結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2014年10月24日(金曜日)

CCL取締役会とイオンリテール事前講義「育てるなどおこがましい」

今日は朝から東京・御成門。
カスタマーコミュニケーションズ㈱。
略称CCL。

毎月恒例の取締役会。

メンバーは11人。
代表取締役社長の米倉裕之さん、
取締役の石井賢治さん。
おふたりが常勤。
そして常勤監査役の中川浩之さん。
中川さんは元㈱宇徳代表取締役社長。

非常勤の取締役は、
まず㈱プラネット監査役の川崎清さん、
元㈱資生堂取締役常務。
㈱コーポレイトディレクションの田窪伸郎さん、
さらに㈱産業革新機構から、
中津武さんと内田愼次郎さん。
そして㈱商人舎代表取締役社長の結城義晴。

非常勤監査役は㈱プラネット取締役の牛島操さんと、
東邦金属㈱代表取締役の壱岐浩一さん。
そして最後に相談役が、
㈱プラネット代表取締役会長の玉生弘昌さん。
いいメンバーで、
毎月活発な論議が展開される。

カスタマーコミュニケーションズ㈱、
今、引く手あまたです。

今日は最後に、
CCL企画開発部部長の越尾由紀さんから、
紀文正月フォーラムの報告があった。

その内容は、
月刊『商人舎』10月号の記事に詳解されている。
「サブ・カテゴリー分析による
5消費者像別実践対策」

帰国したら㈱商業界から、
月刊『食品商業』が届いていた。
私の古巣。

年末商戦特集が組まれていた。

例えば越尾さんの記事と比べると、
悪いけれど歴然としている。

そして今日の越尾さんの報告、
CCLの社外の取締役・監査役からも、
大好評だった。

ありがとう。

その後、私は幕張へ。
イオンリテールの、
2014年度アメリカ東海岸視察事前講義。
20141025023954.jpg

初めに細田昌幸さんの挨拶。
イオンリテール人材育成部部長。
20141025024007.jpg
今回は同行してくれる。

私の講義が始まる。
20141025024020.jpg

約2時間。
20141025024034.jpg

一昨日帰国したばかりで、
最新の情報が出てきて脱線も多い。
しかしそれが面白い。
20141025024051.jpg

月刊『商人舎』9月号は、
特集「2014アメリカ小売産業」。

これはいま、
米国視察の最新の教科書。
この講義でもアメリカでも、
ずっと使うことができる。

IDとパスワードを持っている人は、
時間を見つけて、
あるいは必要な時に、
この特集を読んでほしい。

それから年間購読が基本の月刊『商人舎』だが、
この号だけは特別に、単品販売している。

申し込み方法は、
この申込用紙をダウンロードし、
商人舎までFAXで申し込む。
あるいはメール(info@shoninsha.co.jp)。

イオンの講義は、
だんだん熱が入ってくる。
20141025024108.jpg

しかし現地で、
現場を見て、現物に触れると、
目からウロコ。

アメリカ研修で一番危険で、無駄なこと。
それはコーディネーターが勝手に、
自分の都合のいい解釈を、
押し付けてしまうこと。

あるがままに見る、聞く。

ピーター・ドラッカー先生の、
ポスト・モダンの方法の第一条。
20141025024129.jpg
今日も、その近代化と現代化を語って、
この研修の目的を整理した。

