結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2014年10月23日(木曜日)

[時差ボケの中の考察]イノベーションを起こす理由はここにあり! 

帰国後の今日。
午前3時頃、目が覚めて、
そのまま現地時差でブログを書いて、
さらに残った仕事などこなす。

大リーグ・ワールドシリーズ第1戦の録画を、
NHKのBSがやっていて、
ボーッとみていると、
カンザスシティ・ロイヤルズが負けた。

青木宣親も活躍はなし。

日本では我が阪神タイガースが、
ストレートで読売ジャイアンツを破った。

日本シリーズに出るのは、
青木と早稲田大学野球部の同期の鳥谷敬。

アメリカ旅行中、
気休めに携えていたアガサ・クリスティの長編も、
ちょうど読み終わって、安堵。

この、まったりした、
時差ボケのひととき。

嫌いではない。

手提げ鞄から、
19日間滞在したホテルのカード、
頻繁に使ったカードなどが出てきた。
20141024023428.jpg
サンフランシスコ郊外のコンコードで2泊、
ラスベガスのモンテカルロで3泊。

サンフランに戻って、
ホリデーインで2泊。

それから、
ミネアポリス、シカゴ、
シャーロット、ヒューストンで、
それぞれ1泊ずつ。

さらに商人舎チームと合流して、
サンアントニオで2泊、
ダラスで2泊、
ニューヨーク・タイムズスクェアで2泊。

都合17泊19日。

11軒のホテルに泊まった。

もう、よく覚えていない。

ラスベガスのモンテカルロも、
20141007225731.jpg
シェラトン・ダラスも、
定宿の一つだから馴染んでいる。

良かったのは、
ドゥルーリーイン&スイーツ。
サンアントニオの運河沿いのホテル。
20141017005240.jpg

楽しかったなぁ。
20141017005527.jpg

もちろんザ・マンハッタンも、
十二分に良かった。
20141023053436.jpg

帰国の便で読んだのが、
10月21日のFinancial Times。
20141024023444.jpg

一面のダイジェスト欄に、
安倍晋三日本国首相の短信。
20141024023456.jpg

そして二面に、その記事。
20141024023507.jpg
小渕優子、松島みどり。
写真の印象がひどく悪い。

さてニューヨーク周辺の競争。
スチュー・レオナード、
ウェグマンズ、
フェアウェイ・マーケット。

さらにホールフーズ・マーケット、
トレーダー・ジョー、
イータリー。

その店を評価すると、
好悪の基準が見えてきた。

一番ダメなのが、
スチュー・レオナード。

次に「古い」と感じさせられたのが、
なんとウェグマンズ。
立ち止まっている。

古そうだけれど、
イノベーションが感じられるのが、
フェアウェイマーケット。

ホールフーズとトレーダー・ジョーは、
もちろん文句なく、動いている。

そしてイータリーも。

基準は、新店への挑戦度合いだ。

新店を全くつくらないのが、
スチュー・レオナードだ。
2007年のハートフォード店以来、
新店はなくて、現在4店。
20141020170644.jpg

ウェグマンズも、
2013年12月決算段階で、
83店舗。
20141022014936.jpg
70億ドル(7000億円)級の企業で、
1年に2店舗ほどでは少ない。

しかもニューヨーク周辺の店は、
黙っていても儲かる。

イノベーションが起こりにくい。
たとえ小さな改善にしても。

フェアウェイマーケットは、
スーパーマーケット15店の企業だが、
近年はマンハッタンを中心に、
2店舗ずつくらい新しい店に取り組む。
20141020171337.jpg

ホールフーズは、
2012年度新店26店、
2013年度25店。
全米で競争にさらされつつ、
意欲的な新店舗を開発し続ける。
20141022015200.jpg

トレーダー・ジョーも、
一昨年度の新店24店、昨年度16店。
すべてが行列のできる繁盛店。
20141024035545.jpg

イータリーはアメリカでは、
2010年にニューヨークに進出すると、
2013年にシカゴに素晴らしい2号店を出して、
この4年間に2倍増の計算。
20141024040410.jpg

最大手のクローガーは、
2013年1月決算で総店舗数3538店、
2014年1月決算で3746店。
つまり1年間に208店の増加。

対して二番手のセーフウェイ。
サーベラスに買収された。
2012年12月期決算で総店舗数1641店、
2013年は1335店。
マイナス306店。

店数のピークは、
2003年12月期の1817店だから、
10年間で482店の激減。

つまり、新しい店に挑戦している企業は、
その売上規模や店舗数規模にかかわらず、
店の状態が前向きで、よろしいということ。

新店に挑戦する目的は、
売上げを積み上げて、
会社を大きくするだけではない。

自ら、変わって、
イノベーションを起こし、
顧客と社会に貢献するためなのだ。

あのニュージャージーのウェグマンズが、
ちょっと止まっていると感じさせる理由は、
ここにある。

ホールフーズもトレーダー・ジョーも、
全米から人財を集めて、
全米で競争にまみれながら、
その人財の創意工夫を活かすべく、
新しいジョブにチャレンジしている。

それが組織と店舗に、
イノベーションをもたらす。

小さくてもいい。
中くらいでもいい。
もちろん大きい場合も。

そのスケールに応じていつも、
新しい仕事、新しい店、
新しい事業に挑戦する。

新しい創意を刺激する。

それがチェーンストアの最大のメリットだ。

帰国後の時差ボケのなかで、
ボーッとしながら、
こんなことを考えた。

だから私は、
この時差ボケのひととき、
嫌いではない。

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2019年の開催研修会
  • ハワイ・オアフ小売視察研修ツアー ビギナーズコース2019年9月5日(木)~9月9日(月)<3泊5日>開催場所:アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2019年の開催予定
  • 商人舎2019年 ミドルマネジメント研修会2019年9月10日(火)~9月12日(木)開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.