、二階の和風レストランで、
調理して食べることもできる。
dscn5188.JPG

松金市場のグロサリー店舗。
生鮮売り場とグロサリー売り場は別のショップ。
dscn5169-3.jpg

博多をはじめ、九州の産物が集められている。
dscn5163-3.jpg

菓子も調味料も九州産。
dscn5167-3.jpg

醤油も九州産ばかり。
dscn5164-3.jpg

この店の経営は㈱イーツーケー。
代表取締役社長は松本英一さん。
dscn5182-3.jpg
そう、かつての㈱サニーの社長。
固い握手。

「松金市場」の「松金」とは、
あのサニー創業者の松本金也さんの「松金」なのだ。

福岡の優良なスーパーマーケットだったサニーは、
親会社の百貨店岩田屋の経営が苦しくなって、
西友に売却された。
その時点で、松本英一さんは経営を降りて、
ボンラパスの社長となった。

サニーでは西友がウォルマートに買収されてからは、
ウォルマート方式で改革が進められている。

一方、松本さんは、ボンラパスがハローデイに売却されて、
現在の㈱イーツーケーを起こし、
「松金市場」をオープンさせた。

松本さんのもとにかつてのサニーのメンバーが集まって、
一からの出直しを図っている。

萩原さんがそのプロデューサー。

私は、その応援団。
dscn5180-3.jpg

松本さんやサニーの面々と再会して、
私は本当にうれしかった。

「小さな店であることを恥じることはないよ。
その小さなあなたのお店に、
人の心の美しさを、
いっぱいに満たそうよ」

岡田徹の詩が頭に浮かんだ。
私は、それを、口には出さなかった。

<結城義晴>

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.