あっという間に時間がやってきて、
次に会うのは11月2日日曜日。
成田空港。

今回の団長は若山昇さん。
イオンリテール執行役員、
近畿・北陸カンパニー支社長。
20141025024144.jpg
力強く、目的を訴えて、
事前講義は終了。

幕張はもう真っ暗になっていた。
20141025024201.jpg

さて最後にひとつ。
日経Web刊のスポーツ欄。
サッカージャーナリスト大住良之さんのコラム。
「日本、選手育成に問題あり」が話題。

「近年、日本のサッカー選手育成は、
アジアで最も優れ、
世界的に見ても高いレベルにあると
評価されてきた」

「だが、いまその『育成』が危機を迎えている」

「良い選手をつくるには
良い指導者が必要と、過去20年間、
日本サッカー協会は
指導者養成に精力を注いできた」

そして、
「どういう選手を育てるのか、目標を共有し、
トレーニングプログラムだけでなく
指導者が使う用語まで統一されてきた」

これ、まさしく「標準化」の考え方。

「この努力は大きな成果を生んだ」。
そのとおり。

近代化も一定の成果を上げる。

だが、この「システム」こそが、
問題になってきた。
「画一化」に陥った。

現代化の時代に共通する問題点。

セレッソ大阪監督の大熊裕司さんへの質問。
「なぜC大阪の育成部門は継続的に
日本のトップストライカーを輩出できるのか」

スイス・バーゼルの柿谷曜一朗、
現川崎の森島康仁、
杉本健勇、永井龍、そして南野拓実……。

答えは意外。
「関西には、まだ
変なおっちゃんが
多いのですよ」

ジャーナリストは分析する。
「日本サッカー協会は、
指導者養成事業を通じて、
単にレベルアップを図るだけでなく
『方向性の統一』を目指したに違いない。
しかし用語まで統一された結果、
『画一的』な指導」に陥った。

しかし関西の少年サッカー界。
「まだ自分ひとりの信念に基づいた、
個性的な指導をしている人が、
少なからずいる」

大熊さんの言葉。
「ストライカーというのは
もって生まれた素質や感覚の要素が大きい」

そして述懐する。
「『育てる』などというのは
おこがましい。

ただ、その素材に
指導者が甘えてはいけない」

私の人との接し方は、
この大熊監督と同じだ。

育てるではなく、
自分で育つのを助ける。

ここで一番いけないのは、
指導者が育っていくのを邪魔すること。
つまりは自分の考えを押し付けること。
型にはめること。
画一化させること。

西友を興した故上野光平先生の考え方。
そしてそれがポスト・モダンの根本思想だ。

カスタマーコミュニケーションズも、
イオンリテールの2014研修も、
これまで、これからの研修も、
すべてそれが基本。

よろしく。

〈結城義晴〉

2014年10月23日(木曜日)

[時差ボケの中の考察]イノベーションを起こす理由はここにあり! 

帰国後の今日。
午前3時頃、目が覚めて、
そのまま現地時差でブログを書いて、
さらに残った仕事などこなす。

大リーグ・ワールドシリーズ第1戦の録画を、
NHKのBSがやっていて、
ボーッとみていると、
カンザスシティ・ロイヤルズが負けた。

青木宣親も活躍はなし。

日本では我が阪神タイガースが、
ストレートで読売ジャイアンツを破った。

日本シリーズに出るのは、
青木と早稲田大学野球部の同期の鳥谷敬。

アメリカ旅行中、
気休めに携えていたアガサ・クリスティの長編も、
ちょうど読み終わって、安堵。

この、まったりした、
時差ボケのひととき。

嫌いではない。

手提げ鞄から、
19日間滞在したホテルのカード、
頻繁に使ったカードなどが出てきた。
20141024023428.jpg
サンフランシスコ郊外のコンコードで2泊、
ラスベガスのモンテカルロで3泊。

サンフランに戻って、
ホリデーインで2泊。

それから、
ミネアポリス、シカゴ、
シャーロット、ヒューストンで、
それぞれ1泊ずつ。

さらに商人舎チームと合流して、
サンアントニオで2泊、
ダラスで2泊、
ニューヨーク・タイムズスクェアで2泊。

都合17泊19日。

11軒のホテルに泊まった。

もう、よく覚えていない。

ラスベガスのモンテカルロも、
20141007225731.jpg
シェラトン・ダラスも、
定宿の一つだから馴染んでいる。

良かったのは、
ドゥルーリーイン&スイーツ。
サンアントニオの運河沿いのホテル。
20141017005240.jpg

楽しかったなぁ。
20141017005527.jpg

もちろんザ・マンハッタンも、
十二分に良かった。
20141023053436.jpg

帰国の便で読んだのが、
10月21日のFinancial Times。
20141024023444.jpg

一面のダイジェスト欄に、
安倍晋三日本国首相の短信。
20141024023456.jpg

そして二面に、その記事。
20141024023507.jpg
小渕優子、松島みどり。
写真の印象がひどく悪い。

さてニューヨーク周辺の競争。
スチュー・レオナード、
ウェグマンズ、
フェアウェイ・マーケット。

さらにホールフーズ・マーケット、
トレーダー・ジョー、
イータリー。

その店を評価すると、
好悪の基準が見えてきた。

一番ダメなのが、
スチュー・レオナード。

次に「古い」と感じさせられたのが、
なんとウェグマンズ。
立ち止まっている。

古そうだけれど、
イノベーションが感じられるのが、
フェアウェイマーケット。

ホールフーズとトレーダー・ジョーは、
もちろん文句なく、動いている。

そしてイータリーも。

基準は、新店への挑戦度合いだ。

新店を全くつくらないのが、
スチュー・レオナードだ。
2007年のハートフォード店以来、
新店はなくて、現在4店。
20141020170644.jpg

ウェグマンズも、
2013年12月決算段階で、
83店舗。
20141022014936.jpg
70億ドル(7000億円)級の企業で、
1年に2店舗ほどでは少ない。

