結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2010年10月28日(木曜日)

パリ市内にオープンしたカルフールの最新コンパクト・ハイパーマーケット

日本銀行の金融政策決定会合で、
2010年~2012年の国内総生産が討議された。
2010年度から2011年度に関しては、
実質成長率と消費者物価は下方修正され、
2012年度成長率は前年比でプラス1%台との予測。

これによってゼロ金利も、
長期化する可能性が高まりそうだ。

なんとも、厳しい環境が続きそうで、
昨日、このブログでイオンの中期経営計画を問題にしてが、
その基本認識に関して岡田元也社長がコメントしたことが、
2010年代の前半は当たりそうだ。

「これからの10年の環境変化は、
これまでで最も激しいものになる」

さて今日も、「ロンドン・パリ探訪」カルフール編の続き。
カルフールの最新店大繁盛。
これは最大店舗「モンテッソン店」以上の凄さ。

なぜか。

競争がないところ、
大型店舗がないところに、
最新のハイパーマーケットをオープンさせたから。

dscn9497-2.jpg

このレジ付近の混雑ぶりを見てほしい。

dscn9547-3.jpg

カルフールは、テスコ同様に、
大きく4つのパターンのフォーマットを展開している。
フランス国内で、21.7%のシェアを有するが、
これもテスコ同様に「クリティカル・マス」を突破している。
そしてこのように寡占するにはマルチ・フォーマット戦略をとらざるを得ない。

まずハイパーマーケットが231店舗で、224億ユーロ。
スーパーマーケットは987店舗で、139億ユーロ。
コンビニエンスストアが3165店で、71億ユーロ、
そして小型ハードディスカウンターが、928店舗で27億ユーロ。

この中で、ハイパーマーケットが半分以上を占める。
カルフールにとって、便利性総合小売業こそ、
収益性も高いし、その存在価値をアピールするフォーマットなのだ。

最新店のオートイユ店は、パリ市内にオープンしたハイパーマーケット。
dscn9555-3.jpg

フランスには「ラファラン法」という出店規制法がある。
「1996年7月5日法」ともいわれ、
これはやはり厳しい営業規制法だった「ロワイエ法」を修正したもの。

1975年にはフランス国内にハイパーマーケットが3151店あった。
それが1995年には3倍近い8771店に増えていた。

ラファラン法に記されているその目的。
「商業と手工業は価格および提供するサービスと商品の質に関し、
消費者の需要を満足させることをその役割とする。
雇用の発展に協力し、国内経済の競争力を高め、
都市および農村生活を活気付け、生活の質の向上に貢献しなくてはならない。
同時に、商業設備の近代化に貢献しなくてはならない」

小売商店の新築、または既存建築物の改造は、
300㎡以上の販売面積をもつ小売商店の開店・拡張には、
県商業設備委員会に対して許可申請が必要とされる。

当然ながらハイパーマーケットはもとより、
スーパーマーケットも規制対象となる。

この法規は、第1に小売店舗の新築、改造だけでなく、
ホテル、大規模映画館、店舗付きガソリンスタンドをも対象としている。
第2に県商業設備委員会の地元議会議員代表数を削減している。
第3に、出店に伴う影響調査の強化を挙げている。
そして第4に、違反に対する罰則の強化がある。

