結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2010年06月25日(金曜日)

FIFAワールドカップ「岡田ジャパン早朝勝利」の感動の理由を考察する

サッカーの試合で、
こんなに感動したのは初めてだった。

これほどの感動の理由はどこにあるのか。
dscn5310-3.jpg

FIFAワールドカップ南アフリカ大会。
日本代表がデンマークに3対1で快勝。

dscn5324-3.jpg

2002年の日韓共催大会以来、決勝トーナメントに進んだ。

選手たち自身が感動していた。

dscn5304-3.jpg

ルステンブルク・スタジアムに陣取った応援団はもちろん感動した。
dscn5290-3.jpg

北半球の日本列島でも、
うっすらと明け始めた早朝の5時半には、
感動の渦が巻き起こっていた。

日本中の家庭に灯があった。

この感動を生みだしたのは、やはりこの男。

dscn5316-3.jpg

本田圭佑が口火を切って、1点を先取し、
仲間に勇気と元気を植え付けた。

2点目は、遠藤保仁が決めた。

dscn5279-3.jpg

ゲーム後、本田はクールに語ったが、
自ら感動していることは明らかだった。

dscn5302-3.jpg

監督の岡田武史は、
感動して泣いていた。

dscn5295-3.jpg

私も、感動した。

感動は、サービスやホスピタリティと同根だと思う。

フリップ・コトラーが定義している。
「サービスの質とは、
提供され知覚されたサービスと、
期待されたサービスのギャップである」

岡田ジャパンの選手たちがフィールドで提供したものと、
私たちが期待したものとのギャップ。

それが想像を超えて、はるかに大きかった。
だから感動も大きかった。

選手たちの真摯さ、忍耐強さ、ひたむきさ。
自分のエゴのかけらも見えない仲間への思いやりとやさしさ。
そのうえで、闘う意志。

その結果の劇的勝利。

前評判は高くはなかった。

「艱難が忍耐を生み出し、
忍耐が練達(練られた品性)を生み出し、
練達が希望を生み出す。
この希望は失望に終わることがない」

(新約聖書・ローマ人への手紙5章)

彼らは艱難から忍耐を学び、
忍耐から練達を身につけ、
練達の挙句、希望を生み出した。
この艱難から生まれた希望は、
失望に終わることはない。
それがこの勝利だった。

さらにこの感動を大きくした理由。

それは、私たちがこの稀な体験をした時間帯にある。

深夜3時半から早朝5時半。
普通ではない状況。
尋常ではない環境。

これが大いに感動を増幅させた。

心から、感謝したい。

さて、昨日は朝から、東京・日本橋。

参議院選挙公示の日に、出陣式。
応援者のスピーチも良かったし、
立候補者の演説はもっと良かった。

感動した。

頑張ってほしい。

その後、日暮里で、1日、会議。
会社の変革のスピードが、
思った以上に速い。

それに感動すら覚えた。

そして夕方は、御徒町の「花ふぶき」で懇親会。
dscn5275-3.jpg

写真右から二人目が、
ユニバース㈱代表取締役の清岡祥治さん、
右が同営業部の佐藤傑(すぐる)さん。

この会社は1万名の自社登録スタッフを擁して、
各種イベントプロモーションを展開する。

今のところサンプリングが中心業務だが、
そこから、生活導線上の『コミュニケーション・ハブ』機能を担って、
プロモーションを展開していこうという構想を持つ。

とりわけ佐藤さんは全国の「料理教室」のネットワークを持っていて、
これが実に面白い。

日本の食分野を、料理教室を起点に、
様々な切り口でマーケティングし、イノベーションしていく。
そんなビジョンと意欲が、二人にあふれていた。

36歳の若い二人と話をしていて、
私はちょっと、その若さに感動した。

応援したいと思う。

昨日から今朝まで、感動の嵐。

感動とは、自分の心が解放されていると、
群れをなして、向こうからやってくるもののようだ。

お店にも、そういったことがあふれているといい。
ただし、店舗における感動は、
大抵の場合、もっと日常的で、普通で、
小さくて、細かい感動である。

いつもいつも、異常で大きな感動をもたらすものではない。

ワールドカップは、4年ごとに行われるから、
大きな感動。

店は毎日開かれるから、そこでは、
小さな感動。

この違い、両方を味わえることに、心から、感謝。

<結城義晴>

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.