しかもニューヨーク周辺の店は、
黙っていても儲かる。

イノベーションが起こりにくい。
たとえ小さな改善にしても。

フェアウェイマーケットは、
スーパーマーケット15店の企業だが、
近年はマンハッタンを中心に、
2店舗ずつくらい新しい店に取り組む。
20141020171337.jpg

ホールフーズは、
2012年度新店26店、
2013年度25店。
全米で競争にさらされつつ、
意欲的な新店舗を開発し続ける。
20141022015200.jpg

トレーダー・ジョーも、
一昨年度の新店24店、昨年度16店。
すべてが行列のできる繁盛店。
20141024035545.jpg

イータリーはアメリカでは、
2010年にニューヨークに進出すると、
2013年にシカゴに素晴らしい2号店を出して、
この4年間に2倍増の計算。
20141024040410.jpg

最大手のクローガーは、
2013年1月決算で総店舗数3538店、
2014年1月決算で3746店。
つまり1年間に208店の増加。

対して二番手のセーフウェイ。
サーベラスに買収された。
2012年12月期決算で総店舗数1641店、
2013年は1335店。
マイナス306店。

店数のピークは、
2003年12月期の1817店だから、
10年間で482店の激減。

つまり、新しい店に挑戦している企業は、
その売上規模や店舗数規模にかかわらず、
店の状態が前向きで、よろしいということ。

新店に挑戦する目的は、
売上げを積み上げて、
会社を大きくするだけではない。

自ら、変わって、
イノベーションを起こし、
顧客と社会に貢献するためなのだ。

あのニュージャージーのウェグマンズが、
ちょっと止まっていると感じさせる理由は、
ここにある。

ホールフーズもトレーダー・ジョーも、
全米から人財を集めて、
全米で競争にまみれながら、
その人財の創意工夫を活かすべく、
新しいジョブにチャレンジしている。

それが組織と店舗に、
イノベーションをもたらす。

小さくてもいい。
中くらいでもいい。
もちろん大きい場合も。

そのスケールに応じていつも、
新しい仕事、新しい店、
新しい事業に挑戦する。

新しい創意を刺激する。

それがチェーンストアの最大のメリットだ。

帰国後の時差ボケのなかで、
ボーッとしながら、
こんなことを考えた。

だから私は、
この時差ボケのひととき、
嫌いではない。

〈結城義晴〉

2014年10月22日(水曜日)

19日間アメリカの旅から帰国してBe careful of your thoughts

帰国しました。
We have returned home.
20141023052040.jpg
第18回商人舎海外視察研修会。
経営戦略スペシャルコース。

毎年、5月にベーシック訓練コースを実施し、
10月にスペシャル経営戦略コースを展開する。

今年から9月にビギナーズコースを開催して、
非常に好評だった。

それらを重ねて、18回。

もうこの産業のトップクラスの内容と、
実に多くの方々から評価していただき、
ほんとうにありがたいことです。

今回もさらにいい内容でした。

参加者のみなさん自身が、
多くを学び、刺激し合い、
そしてより多くの成果を上げる。

結城義晴と商人舎は、
その触媒となる。
それが商人舎研修会の特長。

ピーター・ドラッカー先生が、
証券会社エドワード・ジョーンズに、
最初に指導した考え方。
「金儲けする人を顧客にしてはならない」

結城義晴と商人舎も、
同じようにアドバイスし、導きます。

金儲けや売上げアップの手段を、
教えるものではない。

それがこの研修会が、
どんどん評価を上げている理由です。

最後の朝、7時。
20141023053436.jpg
ザ・マンハッタン・アット・タイムズスクェアホテル。

バスに乗り込んで、
空港まで最後の講義。
20141023053524.jpg

USAトゥデイには、
ホールフーズの宣伝広告の記事。
20141023053448.jpg
「ホールフーズが初めて、
全国的な広告を試みた」

浅野秀二先生が、
それを報告してくれた。

バスはクィーンズボロウ橋を渡る。
20141023053535.jpg

最後の言葉は、
マザー・テレサ。

Be careful of your thoughts,
for your thoughts become your words;

