結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2010年06月01日(火曜日)

6月の商人舎標語「やさしいことから手をつけよ」と「男の月、お父さんの1カ月」

今日から6月。

天候は平年並み。
ちょっと雨が少ない。

新聞全紙が口をそろえて、
「首相退陣論」 を奏でる。

鳩山由紀夫総理、
朝、目覚めることすら、
辛いに違いない。
それでも一国のリーダー、
逃げ出すわけにはいかない。

これは資金繰りが回らない企業の社長や、
負けが込んだ野球の監督の心境。

5月26日には実際に、
プロ野球ヤクルト・スワローズの高田繁監督が辞任している。

読売巨人軍の人気野手として現役を全うし、
その後、指導者の道を歩み、
日本ハムファイターズではゼネラルマネジャーとして大成功をおさめた。

しかし、スワローズのGM兼監督の要請には応えられなかった。
朝日新聞の名物スポーツ記者・西村欣也が書いている。
「監督とGMの兼任は極めて難しい」

では、GMと監督、役割分担すればいいかというと、
そうは簡単にいかない。
適格な人材がいない場合が、圧倒的に多い。

だからやむを得ず、兼務となる。
鳩山政権でも、「なんでも首相の判断」の構図が出来上がった。
これは、辛い。

道をつくって、退陣するしかない。
もちろん小沢一郎幹事長だけ残留するというのは許されまい。
時期は来ているのだろう。
世代交代の。
さて、恒例の6月の商人舎標語。
一昨年の6月から発表し始めたから、
今回で25回目。

毎月毎月、思いを込めて、スローガンを贈る。
私にとっては、感慨深いものばかり。

その6月の標語。
「やさしいことから手をつけよ」

鳩山由紀夫首相の手をつけた「普天間問題」。
現代史の中でも最も難しいテーマが表出した問題だった。

昨日書いたように、朝鮮半島の南北問題、
20世紀の資本主義と共産主義の問題、
そして日米安全保障問題、
現在の世界のリーダーシップを巡る米中問題。

難しい問題が複雑に絡み合っている。

評論家やマスコミは勝手なことを言い立てるが、
自分で問題解決してみろ、といわれたら、
如何ともしがたいに違いない。

「虎の尾を踏む」ということわざがあるが、
難しいことから手をつけてしまった。

「むずかしいからおもしろい」
これこそ真理である。

しかし難しいことを問題解決するのには、
「やさしいことから手をつけよ」である。

倉本長治商業界主幹は言った。
「仕事の段取りとして、
困難なことから手をつけるのは、
うまいとはいえない」

倉本は『商売十訓』でも第二訓で、こう、記した。
「創意を尊びつつ良いことは真似ろ」
これが本当の「学び」の意味である、と言った。

真似る。

なぜか。

そのほうがやさしいから。
実現させやすいから。

だから、まず、やさしいことから着手する。
この姿勢である。
これが問題解決的な手順である。

「他者がやっていることで、
良いこと、正しいこと、お客のためになると思われることは、
たとえ人真似であっても恥じてはならない」

これはウォルマートの創業者サム・ウォルトンの言葉。

「私は誰よりもソル・プライスから経営原則を『盗んだ』。
本当は『借りた』という言葉を使いたいところだが…」

しかし、物まねばかりではいけない。
サルまねとなってしまう。

「難しいことをやさしく、
やさしいことを面白く、
面白いことをより深く」

再び確認。
「むずかしいからおもしろい」
5月のスローガン。

その解決法は、
「やさしいことから手をつけよ」

さてさて今日から水無月、June。
その6月のスケジュール。
いまのところ、さわやかな6月だが、
6月11日が「入梅」。
つまりは暦のうえの「梅雨入り」

「入梅」とはおつなネーミングだが、
「雑節」(ざっせつ)の一つ。

雑節とは、「五節句」や「二十四節気」など、
暦の節目となる日のこと。
それに「入梅」のように季節の変わり目を確認する日のこと。

一般に雑節と呼ばれる日は9つ。
節分(2月4日)、 彼岸、 社日、 八十八夜(5月2日)、
それに入梅、半夏生(7月2日)、土用、
さらに二百十日(9月1日)、二百二十日(9月11日)。

「入梅」は太陽が黄経80度の点を通過する日とされる。

現実的には、気象庁が地域ごとに、
「梅雨入り宣言」をするが、
かつての農業社会では気象庁のような社会的機能がなかったら、
「入梅の日」の基準を定めて、それぞれに「田植え」の日程を決めた。

6月は、今日、1日から衣替え。
学校などは、制服が変わる。
そして10日が「時の記念日」 。
11日は「入梅」。
同時にこの11日からサッカー・ワールドカップが始まる。
南アフリカ共和国での開催。

地球の裏側での世界最大のスポーツイベントに、
一喜一憂しつつ、1億総評論家と化す。

ワールドカップは7月11日の決勝まで、
ぴったり1カ月間開催され、
これまた世界中が一色に染まる。

何事も商売ネタにはなる。

ちなみに日本チームは、
6月14日カメルーン戦(23時ゲーム開始)、
6月19日オランダ戦(20時30分)、
6月24日デンマーク戦(27時30分、すなわち25日午前3時30分)。

ここまでか。
岡田ジャパンに期待しよう。
とりわけて、本田圭佑選手に。

そして6月最大のイベントは、
第3日曜日、20日の「父の日」。

この日が昨年も、6月で最大の消費支出指数を示している。

ワールドカップの大潮流を鑑みると、
6月は男の月、お父さんの1カ月。

こう、位置づけたい。

昨日予告したスーパーマーケット3人論客のコメントは明日に延期。
ご容赦願いたい。

6月の商人舎標語。
「やさしいことから手をつけよ」

そして6月の位置づけ。
男の月、お父さんの1カ月。

皆さん、よろしく。

<結城義晴>

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.