結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2010年06月19日(土曜日)

緒方知行『2020』創刊25周年&300号記念パーティの鈴木敏文、岡田卓也、廣田正・・・・・・

米国ぺブルビーチで開催中の全米オープンゴルフ。
石川遼選手が二回戦を終わって、
1アンダーの2位につけている。
1アンダーとは、パープレイに対して、
1つマイナスということ。

とても良い成績。

今日3日目が重要になってきた。

サッカーのワールドカップも、
今日のオランダ戦がジャパンにとって大切。

今日の土曜日は、観戦するほうも忙しくなってきた。
週末に向けて、こういったニュースが待っているというのは、
何というか、いいもんです。

さて昨日は、東京の赤坂。
グランドプリンスホテル赤阪。

月刊『2020 Value Creator』の
創刊25周年&300号記念パーティ。

dscn0502-1.jpg

緒方知行編集主幹の挨拶。

『2020』といえば、緒方知行。71歳。
現在は㈱2020新社の経営に直接、携わってはいないが、
同誌編集主幹として健筆をふるう。
緒方さんは33年前、私が㈱商業界に入社し、
『販売革新』編集部に配属された時の編集長にして、
人生最初の上司。

その独立25周年のお祝い。

我がことのように嬉しかった。

300人のそうそうたる人々が、
この『2020』25周年に名を連ねて祝福し、
盛大なパーティとなった。

ご挨拶の人々がすごい。

㈱セブン&アイ・ホールディングス会長の鈴木敏文さん。
dscn0514-1.jpg

月刊雑誌は現在、多産多死状況と40%を超える返品率。
鈴木さんの話にはいつも数字が入って、説得力がある。

二番目は、倉本初夫㈱商業界主幹。

dscn0518-1.jpg

緒方さんの「オンリーワン」主義をたたえた。

三番目は、日本スーパーマーケット協会会長の川野幸夫さん。
㈱ヤオコー会長。

dscn0522-1.jpg

スーパーマーケットを導く人の重要性を説いた。

4番目は慶応義塾大学名誉教授の嶋口光輝さん。

dscn0523-1.jpg

「ジャーナリストは、人に好かれること、
そして取材したことはすぐに書くこと」
大森実さんが言ったことを引き出して、
緒方さんのジャーナリストぶりを称賛した。

5番目は、荒井伸也さん。
作家にして、オール日本スーパーマーケット協会会長。

dscn0528-1.jpg

荒井さんのペンネーム安土敏の最初の小説『他人の城』のエピソードを、
緒方さんの功績と重ねてスピーチ。

そして6番目が㈱菱食相談役の廣田正さん。

dscn0531-1.jpg

儒学者の佐藤一斎から引いて、スピーチ。
「少にして学べば、すなわち壮にして為すあり。
壮にして学べば、すなわち老いて衰えず。
老にして学べば、すなわち死して朽ちず」

「私にも言ってください」
廣田さんには、こう注文した。

ここまでで1時間。

そして鏡割り。

dscn0539-1.jpg

乾杯のご挨拶は、イオン㈱名誉相談役の岡田卓也さん。
短いスピーチと早速の乾杯。

dscn0541-1.jpg

良かった。

それから懇親。

緒方さんと『2020』のパーティだが、
私たちにとっては自分の会のような参集メンバーで、
本当にうれしかった。

まずは緒方さんと固い握手。

dscn0498-1.jpg

㈱コメリ会長の捧賢一さん。

dscn0497-1.jpg

7月の参議院選に全国比例区から立候補する清水信次さん。
「清水のぶつぐ」と読む。
投票のときには、この名前を書かねばならない。

dscn0501-1.jpg
清水さんは㈱ライフコーポレーション会長にして、
日本スーパーマーケット協会、日本セルフ・サービス協会名誉会長をはじめ、
30を超える要職を務めている。

消費税問題がわき上がってくるとき、
俄然、存在感を発揮する経営者でもある。

先の廣田正さんと、
㈱セブン&アイ・フードシステムズ社長の塙昭彦さん。

dscn0551-1.jpg

塙さんはイトーヨーカ堂の販売本部長として辣腕を振い、
中国での店舗展開を成功に導き、
現在、デニーズをはじめとする外食グループの立て直しを担う。

㈱関西スーパーマーケット社長の井上保さん。

dscn0554-1.jpg
私、「宮崎県の口蹄疫義捐金」のこと、褒めた。
井上さんならではの政策だ。

㈱エコス会長の平富郎さんと、
前エコス社長の岩谷堯さん。

dscn0557-1.jpg

岩谷さんは現在、流通科学大学常務理事・事務局長として、
活躍中。

そして毎日お会いしているが㈱たいらや社長の村上篤三郎さん。

dscn0559-1.jpg

手塚幸男先生にも、久しぶりにお会いした。
元ブルーチップ総合研究所所長。

dscn0499-1.jpg

お元気で何より。

お元気といえば、木村迪夫さん、95歳。
前㈱商業界会館社長にして、㈱カメラのきむら創業者。
左は、商人舎エグゼクティブ・プロデューサーにしてアド・パイン代表の松井康彦さん。

dscn0552-1.jpg

そして最後のスピーチは、平富郎さん。
dscn0561-1.jpg

日本スーパーマーケット協会副会長として、
名誉会長の清水さんの立候補をアピール。

中締めは、望月照彦さん。
多摩大学教授。

dscn0566-1.jpg

望月さんは、なぜか怒っていた。
この時代に対して、流通業界の不甲斐なさに対して。
「新しい出発の時」
そんなことを語った。

45歳で独立し、雑誌『2020』を創刊した緒方さん。
55歳から蛻変し、雑誌を離れ、「商業の現代化」を掲げる私。

方法論は異なれど、
志はひとつ。

そんなことを強く感じた夜だった。

<結城義晴>

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.