思考に気をつけなさい、
それはいつか言葉になるから。

Be careful of your words,
for your words become your deeds;

言葉に気をつけなさい、
それはいつか行動になるから。

Be careful of your deeds,
for your deeds become your habits;

行動に気をつけなさい、
それはいつか習慣になるから。

Be careful of your habits,
for your habits become your character;

習慣に気をつけなさい、
それはいつか性格になるから。

Be careful of your character,
for your character becomes your destiny.

性格に気をつけなさい、
それはいつか運命になるから。

商人舎研修会は、
売上げや利益を上げることを、
目的とはしない。

考察法を教え、
ともに思考する。
言葉を大切に扱う。
そして行動を促す。

それらが習慣となり、
性格をかたちづくり、
やがて運命を変えるからだ。

ラガーディア空港に着くと、
解団式。

㈱ロピア社長の高木勇輔さん。
史上最年少団長の挨拶。

20141023053553.jpg

そして人差し指で、
「一本締め」。
20141023053603.jpg

みなと別れて、
私だけユナイテッド航空のゲートへ。
20141023053612.jpg
必死の原稿書きと、
ブログ書き。

飛び立つとやはり、
マンハッタンの光景に、
目を奪われる。
20141023053620.jpg

真下にマンハッタン島。
20141023053630.jpg

そしてアメリカ大陸に、
厚い雲がかかる。
20141023053641.jpg

2時間半で雲の切れ間から、
シカゴ上空。
20141023053653.jpg

今回の旅で、
この街に学んだのが、
ウォルマート・エクスプレス。
それからホールフーズとマリアーノス。
20141023053716.jpg
いずれも素晴らしかった。

月刊『商人舎』11月号で特集しよう。

シカゴはいま、
紅葉が美しい。
20141023053735.jpg

そのシカゴ・オヘア国際空港で、
約1時間のウェイティング。

しかし私にとっては、
原稿とブログ執筆時間。

離陸寸前に書き上げて、
流通問題研究協会機関誌の原稿は送信し、
毎日更新宣言ブログは現地時間で公開した。

気分良く飛び上がると、
また厚い雲。
20141023053751.jpg

太平洋上もずっと、
厚い雲。

この19日間の旅の疲れが出たか、
私はずっと眠り続けた。

そして12時間後、
雨の成田空港。
20141023053805.jpg

帰国しました。

私の乗ったUA881便は第1ターミナル到着。

アメリカン航空便で帰国したチームと、
第2ターミナルで合流。

固い握手。

Be careful of your thoughts,
for your thoughts become your words;

Be careful of your words,
for your words become your deeds;

Be careful of your deeds,
for your deeds become your habits;

Be careful of your habits,
for your habits become your character;

Be careful of your character,
for your character becomes your destiny.

Good Luck! Everybody!

〈by Yoshiharu Yuuki〉

2014年10月21日(火曜日)

ニューヨークのウェグマンズ・ホールフーズとイーターリーの異変

帰国します。

しかし、どうにも時間がない。
ブログも簡潔に近況を報告。

昨夜はタイムズスクウェアに繰り出した。
20141022014741.jpg
わたしのとなりは浅野秀二さん。
後ろは日穀製粉㈱の面々。
右から前島正長さん、等々力仁さん、
渡辺昌彦さん、土田幸一さん。