従って、パリ周辺ではほとんどといってよいほど、
新店舗はつくることができなかった。

不可能に近いこと。
それを可能にすると、
ものすごい繁盛店ができる。

それがオートイユ店。
dscn9556-3.jpg

パリ市は東京の山手線内ほどの広さを持つ。
そのパリ市外周道路の際に、この店は出店した。
ワンフロアの細長い店舗で、上は公園。

円形の入口をはいると、もう客の熱気が伝わってくる。dscn9554-3.jpg

天井は低く、店舗としての条件がいいわけではない。
dscn9553-3.jpg

入口をはいると、シーゾナル・プロモーション売場。
dscn9551-3.jpg

飲料が大量陳列でディスカウントされている。
dscn9550-3.jpg

コカコーラなどこのあり様。
dscn9549-3.jpg

レジのところには、長い行列と人だかり。
dscn9545-3.jpg

土曜日の夕方ということもあるが、
レジには人がたまって、
その周辺は動きがとれないほど。
dscn9548-3.jpg

モンテッソン店も凄かったが、
この店も見てください。
繁盛とはどんなものだったか。
日本の小売業が忘れてしまったものがある。

dscn9500-2.jpg

定番売場は、まず花卉の売場から。
dscn9544-3.jpg

青果部門は鮮度の良い商品が並ぶ。
dscn9503-2.jpg

ワンフロア細長いハイパーマーケットでも、
青果部門は一番最初に来て、一番広い。
世界共通の現象。

dscn9502-31.jpg

トロ箱、クレート陳列は当たり前。
dscn9506-3.jpg

フォークリフトで運んで来て、そのまま売場に並べるだけ。
dscn9507-2.jpg

延々と青果部門が続く。
dscn9508-3.jpg

鮮魚は氷を敷き詰めた上に商品をきれいに並べる。

dscn9509-3.jpg

魚はセンスよく、しかも市場形式の売り方を採用している。
dscn9512-3.jpg

鮮魚から多段ケースの精肉へ、
そして対面精肉売場へ。
dscn9513-2.jpg

店舗の一番奥に精肉対面コーナー。
ここも畜種別、用途別に仕切られている。
dscn9514-3.jpg

1990年代の店舗からすると、
ずっとあか抜けていて、
さすがフランスという雰囲気づくりがなされている。

dscn9515-3.jpg

精肉よりも力が入っているのがデリ売場。

dscn9517-3.jpg

低い対面ケースの前に店員が立って、
客と会話しながら売り込む。
dscn9518-3.jpg

乳製品、チーズの売場も低い対面コーナーに、
商品がセンスよく並べられ、
顧客の注文に応じて商品提供される。

dscn9519-3.jpg

ホットデリ売場も、人気の的だ。
dscn9539-31.jpg

ベーカリーは巨大な売場。
フランスパンが、材木のように縦に並べられて売られている。

dscn9540-31.jpg

パッケージ・デリ売場。
dscn9542-31.jpg
電子棚札のデリ売場2は最下段の下のケースの縁に関連陳列。。
dscn9511-3.jpg

ピザ生地売場の下段にはコーラの関連陳列。

dscn9528-3.jpg

冷凍食品はセミ・リーチインケースを採用。
店舗が狭いことをずいぶん意識している。

dscn9530-3.jpg

それでもグロサリーは十分なスペースをとっている。

dscn9527-31.jpg

モンテッソン店の1万2000坪ほどに大量陳列はしていないが、
ハーフサイズ・ハイパーマーケットとして、
実は非常に買いやすい売場となっている。

dscn9534-3.jpg

ビン詰め、缶詰めなども絞り込みつつ、
整理された売場だ。
dscn9543-3.jpg

ワイン売場は、逆に品揃え豊富。
パリ市民の中の富裕層向けの店舗となっている。

dscn9523-3.jpg

水は壁面沿いで、大量陳列。
よく売れている。
dscn9521-3.jpg

水の補充風景。
dscn9522-3.jpg

飲料売場はどんな店でも十分なスペース。

dscn9524-2.jpg

そしてこの店でも搬入口が直接設けられている。

dscn9532-3.jpg

搬入口は1カ所ではない。
dscn9526-3.jpg
ここからフォークリフトで単品大量に搬入され、
単品大量に並べられ、
単品大量に販売される。

それがハイパーマーケットのコンセプト。
しかしパリ市内のハイパーマーケットは、
そのうえで絞り込んだ品ぞろえと、
ハイクオリティの商品ラインを導入している。

まさにコンパクト・ハイパーマーケット。

ウォルマートが、盛んに実験しているコンパクト・スーパーセンター。
それがパリ市内のカルフールにおいても展開されている。
こちらは実験ではない。

厳しいラファラン法の規制の中で、
出店しさえすれば確実に、
巨大な売上げをはじき、莫大な利益を出す。

それが、このオートイユ店。

小売業は、一に立地、二に立地、
三四がなくて、五に立地。

そのうえで競合がない。

こんな金城湯池を生みだすことができるのだということを、
この店は教えてくれる。
(まだまだつづきます)

<結城義晴>

<商人舎事務局からのお知らせ>

商人舎が今年最後におくる戦略セミナー
「儲かる惣菜マーチャンダイジング」は、
只今、参加者を募集中です!

惣菜分野の第一人者・日本フードサービス専門学院長の林廣美先生に、
2011年の惣菜トレンド、儲かる惣菜メニューの開発と売り方を、
徹底解説いただきます。
年末年始の売れて儲かるホット・デリ、コールド・デリも紹介します。

もちろん、結城義晴が、国内外のホットな動向を背景に、
2011年スーパーマーケットへの戦略提言をいたします。

詳細はこちら、お申し込みはお早めにお願いします。


2 件のコメント

  • 結城先生へ  ありがとうございます。
    カルフールのオートイユ店は驚きました!! 建物の上が公園になっているとは
    「こんなのあり」とも思いますが、一に立地、二に立地と聞いて納得です。

    近年ここ九州でも あるドラッグストアーが九州の離島(壱岐、対馬、種子島等)に次々と出店しました。

    九州の離島は業種店が定価販売をしている市場です、そこにドラッグストアーが進出したので、超繁盛が次々と誕生していきました。

    しかし 直ぐに競合のドラッグが先のドラッグの横に次々と出店(離島の商業集積は限定されるため。)していきました。

    閉鎖商圏のパイを後で出店した2社~3社でに分け合う結果となり、超繁盛店は直ぐに
    標準店になりました。

  • いまちゃん、その通り。

    閉鎖商圏に強い業態が登場すると、
    あっという間に超のつく繁盛店となります。
    しかし同業が参入すると、すぐに普通の店となります。

    フランスのラファラン法はそれを許しません。
    だから何とか政治力を発揮してでも、閉鎖商圏に出店すると、
    大きな利益をあげつづけ、それが海外進出の原資となります。

    しかし、閉鎖商圏での殿様商売に慣れきってしまうと、
    海外商圏での激しい競争には耐えられません。
    最初の段階の競争環境が甘く、
    一気にクリティカルマスを突破してしまった国では、
    カルフールはまた、フランスと同じ状況を作り出します。

    それがカルフールの米国や日本、韓国での撤退の原因、
    そして南米や東欧での今のところの成功の理由です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会<第17回>2020年7月7日(火)~9日(木)<第18回>2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.