結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2013年10月10日(木曜日)

メルカドーナ中心のバルセロナ研修とガウディ一色の自由視察

日経新聞『真相深層』に、
GEのジェフ・イメルトCEO登場。 

ジャック・ウェルチ氏の後任。
2001年9月から、
ゼネラル・エレクトリック9代目会長兼CEO。
現在、57歳。

160カ国以上で事業展開するGE。
年間200日、世界を飛び回る。

「メイドインUSA」が息を吹き返している。
イメルトは、その要因を語る。

「アメリカ製造業の復活は本物だ」
自信満々。

「競争力のあるものづくりが可能になった」

要因を三つあげる。

生産コストの人件費比率が低下した。
だから材料費の占める割合が大きく、
より重要になった。

生産性が向上した。
3次元プリンターのような新しい製造技術が登場した。

③市場に近い。

「巨大な工場1カ所ですべての製品を生産し、
世界中に出荷する製造業の時代は終わった。
いまは『機敏さ』が求められる時代だ。
市場に近ければ、
イノベーションのスピードや質を高められる。
顧客が米国にいる場合は米国生産のメリットは大きい」

マス・カスタマイゼーションの時代であることを、
イメルトは強調。

最後の言葉。
「すべての企業は今後、程度の差はあれ
データの活用に投資をしなければならなくなる。
これが未来の姿だ」

「変化は始まったばかりだが、
我々はこの巨大な波をリードしていくつもりだ」

今現在は、いいかもしれない。
しかしデータ活用に投資しなければ、
すべての企業は、
マーケットをリードできなくなる。
置いていかれてしまう。

それは企業が、
老いることを意味する。

さてバルセロナ滞在2日目は、
市内の小売業視察。

はじめは、
エコロジックスーパーマーケットのBIO SPACE。
20131010131312.jpg

一部2層式で650㎡ほどの店舗に
オーガニックやナチュラルフーズを、
約9000アイテムそろえる。
20131010131414.jpg

もともとは精肉屋だったが、
3代目のアルトゥーロ・サンティアゴさんが、
エコロジックスーパーマーケットに転換した。

だからミートは売場の導入部に配されて、
充実した品ぞろえ。
20131010131400.jpg

女性スタッフがオーダーを受け、
カッティング販売する。
20131010131431.jpg
スペインも他のEU国同様、
BIO商品が拡大している。
アメリカのホールフーズや
スプラウツ・ファーマーズマーケット同様、
Bioに専門化されたスーパーマーケットだ。

アルトゥーロさん、
万代の西水啓介さんと三人で握手。
20131010151303.jpg

この店の2件隣にあるスーパーマーケット。
20131010131553.jpg

「SENSE INTERMEDIARIS」。
バルセロナとマドリードで
74店を展開するスーパーマーケットチェーン。
20131010131444.jpg

天井はむき出し、木製什器の多用、
クレンリネスが行き届いた実にいい店。
20131010131459.jpg

店舗中央におかれたキッチンコーナー。
20131010131522.jpg

ここで、スタッフが
カットフルーツやフレッシュジュースなどを
手づくりする。
20131010131535.jpg

壁面はリーチインの冷蔵ケースと冷凍ケースが並ぶ。
20131010131614.jpg

この店もナチュラル志向。
わずか5メートルほどのところに
2つのスーパーマーケットが立地する。

さらに道路沿いの反対側には
鮮魚専門店PEIX de PLATJA。
20131010131640.jpg

5坪ほどの店舗には、
フレッシュな魚介類が並ぶ。
20131010131742.jpg

オーナー女性だろうか。
カッティングさばきも、
実に堂に入っている。
20131010131708.jpg

大きな湾曲した包丁を使って、
手早く加工する。
20131010131725.jpg
わずか15メートルほどのところに、
スーパーマーケット2店、そして鮮魚店。
それぞれの店が十分に成り立っている。

なぜならバルセロナは、高齢化が進んでいる。

500メートル四方に、
スーパーマーケットや専門店がなければ
高齢者の生活が成り立たない。

だから市街地には、
小型のスーパーマーケット、
専門店が数多くあるし、
顧客がいて成り立っている。

次に視察したのがドイツ資本のリドル。
アルディと同じ小型ディスカウント業態。
スペインに2012年段階で、
555店舗を出店する。
20131010131756.jpg

150坪ほどの店で、生活に必需の商品だけを低価格で販売。
20131010131813.jpg

店舗中央では、シーズン商品のセール。
20131010131840.jpg

もちろんローコストオペレーション。
20131010131856.jpg

ドイツではアルディにかなわないが、
スペインでは健闘している。

そしてメルカドーナ。

スペイン訪問の最大の目的は、
メルカドーナ視察。
地上1階、地階の2層式店舗。
スロープ型のエスカレーターで
地下の食品売場に誘導する。
20131010131951.jpg

プライベートブランドが圧巻。
20131010131928.jpg

鮮魚部門は、セルフと対面の売場。
20131010132010.jpg

青果部門は主通路の最後に配置されている。
クレートを活用したローコスト運営。
20131010132032.jpg

メルカドーナは、
CS(顧客満足)とES(従業員満足)に優れた
好循環企業と言われる。
クレンリネスの行き届いた売場からは、
従業員のモラールの高さが感じられる。
スペインナンバー1企業の実力をしかと見た。
20131010132057.jpg

詳細は、毎日、このセリフで恐縮だが、
商人舎magazineで報告したい。
乞うご期待。

最後は El Corte Inglés。
20131010132118.jpg

百貨店からハイパーマーケット、
スーパーマーケットまで展開する企業。
そのバルセロナ中心部にある百貨店の、
地下のスーパーマーケット。
20131010132157.jpg

古い店舗での制約もあるだろうが、
売場はごく普通。
20131010132220.jpg

業績が悪化している同社だが、
せっかくの一等地店舗なのに、
イノベーションが感じられないのは残念。
20131010132243.jpg

この日の店舗視察はここまで。
この後は、市街観光と自由視察。

バルセロナのグラシア通りにあるカサ・ミラ(Casa Milà)。
ガウディが54歳の時の設計。
実業家のペレ・ミラの邸宅として建設され、
1984年にユネスコの世界遺産に登録された。
20131010132335.jpg

観光客よろしく記念撮影。

20131010132354.jpg

グエル公園。
バルセロナの街が一望できる。
20131010132436.jpg

1984年にユネスコの世界遺産に登録された。
20131010132510.jpg

ガウディの作品群が堪能できる。
20131010132554.jpg

全員写真。

20131010162108.jpg
そして、メインはサグラダ・ファミリア。
20131010132610.jpg

聖家族教会と呼ばれるカソリック協会。
ガウディの生誕100周年位には完成する、はず。

内部はすでに、あらかた出来上がっている。
20131010132637.jpg
圧巻の景色が目に飛び込んでくる。

2026年には完成されると言われているが、
それからまだ10年はかかりそう。

つまり2036年くらいか。
私は84歳。

85歳まで現役宣言をしている結城義晴、
絶対にサグラダ・ファミリアの完成を、
この目で見てやろうと決意した。

そのときメルカドーナは、
どうなっているのだろうか。

ウォルマートは、
トレーダー・ジョーは、
ホールフーズは。

そして日本の企業群はどうなっているのだろう。
もちろんこの目でしっかりと見届ける。

企業が老いてしまっていないかを。

(つづきます)

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年5月12日(火)~18日(月)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会<第17回>2020年7月7日(火)~9日(木)<第18回>2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.