オーストラリアのご婦人たちと、
一緒に写真。
20141022014814.jpg

そしてこうなった。
20141022014828.jpg

馬が笑っていた。
20141022014841.jpg

今日は、朝からウェグマンズ。
20141022014856.jpg

相変わらず、すばらしい青果売り場。
20141022014936.jpg

フードサービス部門も充実。
20141022014949.jpg

レジ部門のホスピタリティには、
定評がある。
20141022014922.jpg

青果売り場に子供たち。
20141022015003.jpg

月曜日の午前中、
勉強に来ている。
20141022015017.jpg

店員さんが、
丁寧に対応。
20141022015033.jpg

ベーカリーにやってきた。
20141022015113.jpg

フードサービス部門では、
朝のミーティング。
20141022015100.jpg

いい店では、
働く人、学ぶ子どもたち、
みんな躍動している。

ホールフーズ最新店。
20141022015131.jpg

環境対策店舗。
20141022015200.jpg

サム店長が解説してくれた。
20141022015246.jpg

素晴らしい。

weekly商人舎で、
詳解しよう。
20141022015259.jpg

そしてイータリー。
20141022015314.jpg

相変わらず、超のつく繁盛。
20141022015349.jpg

売る。
20141022015404.jpg

食べる。
20141022015421.jpg
究極の試食。

未来の小売業。
リテールとフードサービスの融合。
20141022015328.jpg

最後はこうなった。
20141022015435.jpg
右から、三井食品㈱の今川徳之さん、
㈱ユニバースの小島幸男さんと大友明彦さん、
㈱伊藤園の松岡周司さん、
エバラ食品工業㈱の近藤康弘さん、
そして浅野秀二さん。

しかしウェグマンズとホールフーズ、
そしてイータリー、
三者の間に、
若干の異変が生じ始めている。
私はそれを感じ取った。

詳細は帰国してから報告の予定。

お許しを。

19日ぶりに、
帰ります。

〈結城義晴〉

2014年10月20日(月曜日)

早朝のダラス出立、ニューヨークへ降り立ち、驚きの繁盛店巡り

Everybody! Good Monday!
[2014vol40]

2014年第41週。
10月の第4週。

アメリカでは、
消費・住宅関連の経済指標が改善。

景気への不安がやや後退。

円相場も1ドル107円台まで下がって、
東京証券市場でも、
日経平均株価大幅上げの1万5051円63銭。

前週末比3.57%、高まって、
一安心。

しかしやっぱり小渕優子経済産業大臣辞任。
ついでに松島みどり法務大臣も辞任。

あ~あ。

私の方は、
アメリカに渡ってきてから、
17日目に入った。

このところは、
テキサス州を4日間、旅してきた。
サンアントニオ、オースティン、
そしてフォートワース、ダラス。

私のアメリカの旅も、
商人舎アメリカ視察研修会も、
いよいよ、最終盤。

アメリカ時間19日朝5時半、
ホテルを出立し、
専用バスに乗り込み、
ダラス・フォートワース空港へ。

ダラスからニューヨークへ向かう。
チェックインを済ませた頃、
朝日が昇り始めた。
20141020164440.jpg

ダラスの日の出時間は7時35分。
20141020164514.jpg

見る見るうちに太陽が顔を出す。
20141020164537.jpg

ダラスの夜明け。
20141020164551.jpg

朝日に染まる空港内。
20141020164603.jpg

メンバーも朝日を眺めている。
20141020164617.jpg

みんな元気にやっています。
20141020164632.jpg

ユニバースの面々も元気です。
20141020164645.jpg

現地コーディネーターの浅野秀二さんも、
いい笑顔。
スーツケースが紛失し、
それが戻ってきたUSEIの上岡次郎さんも、
いい笑顔。
20141020164701.jpg

