結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2010年06月29日(火曜日)

北京オリンピック女子ソフトボールチームトレーナー大石益代さんと対談して「無私」を知る

今夜はFIFAワールドカップの日本対パラグアイ戦。

日本サッカー界にとっては世紀の一戦。
何しろワールドカップ4位が、
今回の岡田ジャパンの目標であるだけでなく、
日本代表チームは、これまで8位になったこともない。

だからこその世紀の一戦。
日本中、これ以上ないという盛り上がり。

何度も言うが、商人は、
顧客の生活に共鳴しなければいけない。

小さな喜び、
ささやかな幸せ、
明日への希望。  

それが閉塞感の漂う日本マーケットにおける顧客の望むもの。

しかし、ワールドカップ。
実力があるチームは、
実力通り残ってきた。

大きなマネジメント上のミスを犯したチームは、
実力があっても残らない。

実力は必要条件、
マネジメント上の問題は十分条件。

それが揃ったチームがベスト8に残っている。

さて日本には条件が揃っているのか。
今夜は、私たちも、再びあの感動を求めて、
楽しむこととしよう。

今朝の「流通ニュース」の報告。
サッカー専門のECサイトの「スポーツウェブショッパーズ」の発表。
日本代表ユニフォームの販売数が15倍に飛躍した。

さて、昨日は、東京・新宿。
CDオーディオセミナーの収録。

dscn0740-3.jpg

第23回目のゲストは、大石益代さん。
財団法人日本ソフトボール協会ナショナルチームトレーナー。

あの北京オリンピックで金メダルを取った日本チームの精神的・肉体的サポート役。

最近は体幹トレーナーとしても大活躍。

dscn0662-1.jpg

大石さんのキャリアから対談を始めて、
北京オリンピックでの金メダル獲得の裏話まで、
あっという間に2時間ほどが過ぎた。

大石さん、魅力的な女性だった。

dscn0691-3.jpg

私は、40歳代のほぼ10年間、
横浜市港北区のジュニアソフトボールチームの監督を務めた。

だから大石さんとの対談は、最初から心が動いた。

dscn0727-11.jpg

大石さんは小学生、中学生と野球をやっていた。

そしてソフトボールのチームがある高校を選んで入学した。

その1年生の時、股関節を痛めた。
キャッチャーとして致命的な怪我だった。

6時間にも及ぶ大手術を受けて、
リハビリに入ったものの、
この間のケアの知識が薄く、
完全な回復には至らなかった。

その後、二度目の怪我。
やはり股関節。

その後、日本大学に進み、
アメリカ・ネバダ州立大学に学び、
トレーナーの道を歩む。

帰国後、全日本チームのトレーナーに。
最後にはナショナルチームのトレーナーとして、
メンタル・フィジカル両面からチームを支える存在となった。

dscn0753-1.jpg

その大石さんの言葉。
「Start strong, finish strong」  

はじめ強く、終わり強く。

「今までと同じことをやっていてはだめ。
過去を否定することが必要」

「トレーナーを必要としないアスリートを育てたい」  

「育てるよりも育む」  

失礼ながら、私より一回り以上も若いのに、
実にしっかりした考え方を持った人。

大石さんの話に深く感動した。

dscn0802-1.jpg

大石さんの言葉のひとつ。
「トレーナーを必要としないアスリート」

これは、自分の役割を必要としないレベルを探求すること。
つまり、自らの存在を「無」にする考え方。

私が自らの生き方を表現する「利他と無私」につながる。

いい対談だった。

女子ソフトボール日本チームも、
実力の上にマネジメントが整った。

それを大石さんたちが成し遂げた。

私たちはこのことを忘れてはいけない。

<結城義晴>

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.