朝焼けに染まる空港。
ダラスは今日も、いい天気だ。
20141020164731.jpg

乗り込んだのは、
ダラスに本社を置くアメリカン航空。
20141020164748.jpg

ニューヨークまでは3時間半のフライト。
20141020165855.jpg

広大なテキサスのフリーウェイが
くっきりと見える。

20141020165942.jpg

薄雲から地上が見える。
20141020170009.jpg

蛇行するミシシッピ。
20141020201234.jpg

雲の芸術。
20141020201315.jpg

そうして、見えてきました。
ニューヨーク。
20141020170031.jpg

住宅がびっしり。
テキサスとは大違いだ。
20141020170116.jpg

天気は上々。
リバーにかかる橋がくっきり。
20141020170059.jpg

自由の女神も。
20141020170154.jpg

摩天楼が見えてきた。
20141020170137.jpg

ぐんぐん近づく。
20141020170214.jpg

10月の秋の空は澄み渡って
マンハッタンが美しい。
20141020170232.jpg

1時間の時差で、
ラガーディア空港に到着したのは
午後1時。
20141020170417.jpg

ニューヨークの地を踏んだら、
すぐに一服?
20141020170434.jpg
この一服が、
美味しいんだろうな。

早速バスに乗り込み
向かったのは郊外のヨンカース。
20141020170450.jpg

もちろんスチュー・レオナード。
オープン15周年を祝うのぼり。
そして巨大なおばけかぼちゃ。
20141020170510.jpg

屋外売場はハロウィン一色。
20141020170524.jpg

日曜の午後ということもあり、
大盛況。
20141020170546.jpg

久々の賑わいを見て、
嬉しくなる。
20141020170626.jpg

ファミリー客がわんさかいる。
20141020170712.jpg

スタッフは補充陳列に没頭。
20141020170737.jpg

今回は試食を全部、いただいてみた。

しかし、この顔、この態度。
20141020193321.jpg

疲れきっているのか、
全く笑顔がないし、無言。
20141020193344.jpg

たった一人、
チーズの試食の女性だけ、
スマイル。
20141020193448.jpg

バナナ娘に子供たちが喜ぶ。
20141020170644.jpg

ケーキに見入る子供たち。
20141020170818.jpg

カートを押すお客は一列縦隊で進む。
20141020170801.jpg

日曜のスチュー・レオナード。
カスタマーが押し寄せている。
20141020171109.jpg
ただし、売り場は楽しさいっぱいだが
店員にそれが感じられない。

ホールフーズやトレーダー・ジョーとは、
大違い。

何か、マネジメントに問題はないか。
そんなことを感じさせられた。

次に向かったのは、
マンハッタンのイースト・リバー・プラザ。

コストコ、ターゲット、アルディ、
マーシャルズ、オールドネイビーなどが揃う。
都心型パワーセンター。
20141020171127.jpg

お客が次々にコストコに入っては、
次々に出ていく。
20141020171146.jpg

いつみても、どこの店舗も、
コストコは大繁盛。
20141020171210.jpg

とりわけマンハッタンにあるこの店は、
ニューヨーカーから大歓迎されている。
20141020171228.jpg

ターゲットもお客が入っている。
20141020171244.jpg
マンハッタンという最大人口の都市部での商売。
これほど楽なことはないと思わせるが、
これほど家賃の高い商売もない。

しかし、そのコストを十二分に回収できるほど、
お客が入っている。

ブロードウェイ沿いのフェアウェイ・マーケット。
20141020171337.jpg

日曜の夕方ということもあり、
お客が次々にやってくる。
20141020171402.jpg

狭い通路が特徴のこの店は、
人とすれ違うのもやっと。
20141020171421.jpg

圧倒する陳列量。
20141020191824.jpg

商品に囲まれた売り場。
20141020191858.jpg

チーズも。
20141020191916.jpg

コーヒーも。
20141020191931.jpg
専門店の集合体。
それがフェアウェイマーケット。

シーフード売場では、
注文のために列ができる。
20141020171439.jpg

エクスプレス・レジレーンにも長蛇の列。
20141020171505.jpg

どの店も大繁盛。

この日最後の視察店は、
ブロードウェイ沿いのトレーダー・ジョー。
20141020171745.jpg

地下1・2階の店舗。
その地下へのエスカレーターが、
動いていない。
つまり入場制限。
20141020171803.jpg

売場に降りると、
その理由がわかった。
どこよりも、多くのお客。
20141020171824.jpg

2メートル14センチの長身スタッフが、
ポールを持って、
レジ待ちの最後尾を知らせる。
20141020171842.jpg
そして笑顔。
これほど彼に向いた仕事はない。
思わず慰労の記念撮影。
20141020171858.jpg

それにしても、
老若男女のお客が買い物を楽しみ、
そしてレジ待ちに並んでいる。
20141020171922.jpg

どのお客も、
カートいっぱいに商品を詰めている。

地下2階の売場への移動も、
カート専用のエスカレーターで、
全く不便はない。
20141020171943.jpg

売場はご覧のとおり
売れすぎてスカスカ。
20141020172010.jpg

棚から商品がなくなっている。
20141020172026.jpg

グロサリーも。
20141020172042.jpg

冷凍食品も。
20141020172100.jpg

そしてわれわれが帰る頃には、
なんと、店舗入口で入場制限。
20141020172122.jpg
毎週末、こんな盛況が繰り返される。

夕方になると、ニューヨークは
結構冷え込む。

それでもお客たちは文句を言わず、
並んで、入店できるのを待つ。

まさに、ロイヤルカスタマー。
トレーダー・ジョーの信奉顧客。

店と店員は、そんな顧客たちを、
心から喜んで迎える。

元気を出そうよ、
それがあなたの仕事です。
元気を売ろうよ、
それがあなたの役目です。

お客が一日中、
次から次に、
やってきてくれる。

それを喜びにできない者は、
商人失格だ。

それにしても、
スチュー・レオナードと、
トレーダー・ジョーの、
この違い。

どこから来るのだろう。

商人の真価は、
その弁舌ではない。
言葉ではない。

店と顧客が、
証明してくれる。

では、みなさん、今週も、
Good Monday!

(つづきます)

〈結城義晴〉

2014年10月19日(日曜日)

ジジとテキサスのおとうさん[日曜版2014vol43]

ジジです。
20141019220720.jpg

ユウキヨシハルのおとうさん、
いません。
20141019220744.jpg
もう、ずっと。

アメリカのテキサス。

サンアントニオ。
20141019220811.jpg

リバーウォーク。
20141019220827.jpg
ボクはねてます。

運河を船で、
サイトシーイング。
20141019220840.jpg

やすみなしに、
レクチャーしてくれる。
20141019220852.jpg

おとうさん、
たのしんだ。
20141019220913.jpg
ボクは、
たのしめないけれど。

オースティンでは、
みんなでフォト。
20141019220928.jpg

はい、ポーズ。
20141019220941.jpg

これも、たのしそう。
20141019220954.jpg
シゴトなのに、
うれしそう。

すばらしいお店。
20141019221019.jpg

インタビュー。
20141019221031.jpg

ラルーカさん。
20141019221044.jpg

すばらしいスピーチに、
感謝。
20141019221058.jpg

もっともっと、
インタビュー。
20141019221153.jpg

ウォルマートのクレイさん。
20141019221214.jpg

それから、
トレーダー・ジョーの、
キャプテン・ウッド。
20141019221243.jpg

みんな、
イキイキしてる。
20141019221230.jpg

ハロウィン・シーズン。
20141019221618.jpg

おもしろい。
20141019221635.jpg

こわい?
20141019221648.jpg

でも・・・。
20141019221715.jpg

もっと、こわい。
20141019221701.jpg

講義もしました。
20141019221258.jpg

なんども。
20141019221311.jpg

それでも、まだ、
たりない。
20141019221324.jpg

そんなふうにして、
15回、
日が没みました。
20141019221728.jpg

元気でかえってきてください。
20141019221337.jpg
それだけを、
いのっています。

〈『ジジの気分』(未刊)より〉

2014年10月18日(土曜日)

サンアントニオからオースティン・フォートワース・ダラスまでバスの旅

日本では、
小渕優子経済産業相、
政治団体や資金管理団体の不透明な収支。
進退問題になった。

またか。

そんな感じ。

いかにも日本人的だ。

一方、日経新聞に
ノーベル物理学賞・中村修二氏登場。

「米国には優れた発明者がベンチャーを起業し、
成功するチャンスがある。
米国ならベンチャーで成功すれば、
創業者は株式上場などで
100億円単位の収入が得られる」

「すでに米国籍も取得したが、
発明やビジネスの環境以外は日本が好きだ。
仕事は米国で、
休暇は日本で過ごすのが一番いい」

この人は米国向きだ。

私はこの反対の考えだ。

日本人であることを、
つくづくと考える。

さて商人舎アメリカ研修会は3日目。
みんな、そろそろ時差に慣れてきたころ。

今日はサンアントニオに別れを告げ、
一路、北上。

最初の都市はオースティン。
ご存知、ホールフーズ本社がある。
もちろん、最初の視察は
本社下の旗艦店。
20141018195000.jpg

美しい青果売場。
20141018201439.jpg

見事な花卉売場。
ボリューム感満点。
20141018195051.jpg

バルク売場へのアプローチのサイン。
わたしたちのベーシックと書かれている。
20141018195234.jpg

天井にはほうきに乗った魔女。
20141018195246.jpg

昼時とあって、
お客がよく入っている。
入口のカフェに並ぶ人。
20141018201739.jpg

店舗中央のカフェ。
20141018195308.jpg

こちらはヌードルカフェ。
20141018202213.jpg

フードサービス部門が強化され
さまざまな試みが売場の随所で展開される。

本社下の旗艦店。
どこのホールフーズよりも美しく
イノベーションに満ち溢れている。

あぁ、ずっと見ていたい。

名残惜しい店舗に別れを告げ、
次に向かったのは、
HEBの環境対策店。
20141018202503.jpg
前面がガラス張りで、
屋根にはソーラーシステム。
使用する水も大幅にカットされている。

入口ではハロウィンの飾りつけ。
20141018202601.jpg
まだ途中で、
この後、両サイドに風船を付ける作業が残っている。
それでも十分、目を引く。
エントランスの広さが、
こうしたプロモーションを可能にしている。

日本のスーパーマーケットも
エントランススペースを、広く取れれば
さまざまな仕掛けができるはずだが。

青果売場はHEBレギュラー店と同じ。
20141018202759.jpg

驚くのは多段冷蔵ケースをすべて排し、
リーチインケースを使用していること。
20141019005026.jpg

多段ケースの代わりにリーチインを入れて、
省エネ効果をあげる。
20141018203148.jpg
巨大店舗の三方がリーチインケース。
この徹底ぶりには驚かされる。

HEBの経営の本質を見た思いがする。

ホールフーズの最新店。
20141018203330.jpg

この店も前面がガラス張り。
20141018203544.jpg

その2階は、カフェテリア。
店で購入した商品を、
ここで食べる。
20141018203713.jpg

美しい店内を見下ろす。
店舗右翼が青果売場。
20141018203810.jpg

左翼はフードサービス部門。
20141018203908.jpg

商品が並ぶ美しい店内、
それを見ながら食事する。
20141018204035.jpg

メンバーもそれぞれ昼食を買う。
20141018204126.jpg

そしてカフェテリアで食べる。
20141018204156.jpg

わたしも仕事をしながら昼食。
20141018204239.jpg

1階の屋外カフェテリア。
青空の下で解放感がある。

20141018204317.jpg
ホールフーズは進化し続けている。
旗艦店にも新店にも、
チャレンジが見てとれる。
そして、お客を誘引している。

傾斜地に立つ新店には、
階段がある。
右半分は普通の階段。
左半分は、木が使われている。
ベンチがわり。
20141018204716.jpg

そこで記念写真。
20141018204834.jpg

オースティンに別れを告げ、
さらに3時間半ほど北上。
20141018214450.jpg
地平線まで見晴らすことができる。

そしてやってきました。
フォートワースのHEBセントラルマーケット。
20141018205020.jpg
HEBの都市型アップスケール店舗。

ワンウェイコントロールの店。
青果部門のアイスウォール。
20141018205214.jpg

山盛りのぶどう。
もちろん秤売り。
20141018205512.jpg

インストアベーカーリー売場の
グルテンフリーのコーナー。
20141018205320.jpg

解説しながら売場を歩く。
20141018205434.jpg

金曜夕刻のセントラルマーケット。
お客がよく入っている。
20141018205642.jpg

この店にもホールフーズのように、
2階にカフェテリアがある。
そこから見た売場。
20141018205728.jpg

この店も本当に美しい。
20141018205804.jpg

店内をワンウェイで視察し、
出口へ。
20141018205917.jpg

ホールフーズもセントラルマーケットも、
商品が並ぶ売場をお客に俯瞰させる。
売場づくりに自信がなければできない。
日本にも、
こんなスーパーマーケットが出現してほしいものだ。

最後はスプラウツ・ファーマーズ・マーケット。
20141018210258.jpg

店舗奥中央に青果部門。
これです、スプラウツは。
20141018210350.jpg

昨日見たスプラウツとは、
まったく別物。
やっとメンバーも、
スプラウツの本質を理解。
20141018210503.jpg
面白い。

一般のスーパーマーケットと、
同じレイアウトのスプラウツは全く魅力がなく、
異例のレイアウトのスプラウツに魅力がある。

これが、ポジショニング戦略。

調査にも余念がない。
20141018210540.jpg

スプラウツも174店を数え、
今期は11店の出店予定。
昨年の上場以来、
順調に業績を伸ばしている。
20141018210607.jpg

サンアントニオを出て、
オースティンを経由し、
フォートワースに立ち寄り、
ダラスの定宿に着いたのは、7時。
20141018214503.jpg

長い一日だった。
20141018210835.jpg

みんなでダラスギャラリアまで歩いて、
それぞれに視察を兼ねて夕食。

ダラス中心街の、
スーパーリージョナルショッピングセンター。
ギャラリア入口で、恒例の記念写真。
20141018211041.jpg

心地よい疲労と、
いい店を見た充実感。
皆の顔も、輝いている。

アメリカを行く日本人。
これがいい。
(つづきます)

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.